浮気と不倫ってどう違うの?法律上の「浮気と不倫」に関するまとめ

浮気の定義って難しいですよね。浮気や不倫は人によって解釈が違うこともありますし、状況によっても判断が変わってきます。今回は「法律上の浮気と不倫の定義」についてご説明します。交際相手や結婚相手が浮気をしてしまったとき、もしくはあなた自身が浮気をしてしまった時に参考にするべき情報をまとめました。ぜひ参考にしてください。

公開日:    最終更新日:

浮気と不倫の違いについて

浮気と不倫の違いって、はっきり説明できる人は少ないのではないでしょうか?こちらでは浮気、不倫の違いについてわかりやすくまとめました。

浮気とは?

浮気という言葉を辞書で調べると、「異性に心を惹かれやすいこと、配偶者・婚約者がありながら他の異性に気をひかれ、関係を持つこと」と定義されています。

浮気とは、特定の相手がありながらそれ以外の他の人に心を惹かれていること、心が移ることです。辞書の定義では、”配偶者・婚約者がありながら”となっていましたが、現在では浮気という言葉は未婚のカップルの間でも使われます。

つまり、彼・彼女がいる未婚のカップル、既婚者どちらの場合でも、心が自分のパートナーではない他の人に移ったとき、これを浮気といいます。浮気は心の動きを表す言葉ですので、本人がそれを言葉や行動で表すまでは外からはわかりにくいといえます。

不倫とは?


https://www.flickr.com/photos/36516818@N00/3191631230/

ある辞書によると不倫は、「道徳に外れること。特に男女関係で、人の道に背くこと、そのさま。」とあります。ちょっと漠然としていますが、ある行為を不倫であるとするのは、次の2つの点がポイントとなります。

・結婚している人にのみ使う

不倫は結婚している人にのみ使われる言葉です。つまり既婚者でありながら配偶者以外の人と関係を持つこと、これが不倫となります。未婚の人が恋人以外の人と関係を持った場合は、不倫という言葉は使いません。不倫は両方が既婚者、もしくは片方が既婚者の場合にのみ、使うことのできる言葉なのです。

・体の関係がある

不倫は心の状態ではなく、実際に行為があったときに使われます。つまり、配偶者以外の異性と肉体関係を持つことなのです。

法律上の浮気の定義って?


https://www.pakutaso.com/

次に法律上での浮気とはどのような行為に当たるのかを見てみましょう。

法律には浮気、不倫、どちらの言葉も出てこないって、ご存知でしたか?正確には法律用語ではないのです。それで法律的に浮気に当たるのは、不貞行為ということになります。

不貞行為とは「配偶者のあるものが、配偶者以外の異性と自由意思で肉体関係を持つこと」であり、これは民法で離婚原因の1つとしてあげられています。また日本の婚姻制度は一夫一婦制。夫婦には貞操義務、つまりお互いに配偶者以外の者と肉体関係を持たない、という義務があるのです。

これらを踏まえて、法律的に浮気と認定されるには、肉体関係があったかどうか、というのが大切になることがわかります。

それでは不貞行為の定義についてもう少し詳しくみてみましょう。

そもそも配偶者とは?


https://www.pakutaso.com/

配偶者の定義について考えてみましょう。

法律上の夫婦であるには、2人が婚姻届けを提出して正式な夫婦となっていることが必要です。しかし世の中には婚姻届を提出していなくても夫婦として暮らしている人もいます。これを内縁関係といいます。どちらの場合も、2人の異性が結婚の意思を持って生活していますので、夫婦と認定されお互い配偶者がいる身となります。

しかし注意したいのが、婚姻届けを出して夫婦であっても、婚姻関係が破綻している場合。この場合、一方の配偶者が他の異性と肉体関係を持っても、不貞行為に当たらないとみなされる場合があるのです。

関連記事