スポンサーリンク

【結納金のお返しのアレコレ】地域によっても異なるマナーや相場、おすすめ商品など

スポンサーリンク

結納金のお返しのマナー

https://www.photo-ac.com/

結納には結納金も用意します。結納金をもらった側は、相手にお返しをする習慣があります。この結納金のお返しも地域によって決まりがあり、違いがあります。ここからは結納金のお返しのマナーについてご紹介していきます。

関東式

https://www.photo-ac.com/

関東式の結納では、お互いに結納品を贈り合うことから、結納金の半分ほど女性側が返します。しかし負担を考えて、1~2割におさえる場合もあるようです。

男性側から贈られた「御帯料(おんおびりょう)」に対して「御袴料(おんはかまりょう)」として贈ります。最近は、現金よりも腕時計やスーツなどの品物で返すケースも増えているようです。またお返しの手間を省くために、最初から半分返し分を差し引いて結納金を贈る場合もあります。

関西式

https://www.photo-ac.com/

関西式の結納金のマナーとしては、男性の方が迎える側、女性が尽くす側という違いを出すために女性側からお返しはしません。女性側は結納品を受け取った証として「受書(うけしょ)」を渡します。しかし最近は、1割程度のお返しをするか、関東同様、腕時計やスーツなどの品物を贈ることが多いようです。

九州式

https://www.photo-ac.com/

九州式の結納の場合、これまでの女性側はお返しをほとんどしませんでしたが、最近は関西式にならって、「引出結納(ひきでゆいのう)」と呼ばれるお返しをすることが多くなってきました。関東、関西同様、タイピンや腕時計、スーツなどです。

結納返しがないケースも

https://unsplash.com/

地域ごとに結納金返しのマナーが違いますが、最近の傾向として、

・結納金返しの負担を軽くするために、返すことを前提に半分の金額にする

・結納金すべてを結婚資金にする

・結納金をせず、お互いに記念品などの品物を贈り合う

というケースが増えているようです。

しかし、地域によっては結納を大事な儀式として重んじていることもありますので、しっかりと両家で納得のいくように話し合うことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました