ガーデニング初心者にもおすすめ!ラベンダーの種類や育て方

ガーデニングを始めてみたいけれど、どの植物をどのように育てたらいいのか、最初はなかなか分かりませんよね。そんな方におすすめしたいのがラベンダーです。ハーブの中でも特に有名なラベンダーは、ガーデニング初心者でも簡単に育てることができる、入門にぴったりな植物なんですよ♪そこで今回は、ラベンダーの中でも特におすすめの種類や育て方についてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

ラベンダーはガーデニング初心者におすすめ!

https://www.photo-ac.com/

ラベンダーはとてもメジャーなハーブなので、ハーブティやサシェ、アロマオイルなどで触れたことがある方も多いのではないでしょうか。

ラベンダーは自分で育てることも可能な植物です。ハーブは生命力が強く、ガーデニング初心者でも比較的育てやすいところが魅力。

ガーデニングやハーブを育てることに関心を持っている方は、ラベンダーからスタートしてみませんか?

ガーデニングにおすすめなラベンダーの種類

ラベンダーといっても、実は複数の種類があります。ガーデニングにおすすめの品種をいくつかご紹介しますので、育てやすさや好みに合わせて選んでみましょう。

アングスティフォリア系ラベンダー(イングリッシュラベンダー・コモンラベンダー)

https://www.photo-ac.com/

アングスティフォリア系ラベンダー(イングリッシュラベンダー・コモンラベンダー)は、多くの方が「ラベンダー」と聞いて連想する定番の品種です。

アロマオイルやハーブティーなどにもこの品種のラベンダーが多く使われます。香りが良いので、ガーデニングでラベンダーを育てたいという方は、アングスティフォリア系ラベンダーを希望することが多いようです。

ただしこの品種は高温多湿に弱いため、ガーデニング初心者の方には少し育てるのが難しいかもしれません。特に夏暑くなる地域の場合は、避けた方が無難でしょう。ガーデニング慣れしている方や、あまり暑くならない地域でなら、育てることも可能です。

ストエカス系ラベンダー(フレンチラベンダー)

https://www.photo-ac.com/

ストエカス系ラベンダー(フレンチラベンダー)は、うさぎの耳のような形の花が特徴的な品種です。花の形に特徴があり、他のラベンダーと見た目が結構違うので、見分けやすいはず。

ストエカス系ラベンダーは香りがやや弱めなので、アングスティフォリア系ラベンダー(イングリッシュラベンダー・コモンラベンダー)を想像して育てると「何か違う?」という印象を受けてしまうかもしれません。

ですが見た目も可愛いですし、観賞用やドライフラワー用としては適している品種であると言えます。

なぜなら、この品種はラベンダーの中でも育てやすいからです。暑さに比較的強いため、関東でも問題なく育てることができると言われています。ガーデニング初心者の方にもおすすめできますので、ガーデニング経験がない方はストエカス系ラベンダーを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

デンタータ系ラベンダー(フリンジラベンダー)

https://www.photo-ac.com/

デンタータ系ラベンダー(フリンジラベンダー)は、葉っぱがぎざぎざの形状になっているところが特徴の品種です。

こちらの品種は、寒さに強い植物であるラベンダーの中では少し寒さに弱い傾向がありますが、暑さには強いので、育てやすいです。ただし多湿はあまり得意ではない品種なので、水のやりすぎには注意するようにしましょう。

関連記事