【結納金のお返しのアレコレ】地域によっても異なるマナーや相場、おすすめ商品など

結婚が決まり、結納を行うカップルもいることでしょう。結納金をいただいた場合、お返しはどのようなものを贈ればいいのでしょうか。今回は、結納金のお返しのアレコレについてご紹介していきます。地域ごとのマナーや相場、おすすめの商品などもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

公開日:    最終更新日:

結納は地域によってマナーが異なる

結納といっても、地域によってさまざまなマナーがあり、違いもあります。ここからは結納の地域ごとのマナーについてご紹介していきます。

本来の結納とは?

https://www.photo-ac.com/

そもそも結納とは、婚約を公のものとするために行う儀式のことです。およそ1600年前から行われている由緒正しい日本の儀式です。仲人を立てて、結納金や結納品を両家でやり取りするのですが、最近は仲人を立てないことも多いようです。

また、結納の習慣や進め方などは地域や家によって違っています。どんな手順にするのかなど、しっかりと両家で話し合うようにしましょう。

関東式

https://www.photo-ac.com/

関東式は、両家が同等という考え方からお互いに結納品を贈り合います。そのことから関東式では「結納を交わす」呼ばれているのです。縁起物7品目に目録、結納金を合わせた9品目が基本ですが、簡略化した3、5、7品目とすることもあります。

関西式

https://www.photo-ac.com/

関西式では、男性側のみが結納品を贈ります。ですから「結納を納める」といいます。関東式と同じく縁起物は7品目ですが、高砂人形や婚約指輪を追加したり、多い時で21品目まで増えることもあります。

九州式

https://www.photo-ac.com/

九州式は地域柄、独特な風習があり、必ず用意するものがあります。それは「お酒」「鯛」「お茶」の3品です。結納品目は9品目または11品目となっています。九州は特に結納を大切にしていて、贈り合う結納品も豪華ですし、親族や近所の人にまで披露するという独特な儀式のやり方です。

結納金のお返しのマナー

https://www.photo-ac.com/

結納には結納金も用意します。結納金をもらった側は、相手にお返しをする習慣があります。この結納金のお返しも地域によって決まりがあり、違いがあります。ここからは結納金のお返しのマナーについてご紹介していきます。

関連記事