個性的でカッコいい60代が増加中!オシャレな女性の定年後の過ごし方

定年後、還暦。何もしない老後のような時代はもう終わり。寿命が100歳とも言われる今、60歳、65歳はまだまだ現役世代です。価値観が変われば生き方も変わります。年齢に縛られない還暦の女性像を体現する女優を参考に、定年後もおしゃれに豊かに過ごす方法をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

やがては訪れる60歳。今から考えておきたい女性の定年後の過ごし方

Photo by Saad Chaudhry on Unsplash

女性の話題といえばやはり年齢。本当は年齢なんて誰にも聞かれたくないし、誕生日が来るたびに、昔のように素直に喜べなくなっていたりするものですよね。

今20代、30代の女性にとっては、定年して還暦を迎えた自分なんてまだまだ遠い先のことでイメージしたこともないでしょう。

しかし、そんな女性も40代、50代になると肌や体力の衰えなども含めて、若い頃とは明らかに違う老化に気づくもの。定年後の過ごし方やイメージをリアルに感じるようになると、「ああ、私の時代は終わったな」という気持ちで寂しくなってしまうことも。

女性は「永遠に歳を取りたくない」

https://www.pexels.com/ja

例えばテレビコマーシャルをみても、ほとんど若い人がメインも出てくる日本。

逆に「加齢」「40、50、60代」向きのコマーシャルは、どれも肌や体の衰え、美しさの衰えを誇張したものが多いと思いませんか。

「女性は若いほど価値がある」という意識があるためか、化粧品も医薬品も「年齢マイナス●歳」と謳った方が売れるそうです。30歳に見える60代など、歳より若見えする中高年の女性を指す「美魔女」もそうですね。

日本の女性は「歳をとること」「年相応に見えること」にネガティブです。

しかし、フランスなどでは年齢を重ねることに人々がとてもポジティブです。特に、大人の女性の魅力は60代、70代からが本物という意識が強く、コマーシャルなどでも若い人より大人の女性が数多く登場します。

年齢を重ねた女性は、たとえばシンプルな白シャツ1枚でも、ニュアンスや豊かな表情を演出できるという意識です。大人のニュアンスは、若い女性にはなかなか真似ができません。

若さに執着して失敗する人も

関連記事