【田舎移住の現実】よそ者を寄せ付けない村八分。そのいじめの実態

田舎の村八分は昔話ではない

都心部に人が集まり、田舎からどんどん若者が出て行き、【消滅可能性都市】が年々増加傾向にあります。

その一方でスローライフを求めて【田舎移住】する方も増えつつあることをご存知でしょうか?

最近では田舎移住者にフォーカスした特集本なんかも出てきているほどなんですよ。

しかし、意気揚々と田舎に移住したにもかかわらず、フィットできずに都会へ出戻ったという話もよく耳にします。

一体どうなっているんでしょう?

実は移住するエリアによっては【村八分】や【移住者いじめ】のような、地元の人しか立ち入れないような❝ローカル色の濃いエリア❞が存在しているのです。

『田舎の村八分とかいじめっていつの時代の話よ』と、笑ってしまうような、ネタくらいに軽く考えていませんか?

現実はかなり強烈で、移住するエリア・移住の仕方を一歩間違えれば、癒しはおろか、都会以上の濃度なストレスに苛まれるケースも多発しています。

集落によっては移住者を受け入れないところも

https://www.photo-ac.com/

ゆっくり過ごす田舎生活に憧れている方も多いかもしれませんが、移住するエリアは慎重に選びましょう!

町の雰囲気や景色が好きだからというだけで決めてしまうと、移住後に痛い目に遭う可能性も…。

移住者自体を受け入れないエリアも存在していることは、しっかり頭に入れておきたいものです。

では、移住エリアを間違えたら、どういうことが起こるのでしょうか?実際に起こりうる❝田舎移住あるある❞をいくつかご紹介しますね。

田舎移住あるある①何年いてもよそ者扱い

何年いても、『あの人は地の人間じゃないから』と言われます。50年近く住んでいる方でも言われている現状です。

都会で仕事をしてきた人からしたら、なにそれ!と笑いたくなってしまうかもしれませんが、先祖代々この土地で生まれ育った根っからのこのエリアの人間でないと❝よそ者❞というレッテルが貼られます。

どれだけ町に貢献していようが、所詮よそ者という扱いを受け、いつまで経っても一員として認めてもらえません。

田舎移住あるある②何かやるたびに『これだから…』

https://www.photo-ac.com/

どれだけ町のイベントに参加して協力しても、どれだけ町内会に貢献しても、なにかひと言、地元の方の琴線に触れる発言をしてしまったら、『これだから都会から来た人は…』と言われることがあります。

特に地元に長い歴史や文化がある場合、移住してきた人はなにを考えているのかわからないと言われたり、新しい人たちに変えられたくないという思いからか、これだからよそ者はわかってないんだよと言われたりすることも…。

田舎移住あるある③付き合いが強制

https://www.photo-ac.com/

昔からその土地に暮らしている方は、集落全体がよくも悪くもまるで家族のよう。その分付き合いは半ば強制で、断ると恐らく相当長い間、あいつは付き合いのできない奴だ、この集落には合わない奴だと言われることでしょう。

そのため、❝人間関係❞はあってないようなものというエリアも存在しています。

同じ集落に暮らす以上、もう、運命共同体と思うしかないのかもしれませんね。毎日が接待気分かも…。

タイトルとURLをコピーしました