【田舎移住の現実】よそ者を寄せ付けない村八分。そのいじめの実態とは

この2、3年で二重生活や移住など、スローライフを求めて田舎に暮らしたいという方が増えてきています。都会での生活に疲れた方にとって、田舎の自然や穏やかな時間の流れは癒しに感じるもの。しかし、実際のところ移住者いじめに悩んで、都会に戻る方も少なくありません。今回はそんな❝田舎移住者へのいじめの❞について解説してゆきます!

公開日:    最終更新日:

田舎の村八分は昔話ではない

https://www.photo-ac.com/

都心部に人が集まり、田舎からどんどん若者が出て行き、【消滅可能性都市】が年々増加傾向にあります。

その一方でスローライフを求めて【田舎移住】する方も増えつつあることをご存知でしょうか?

最近では田舎移住者にフォーカスした特集本なんかも出てきているほどなんですよ。

しかし、意気揚々と田舎に移住したにもかかわらず、フィットできずに都会へ出戻ったという話もよく耳にします。

一体どうなっているんでしょう?

https://pixabay.com/ja/

実は移住するエリアによっては【村八分】や【移住者いじめ】のような、地元の人しか立ち入れないような❝ローカル色の濃いエリア❞が存在しているのです。

『田舎の村八分とかいじめっていつの時代の話よ』と、笑ってしまうような、ネタくらいに軽く考えていませんか?

現実はかなり強烈で、移住するエリア・移住の仕方を一歩間違えれば、癒しはおろか、都会以上の濃度なストレスに苛まれるケースも多発しています。

集落によっては移住者を受け入れないところも

https://www.photo-ac.com/

ゆっくり過ごす田舎生活に憧れている方も多いかもしれませんが、移住するエリアは慎重に選びましょう!

町の雰囲気や景色が好きだからというだけで決めてしまうと、移住後に痛い目に遭う可能性も…。

移住者自体を受け入れないエリアも存在していることは、しっかり頭に入れておきたいものです。

では、移住エリアを間違えたら、どういうことが起こるのでしょうか?実際に起こりうる❝田舎移住あるある❞をいくつかご紹介しますね。

田舎移住あるある①何年いてもよそ者扱い

https://pixabay.com/ja/

何年いても、『あの人は地の人間じゃないから』と言われます。50年近く住んでいる方でも言われている現状です。

都会で仕事をしてきた人からしたら、なにそれ!と笑いたくなってしまうかもしれませんが、先祖代々この土地で生まれ育った根っからのこのエリアの人間でないと❝よそ者❞というレッテルが貼られます。

どれだけ町に貢献していようが、所詮よそ者という扱いを受け、いつまで経っても一員として認めてもらえません。

田舎移住あるある②何かやるたびに『これだから…』

関連記事