痩せる体へ導く!アロマオイルの選び方とセルフマッサージ方法

アロマバスが体にいい

https://unsplash.com/

効能にあわせたアロマオイルを使えば、ダイエットの敵である冷え性やむくみ、食べ過ぎ防止の改善に役立ち、痩せる体へと導いてくれることも。

アロマバスは、自分がいい香りだと感じるオイルや目的に合わせたオイルをブレンドして使っていきますよ。

バスタブに落としたアロマオイルは、皮膚から吸収され血液にのって全身を循環、芳香成分は呼吸器から脳や肺に届きます。

蒸気によってふんわりと立ち昇るアロマの香りは、リラックス効果とともに血液循環の促進、疲労回復など通常の入浴の効果をいっそう高めてくれる働きがあります。

冷え性を改善して痩せる体になろう

https://unsplash.com/

ダイエットの敵とも言える冷え性の改善には、アロマオイルを使った全身浴がおすすめ。

体をじっくりと温めることで自粛中でも痩せる体へと導いていきます。

全身浴の方法は、湯船に38度くらいのお湯をはり、好みの精油を混ぜたオイルを垂らしかき混ぜてゆっくりと浸かるだけ。

健康的な人なら15分~20分ほど浸かり、脚やウエストをマッサージするとさらに効果的です。

アロマオイルはお湯に溶けないので、垂らす量は控えめで2~5滴が理想ですが、初めての場合は1滴から始めてみるのがおすすめ。

冷え性改善におすすめのアロマオイルは、ジェニパーやクラリセージ、レモンをブレンドしたものです。

ただし、レモンなどの柑橘系のオイルは、皮膚につくと刺激を与えてしまうので敏感肌の人は使うのを避けた方がいいでしょう。

また、入浴後はオイルのせいで湯船がべたつくことがあるので掃除は念入りに。

シェイプUPを目指したい

https://unsplash.com/

バスソルトとアロマオイルを使った全身浴をすると、発汗を促し新陳代謝が活発になって痩せる体へと導いてくれますよ。

発汗を促し、老廃物を流すことでむくみやすい人もすっきり爽快な気分になれ、体が軽く感じられるでしょう。

準備するものは、蓋つきの容器と好みや目的に合わせたアロマオイル。

天然塩大さじ20杯程を容器に入れたら、アロマオイルを50滴程垂らします。

容器に蓋をして、良く混ざるように両手でシェイクし、湯船に入れる時は大さじ2杯程度を入れかき混ぜます。

アロマオイルは、キャリアオイルに、ジェニパーやサイプレス、ゼラニウムを10滴ずつブレンドすると痩せる体へと導いてくれる効果が高まります。

入浴中は気になる部分をマッサージして、お風呂から上がる時は、肌についたバスソルトをきれいにシャワーで洗い流しましょう。

コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、運動する機会が減ってしまうと汗をかくことがなくなり、ストレスだけではなく老廃物も溜まって太ってしまう要因です。

バスソルトは通販でも売られているので、バスソルト全身浴を楽しむのもおうち時間を豊かにさせる一つの手です。

ゆっくりと汗をかいて痩せる体になろう

https://unsplash.com/

全身浴に比べて心臓への負担が少なく、バスソルト入浴に比べるとゆっくりと汗をかくことが出来る半身浴も痩せる体へと導いてくれる一つの方法。

時間をかけて入浴することで、お風呂を上がった後でも体の温まりが持続し、自律神経の不調や低血圧症に効果的です。

女性の場合は月経もあるので、調子が悪いなと感じる前に半身浴を繰り返すことで不調を乗り切ることができます。

また、自律神経が乱れてしまうと食べ過ぎることもあるので、防止の意味でも半身浴をして、じっくり体を温めて痩せる体へとコントロールしましょう。

半身浴は、38℃~40℃のぬるま湯で行います。

バスタブに座ったときに、自分のみぞおちの高になるようにお湯をはり、好みや目的に合わせたアロマオイルを2滴~3滴ほど垂らします。

30分くらいゆっくりと浸かるのですが、肩が寒い時はタオルを肩にかけておくと安心です。

アロマオイルは、ジェニパーやラベンダー、カモミールやグレープフルーツがおすすめ。

お気に入りの本や雑誌を持ち込こめばとても有意義なバスタイムを過ごせますよ。

タイトルとURLをコピーしました