良いことだけじゃない…田舎移住で失敗した人たちの体験談

田舎移住ってどんなもの?

空が大きくて渋滞もなく、せかせかした雰囲気もないスローライフが叶う田舎への移住生活。【自然】と接点を持つ、絶好の機会と言えるでしょう。

そんな田舎への移住を決める理由は、都会の暮らしで心が疲弊してしまった方や、仕事に追われる生活をやめたい方、田舎でやりたいことがある方、本当にその地域の空気が好きでいっそのこと住んでしまおうという方など、千差万別です。

https://www.photo-ac.com/

少し語弊があるかもしれませんが、一般的な引っ越しとは少し異なるのは、❝不便❞とわかっていながら、あえて都会の生活よりも、自然の多い田舎への引っ越しを意図的に決めていること。

お金を払ってでも土いじりをしたいという方が増えてきていたり、キャンプなどの自然と共存するものが人気になってきたりしているのは、自然に触れていたいという人間の本能からなのかもしれませんね!

田舎移住の失敗談あるある

https://pixabay.com/

良いこと尽くしにも見える田舎への移住ですが、結構な数で失敗して出戻った方もいるのも事実です。

仕事も辞めて、意を決して移住したのに失敗だなんてたまったもんじゃありませんよね。

しかし、田舎生活に憧れて用意周到に移住した方でも起こりうることで、なかなか簡単にはうまくいかないものなんです。ここで少し、移住者が陥りやすい失敗あるあるをご紹介しますね!

田舎移住の失敗あるある①うるさい

https://www.pexels.com/

移住した土地でアパートに暮らすことを決めた場合、隣人の騒音に悩まされることが多発しています。

田舎のアパートは築年数も古いものが多く、案外、音が響くのです。静かな暮らしを求めて、せっかく田舎に移住したのに、都会よりもうるさい!なんてケースも…。都会では常識の、音には気を付けましょうという習慣を持たない方も多く(そもそもそんな習慣が必要なく育った方が多いため)、騒音に悩む方が多いです。

https://pixabay.com/

また、未だに暴走バイクを見かけます。深夜に住宅地であろうが爆音で暴走する地元のマイルドヤンキーが駆け抜け、静かな暮らしとは言えない日もあるのです。

平屋や戸建てに住んでいても、町内会や周辺の地元住民からあれこれ言われたり、地元のルールを強制されたりと、❝うるさいな…ほっといてよ❞なんて言いたくなることもしばしば。案外静かに暮らせないものなんですよ。

田舎移住の失敗あるある②飽きる

https://www.photo-ac.com/

遮るものがない大きな広い空、普段ゆっくり見ることのできなかった山の景色や海の景色に憧れて田舎に移住したはずなのに、その景色に飽きてしまう方も続出しています。

景色を見ながら、一日の時の流れを楽しんだり、自然の中の景色を楽しみながら散歩をしたりというのも、正直限界があります。刺激や情報量の多すぎる都会に疲れたから移住したのに、情報がなすぎてつまらないなんて思うことも。

https://pixabay.com/ja/

夕陽や朝日は何度見ても飽きないものの、代わり映えすることのない街の景色に退屈に思ってしまうと、なかなかつらいところ…。散歩もドライブも景色は簡単に変わりません。新しいものが建つことが少ないんですよね。

スローライフの醍醐味でもある反面、思っていたよりつまらない、暇だな…と感じてしまうと致命傷で、都会の生活が恋しくなってしまい、戻ってしまったというのもよくある話です。

田舎移住の失敗あるある③地元ルール

https://www.photo-ac.com/

半ば強制で集落の方の農業をお手伝い、強制の町内会費(しかも都会よりも高額)と、地元ならではのルールがあります。朱に交われば赤くなるとはよくいったもので、どんなに理不尽であっても、その土地に代々受け継がれている❝ルール❞に馴染まないといけないということも。

どうしてもそのルールに納得がいかず、抵抗をしようものならばその集落からは煙たがられて居づらくなってしまいます。

この地元ルールをきっかけに、いじめに遭ったりハブられたり、口をきいてもらえなくなったりというのもあるあるのひとつ。ある程度の都会から移住した方には、窮屈なルールや厄介な習慣が多く残っていると感じることでしょう。簡単に変えることはできないものなので、従うしかありません。

自由を求めて移住したのに、こんな理不尽なルールに合わせたくないと、とんぼ返りする方も多いのです。

タイトルとURLをコピーしました