【田舎移住の現実】良いことだけじゃない…田舎移住で失敗した人たちの体験談

空気が澄んでいて、満員電車も無縁、野菜も新鮮でノーストレス。そんな夢のようなスローライフに憧れて、田舎へ移住する方が増えてきています。しかし中には田舎生活を美化しすぎていて、実際暮らしてみると「想像と違った!」と、元の暮らしに戻る方もいる現状です。今回はそんな田舎移住に失敗した方の体験談をまとめてみました!

公開日:    最終更新日:

田舎移住ってどんなもの?

https://www.photo-ac.com/

空が大きくて渋滞もなく、せかせかした雰囲気もないスローライフが叶う田舎への移住生活。【自然】と接点を持つ、絶好の機会と言えるでしょう。

そんな田舎への移住を決める理由は、都会の暮らしで心が疲弊してしまった方や、仕事に追われる生活をやめたい方、田舎でやりたいことがある方、本当にその地域の空気が好きでいっそのこと住んでしまおうという方など、千差万別です。

https://www.photo-ac.com/

少し語弊があるかもしれませんが、一般的な引っ越しとは少し異なるのは、❝不便❞とわかっていながら、あえて都会の生活よりも、自然の多い田舎への引っ越しを意図的に決めていること。

お金を払ってでも土いじりをしたいという方が増えてきていたり、キャンプなどの自然と共存するものが人気になってきたりしているのは、自然に触れていたいという人間の本能からなのかもしれませんね!

田舎移住の失敗談あるある

https://pixabay.com/

良いこと尽くしにも見える田舎への移住ですが、結構な数で失敗して出戻った方もいるのも事実です。

仕事も辞めて、意を決して移住したのに失敗だなんてたまったもんじゃありませんよね。

しかし、田舎生活に憧れて用意周到に移住した方でも起こりうることで、なかなか簡単にはうまくいかないものなんです。ここで少し、移住者が陥りやすい失敗あるあるをご紹介しますね!

田舎移住の失敗あるある①うるさい

https://www.pexels.com/

移住した土地でアパートに暮らすことを決めた場合、隣人の騒音に悩まされることが多発しています。

田舎のアパートは築年数も古いものが多く、案外、音が響くのです。静かな暮らしを求めて、せっかく田舎に移住したのに、都会よりもうるさい!なんてケースも…。都会では常識の、音には気を付けましょうという習慣を持たない方も多く(そもそもそんな習慣が必要なく育った方が多いため)、騒音に悩む方が多いです。

https://pixabay.com/

また、未だに暴走バイクを見かけます。深夜に住宅地であろうが爆音で暴走する地元のマイルドヤンキーが駆け抜け、静かな暮らしとは言えない日もあるのです。

平屋や戸建てに住んでいても、町内会や周辺の地元住民からあれこれ言われたり、地元のルールを強制されたりと、❝うるさいな…ほっといてよ❞なんて言いたくなることもしばしば。案外静かに暮らせないものなんですよ。

田舎移住の失敗あるある②飽きる

関連記事