首や背中のニキビの原因を退治して、綺麗な肌を手に入れよう

首や背中にニキビができる原因ってなに?

思春期のニキビとは違い、首や背中のニキビは大人にできやすいのが特徴で原因も様々です。原因によって治し方も異なるので、まず原因を探っていきましょう。

ニキビを引き起こす2種類の原因菌について

【アクネ菌】

アクネ菌は肌に常在している、顔ニキビの原因菌と言われています。本来は、お肌を弱酸性に保ち「バリア機能を維持する味方」として働いてくれるアクネ菌。皮脂が好きで空気が嫌いという性質をもち、皮脂分泌量の多い毛穴に常在しています。毛穴が開いていれば皮脂は排出されますが、毛穴が閉じてしまう様々な原因によって、アクネ菌が増殖しニキビとなります。

【マラセチア真菌】

マラセチア真菌もアクネ菌と同じく、肌に常在している菌ですが、真菌というカビの一種。首や背中といった身体にできるニキビの多くは、マラセチア菌によって引き起こされ、正確には「マラセチア毛包炎」という病名です。基本的にはアクネ菌と同じく、皮脂を好み空気を嫌う性質なため、毛穴に常在していて、様々な原因によって毛穴が塞がると、真菌(カビ)が増殖し炎症を起こしてしまいます。

シャンプーやトリートメントなどのすすぎ残し

髪に残ったシャンプーやトリートメントが首や背中に触れてしまうと、シャンプー剤で毛穴が塞がりニキビの原因となる菌やカビが増殖してしまうことも。更にシャンプー剤の残った髪を濡れたままの状態が続くとムレによってニキビを悪化させてしまう原因になります。

衣服による、「ムレ」や「乾燥」

衣服の素材によっては、かいた汗が吸収されず衣服の中でムレを起こしてしまいます。汗と皮脂が混ざり合い、ムレの状態が続くと、ニキビの原因菌が増殖し炎症を起こす原因に。また、衣服の素材によって肌を乾燥させてしまうことも原因の一つ。水分が失われた肌は、身体を守るために、過剰に皮脂を分泌させます。そのことによって、毛穴を塞ぐ原因となりニキビの原因菌の増殖に繋がってしまいます。

洗いすぎによる「乾燥」

皮脂汚れを落とすのはとても重要ですが、洗いすぎてしまうと必要な皮脂まで落としてしまい、肌を乾燥させる原因に。水分が失われて乾燥した肌は、過剰に皮脂の分泌が起こるので、その過剰な皮脂の分泌により毛穴が塞がり、ニキビの原因菌を増殖させてしまいます。

ターンオーバーの遅れ

ターンオーバーとは、新しい肌の細胞が生まれ、古くなった肌の細胞は垢や古い角質となって排出されるサイクルのことです。肌荒れやケガの傷が治っていくのもターンオーバーのお陰。そのターンオーバーが遅れると、古い角質が上手く排出されず毛穴を塞いでしまい、そこに皮脂が詰まることでニキビの原因菌が増殖されます。ターンオーバーの遅れの原因は様々で、「寝不足」「食生活の乱れ」「ストレス」などといった、生活の乱れによるものがあげられます。

女性ホルモンによるもの

女性には、女性らしい体をつくるエストロゲンと妊娠を継続させる働きのプロゲステロンの2種類の女性ホルモンがあります。生理が近づくとプロゲステロンの増加によって、皮脂の分泌が多くなります。そのことから生理前にニキビができる人が多い理由です。

また、この女性ホルモンですが、年齢とともに減少してしまい、特に女性の肌を保つ役割のあるエストロゲンが減少すると、皮脂の分泌が減り乾燥した肌に。水分を失った肌は、肌を守ろうと過剰に皮脂を分泌させてしまいます。そのことで毛穴が塞がりやすくなり、ニキビの原因になります。

タイトルとURLをコピーしました