スポンサーリンク

自己啓発って何?その意味や女性が取り入れやすい具体例、おすすめ本など
スポンサーリンク

自己啓発ってどういう意味?

自己啓発とは、そもそも何のために行うもので、どういった意味があるのでしょうか?

自己啓発とは、様々な訓練や、体験、勉強をすることにより、自分の能力や精神力を向上させたり、視野を広げたり、目標を達成したりと、現在の自分をより成長させるための行動です。これには旅行のような楽しい体験も含まれます。

現在の自分や人生に満足しているという方は少ないですよね?多くの方は、不安や不満を持っていたり、もっとこうなりたいといった願望があると思います。

そういった自分の願望を実現するための方法として、自己啓発活動があります。

自己啓発は、大きく分けて以下の2つに分けられます。

自分の人生のおける理想像や目標・目的を見つける

https://pixabay.com/ja/

まずは、自分の理想の人生とは何か?自分のやりたいことや成し遂げたいことは何か?どんな自分になりたいのか?など、自分の目標とする価値観を見つけましょう!

目標もなく、日々なんとなく過ごしてしまっているという方は、これを見つけることも自己啓発の一つです。

ふとした時に浮かぶ願望は色々あるかもしれませんが、何かを努力するからには、着地点をしっかりと定める必要があります。

忙しい世の中、自由に使える時間は限られています。

ゴールを定めないでやみくもに行動して努力した気になっても、最終的に時間だけ浪費したという事態になり兼ねません。

まず、自分の目標を見つけることから始めましょう!

自分の理想像や目標・目的に近付くために役立つ方法を探す、努力する

https://pixabay.com/ja/

自分の目標が見つかったら、それを達成するためにどうすれば良いのか、何を学べば良いのか、方法を探して実行します。

自分の目指す道の専門家、つまり目標とする人物を探すのが手っ取り早いです。

したがって、誰から学ぶのかというのがとても重要となってきます。

「この人みたいになりたい!」「このやり方が自分に合いそう!」というのが見つかったら、それを真似して実践してみましょう。

スポンサーリンク

女性が取り入れやすい具体例5選

それではここからは、女性が取り入れやすい自己啓発の具体例として、以下の5つをご紹介します。

手軽に取り組めるものから、少しハードルが高いものまでありますが、自分が自己啓発に費やせる時間、お金、適性などに合わせて選んでみましょう。

気を付けて欲しいことは、学んだことや知ったことをすべて鵜呑みにして信じ込むのではなく、自分に合っているのか、必要なことなのかをよく考えながら行うということです。

人に影響されやすく、流されやすい人は特に注意しながら、取り組んでくださいね!

①本を読む

https://pixabay.com/ja/

自己啓発本を読むことから始めるのは定番の方法です。

小説や専門家の本、成功者から学べる本、自己啓発に特化した内容の本など、自己啓発本に限らず、自分が興味を持った分野の本であればOKです。

著者がどんな人物なのかを調べることで、自分に合うのかどうか見極めます。

本を読むことはもっとも気軽に始めることができるので、目標が定まっていないという方は、手始めに様々な価値観の本をいくつか読んでみるのも、自分の価値観を発見したり、再確認したりするのに有効です。

自分の目標が明確な方は、その分野に特化した本を多く読み込むのも良いですね。

②講演会、セミナー、ワークショップなどに参加する

https://pixabay.com/ja/

自己啓発本の著者の講演会、講師による自己啓発セミナーなどに参加する方法です。

こちらはどちらかというと、目標が定まっている人におススメしたい方法です。

自分の目指す方向に近い体験談や成功話から学べる事はたくさんあります。本を読むことでも学ぶことはできますが、直接お話しを聞くというのは、その人の熱意や周囲の反応を実感できますし、質問できる、同じ目的を持つ人に出会えるなどの魅力も!

どんな集まりに参加するかを選ぶポイントは、主催者・講師がどんな経歴のある人なのか、目的は何か、自分の目的と合致しているか、参加費が適正価格かどうかなどです。

また、ワークショップという参加型、体験型のものもあります。運動や物作りなど具体的な技術を習得できたりと実際に自分で行動するものなので、とても記憶に残りやすいです。一方的に話を聞くのが苦手な人はぜひ挑戦してみてくださいね。

注意してほしいことは、洗脳したり、多額なお金を請求したりなど、中には悪質であったり詐欺のような内容である場合があることです。事前に十分調べてから選ぶようにしましょう。

③コーチングやコンサルを受ける

https://pixabay.com/ja/

専門知識を持ったコーチやコンサルタントに相談に乗ってもらう方法です。

セミナーのような集まりでは、講師対多数の参加者という形態のため、自分に最適な方法や解決策が見つからなかったという場合もあります。

一方、コンサルやカウンセリングであれば、もちろん1対1なので、自分の問題点や悩みを改善する方法や目的達成への方法を具体的にアドバイスしてもらうことができます。

その分お金はかかってしまうことが多かったり、コーチやコンサルタントが信頼できる人物かどうかが懸念されます。しかし、個々に合わせたアドバイスは大変貴重なものですし、より成果が出やすいので、確実に、短時間で結果を得たいという方に適しています。

④音声CDを聴く、動画を見る

https://pixabay.com/ja/

忙しくて自己啓発の時間が取れない、セミナーやワークショップなどの日時が決まった集まりに参加する時間がない、本を読むのが苦手という方は、音声CDや動画を利用するのがおススメです。

オンラインスクールやセミナーを録音・録画したもの、書籍を読み上げるものなど様々あります。こちらは同じ内容を何度でも繰り返し聞く、見ることができるのがメリットです。

ネット環境さえあれば、場所や時間を選ばず、移動中や、通勤中などの隙間時間を活用して勉強することが可能です。

⑤資格取得にチャレンジする

https://pixabay.com/ja/

資格取得の勉強に励むこともおススメです。

資格の一番のメリットは、自分の能力を他人に証明することができるという点で、どんな時代でも強い武器となることです。

しかし、どの資格を取るのかというのが大変重要です。資格を取った後に、具体的に今後の人生の何に役立てたいのかを明確にしておきましょう。

人気だからとか、需要が高いからという理由で安易に資格を選ぶと、多くの時間を費やしたのに、結局役立てる場面が無かったということになり兼ねません。

特に合格率の低い難関資格は、「絶対に取る!」という強い決意と多大な努力が必要になります。

必ず、今後のキャリアプランや自分の趣味、家庭など、実際に役立つ場面があることを確認してから、勉強することをおススメします。

スポンサーリンク

女性におすすめの自己啓発本5選

スポンサーリンク