色気がない?それメイクで解決できます!色気メイクのやり方やアイテムの選び方

色気はメイクで作れる♪

色気とは、一体どんな要素からあらわれるのでしょうか。ある調査によると、男性が女性の色気を感じるのは、メイク、ファッション、ヘアスタイル、仕草、顔という5つの要素から色気を感じるそうです。調査の結果からも、色気を出すにはメイクによる効果が大きいということがわかりますね。

またメイクに色気が出ると、自分に自信がついて、次第に仕草や表情も色気モードへと変わっていきます。「色気なんて持って生まれたものだから自分には無理」と諦めていた人も、メイクをほんの少し意識して変えるだけで色気は誰にでも作れるのです。では色気のあるメイクとはどんなメイクなのでしょうか?

口紅が濃いとか、マスカラが濃いなどの濃いメイクを想像する人も多いかもしれません。しかし、自然な大人の色気を出すメイクは、ナチュラルに見えるメイクの方が効果的で、逆に濃いメイクは子供っぽく見えてしまうことがあります。大人の色気メイクに大切なのは、透明感のある肌とクールな大人メイクです。大人メイクを意識しながらメイクするとより色気アップに繋がります。

子供っぽくみられるNGメイク

https://pixabay.com/ja/

メイクをするといつも子供っぽく見えるメイクになってしまうという経験はありませんか?ここではそんな子供っぽくみられてしまいがちなNGメイクをご紹介します。

チークが濃すぎる

チークは色や入れる場所、入れる形によって、雰囲気をガラッと変えてしまうほど重要なメイクの一つです。そんなチークで気をつけたいのが、濃すぎるチークです。チークが濃すぎると、メイク全体が濃い印象を与えてしまい、さらには幼い印象も与えてしまいます。

また、頬の一番高い場所に入れる丸型のチークは、輪郭を丸顔に見せる効果があります。丸顔は子供っぽく見えるので注意が必要です。

ピンク系のチークはカラーによっては、甘すぎるメイクになってしまう可能性があります。ピンク系のチークを使うなら、ベージュピンク系のカラーを選ぶと肌馴染みも良く、チークが悪目立ちする心配もありません。

アーチ眉

時代と共に流行りの眉の形が変化しますが、眉の形には子供っぽく見える形と大人っぽく見える形があります。

短いアーチ型の眉は、童顔に見えるため子供っぽく見えてしまうことがあります。可愛らしいメイクをしたい時にはアーチ型の眉はキュートな印象を与えるためよいのですが、大人の色気があるメイクをする時には知的でシャープな印象を与える山型で長めの眉がおすすめです。

太いアイライン

https://pixabay.com/ja/

子供の目は黒目が大きく見えるように、黒目が大きいと子供っぽさが出ます。太いアイラインは、目を大きく見せる効果はありますが、同時に子供っぽさも出てしまうのです。色気を出すなら、太いアイラインではなくさりげない細目のラインを引くと、いかにも描いている感じが無くクールな目元になります。クールな目元は色気メイクには欠かせません。

色気を出すメイク方法

メイクで色気を出すと言っても、どんなアイテムを使ってどんな風にメイクをすればよいのか疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

そこで、色気を出すメイク方法とおすすめのアイテムを紹介していきます。メイクで色気を出したい人はぜひ参考にして下さいね。

透明肌を作る

厚塗りファンデーション肌よりも、「化粧してるの?」と思われるくらい自然な透明感のある肌は、男女問わず誰からも美しいと思われます。透明肌はベース作りがとても重要で、肌馴染みが良く顔色を明るくしてくれるアイテムを使って、つい触りたくなるようなきめ細やかな肌を作ります。

メイク方法を詳しくご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました