新型コロナウイルスが去ったら、世の中はどう変わる?を見越して…今をどう生き乗り切る?

それぞれの立場の女性に対しどんな支援がある?

新型コロナウイルスの感染拡大が都市部を中心に止まらないなか、4月7日には東京をはじめ7都府県を対象に、来月6日まで緊急事態宣言が出ました。人と人との密接な接触を普段の8割減にすることで、これ以上の感染拡大を防ぐ狙いです。

感染症の専門家も、密閉、密集、密接のいわゆる『3つの密』の環境を避けるほか、他人との接触回数や外出を極力控えるなど、一人一人の行動変容が重要で、行動を徹底的に変えれば感染爆発は防げると多く発信されています。

https://pixabay.com/ja/

こうした今、たくさんで集まらなくても一緒に何かができるようオンラインを使った試みが多くされています。

元々50名程度が参加する予定の講演を、無観客で実施しオンラインで中継することで50万人の視聴があった例などもあり、コロナウイルス感染症の発生は、マイナス面だけでなく、これまでなかった発想から行動パターンを変えていく大きなきっかけとなっています。

こうした行動や様式の変化は、新型ウイルスが収束したとしても、引き継がれていく人々の叡智です。

今ある流れは、今だけのものではないのです。

そうした今、さまざまな形態で働く女性たちは、どんな未来になることを見越し、今何をすればいいのでしょうか?

今、現実に行われている支援なども含め、わかりやすくお話します。

派遣社員・プチ起業・委託業務(自宅でのライティング・内職)、それぞれの立場の女性に対し、それぞれどんな支援がなされているのかまとめました。

新型ウイルス終息後は、こんな未来が来る、だから今、何をする?

緊急事態宣言が出て、人の動きが止まっています。人の動きを止めれば、残念ではありますが、経済は止まってしまいます。

経済が止まれば、しわ寄せはどうしても弱い立場の方にいきやすくなります。

そんな今、私たちにできるのは、徹底した手洗いだけではなく、何らかの形で収益を得続け、ほそぼそとでも経済を回していくこと!と、あるフリーランスの方はインタビューで話していました。

こうした現在の流れに沿い、イベントや会議、さまざまなレッスンのオンライン化を進める動きが出てきています。

集まることへの自粛要請を逆手に、オンライン飲み会などを開催し、楽しんでいる人も見受けられます。

また長期にわたり、休校になっている学校もオンライン化されていくという予測もあります。

こうした人と人とが実際に会わなくても、同じ場所に一堂に会さずとも、目的を果たせる流れは終息後も続いていくものと思われます。

アナログ派の人々も新型ウイルスの流行をきっかけに、苦手意識を捨てオンライン化の流れに乗っていくことは大きく意味があることと思います。

https://pixabay.com/ja/

また、医療関係や生活に即したサービスに携わる方を除き、自宅で過ごす時間が増えている人も多いはずです。

思いがけず増えた、在宅の時間を個人個人が自分のライフスタイルを見つめ直していく時間に充てるのも今後の流れのために、大変良いことです。

就活などもオンライン化の流れがあると聞きました。

自宅にいる時間を使い、片づけや模様替えなどをする傍ら、こうしたオンライン化の流れについて自分なりに学んでみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました