首や背中のニキビの原因を退治して、綺麗な肌を手に入れよう

首や背中にできてしまった気になるニキビ。「一日でも早く治したい」という思いから、ニキビケアにも力が入るもの。ですが、間違ったニキビケアを続けてしまうと、悪化させる原因に。ニキビは原因によっては治し方も異なります。まず、首や背中のニキビの原因を知って適切なケアが大切です。では今回は、「首や背中のニキビの原因、治し方、予防方法」をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

首や背中にニキビができる原因ってなに?

思春期のニキビとは違い、首や背中のニキビは大人にできやすいのが特徴で原因も様々です。

原因によって治し方も異なるので、まず原因を探っていきましょう。

ニキビを引き起こす2種類の原因菌について

https://unsplash.com/

【アクネ菌】

アクネ菌は肌に常在している、顔ニキビの原因菌と言われています。

本来は、お肌を弱酸性に保ち「バリア機能を維持する味方」として働いてくれるアクネ菌。皮脂が好きで空気が嫌いという性質をもち、皮脂分泌量の多い毛穴に常在しています。

毛穴が開いていれば皮脂は排出されますが、毛穴が閉じてしまう様々な原因によって、アクネ菌が増殖しニキビとなります。

【マラセチア真菌】

マラセチア真菌もアクネ菌と同じく、肌に常在している菌ですが、真菌というカビの一種。首や背中といった身体にできるニキビの多くは、マラセチア菌によって引き起こされ、正確には「マラセチア毛包炎」という病名です。

基本的にはアクネ菌と同じく、皮脂を好み空気を嫌う性質なため、毛穴に常在していて、様々な原因によって毛穴が塞がると、真菌(カビ)が増殖し炎症を起こしてしまいます。

シャンプーやトリートメントなどのすすぎ残し

https://unsplash.com/

髪に残ったシャンプーやトリートメントが首や背中に触れてしまうと、シャンプー剤で毛穴が塞がりニキビの原因となる菌やカビが増殖してしまうことも。更にシャンプー剤の残った髪を濡れたままの状態が続くと「ムレ」によってニキビを悪化させてしまう原因になります。

衣服による、「ムレ」や「乾燥」

https://unsplash.com/

衣服の素材によっては、かいた汗が吸収されず衣服の中で「ムレ」を起こしてしまいます。汗と皮脂が混ざり合い、「ムレ」の状態が続くと、ニキビの原因菌が増殖し炎症を起こす原因に。

また、衣服の素材によって肌を「乾燥」させてしまうことも原因の一つ。水分が失われた肌は、身体を守るために、過剰に皮脂を分泌させます。そのことによって、毛穴を塞ぐ原因となりニキビの原因菌の増殖に繋がってしまいます。

洗いすぎによる「乾燥」

関連記事