冒険者になって探索しよう!洞窟のある国内旅行先特集

まるで冒険者のような気分を味わうことの出来る洞窟。洞窟というと海外にたくさんあるイメージがありますが、日本にも洞窟はたくさんあるんですよ♪そこで今回は、国内旅行をする際におすすめな洞窟のあるスポットをご紹介します。自然が作ったままのものから、人の手が加えられたものまで、個性豊かなさまざまな洞窟がありますよ♪是非、訪れてみてくださいね。

公開日:    最終更新日:

自然の神秘を肌で感じることが出来る「洞窟」


https://www.pakutaso.com/20180830242post-17229.html

洞窟というと、探検や宝探しなどのアドベンチャー映画などに出てくる事が多いですよね。一歩足を踏み入れれば、そこにはミステリアスな空間が広がっているイメージがありませんか?

そんなワクワクするような世界観に浸れる洞窟ですが、鍾乳洞(しょうにゅうどう)についても少しだけお話ししますね。みなさんは、洞窟と鍾乳洞の違いについてご存知でしょうか。

洞窟と鍾乳洞は何が違うの?

まず、洞窟についてお話ししましょう。洞窟とは、山や岩石にある横穴や縦穴などを意味します。実は鍾乳洞も洞窟に分類されています。では鍾乳洞の場合、何が違うのでしょうか。

鍾乳洞は、石灰岩が徐々に侵食されて出来上がった洞窟なのです。もともとは石灰岩が削られて出来た洞窟なので、外側の周囲も石灰岩の地質です。

また、鍾乳洞でよく見かけるつららのようなものですが、これには石灰岩が溶けた炭酸カルシウムが多く含まれています。鍾乳石(しょうにゅうせき)と呼ばれていて、長い時を経て作り出されたものなのです。

観光洞窟とケイビングの違いとは?

みなさんは「ケイビング」という言葉を聞いた事があるでしょうか。ケイビングとは、整備された洞窟を観光するのとは違い、舗装されていない自然のままの洞窟を探検するアウトドア・アクティビティのことです。

ケイビングは自然のままの洞窟なので、狭い穴を腹ばいになって抜けて行ったり、穴の形によって仰向けや横向きになることもあります。

そうは言っても、安全にケイビングを楽しめるようにさまざまなケイビングツアーがあるので、気軽に探検気分を満喫できるでしょう。洞窟の成り立ちや洞窟内に消息する生き物についてもレクチャーしてくれますよ。

国内旅行をする際には、観光目的の洞窟へ行きたいのか、アクティビティを味わうケイビングへ行きたいのか、自分が興味のある方を選ぶと良いでしょう。

日本にも洞窟のあるおすすめスポットがたくさん!

洞窟は国内よりも海外にたくさんあると思ってはいませんか?確かに、世界最大の鍾乳石があることで有名なのは国内ではなく、ブラジルにあるグレータ・レイ・ド・マト洞です。しかし、日本国内にもすばらしい洞窟が存在しています。

そこで今回は、国内旅行をする際に訪れてほしいおすすめの洞窟をご紹介します。旅行プランの行き先に洞窟もプラスして、いつもよりもワクワク感のある国内旅行を楽しみましょう。

洞窟に旅行に行く際の注意点・持ち物は?

観光洞窟の場合

お子さんや年配の方など、誰でも気軽に行けるのが観光で行く洞窟です。国内には天然記念物にも指定されている鍾乳洞などもあり、家族で楽しめるのが魅力です。

さて、服装についてなのですが洞窟によっては夏でも冬でも気温は16度、水温14度という場所があります。このくらいの気温、水温でしたら夏は半そで、半ズボンでも心配はいらないです。しかし、洞窟によっては平均気温が10度のところもあります。出かける前には行きたい鍾乳洞の公式HPをチェックしておくと良いでしょう。

基本的に洞窟の中は寒いので、あらかじめ長袖や羽織るものを準備しておけば安心ですよ。

ケイビングの場合

ケイビングツアーで洞窟に行く場合、「ケイビングスーツ」など基本的に必要なものはすべてセットになっているので心配いらないでしょう。

ケイビングスーツの中に着用するのは、動きやすければ何でも良いです。洞窟内は寒くてひんやりしていますが、夏場はTシャツに短パンでも大丈夫ですよ。寒がりなら長袖も用意しましょう。保温性に優れている登山用インナーもおすすめです。

シューズは運動靴であれば特に問題はないでしょう。ただ、地底湖がある洞窟の場合にはあまり適してはいません。そのような所ではケイビング専用のゴム長靴が合っています。

手袋は岩や泥から手を保護するために、軍手の上にゴム手袋を重ねると良いでしょう。さらに防水性の腕カバーも付ければ安心ですよ。いずれにしても、自分の行きたいケイビングツアー会社の詳細をしっかりとチェックすることが重要です。

洞窟のある国内旅行先特集

関連記事