理想の年の差は「5歳差」?5歳差カップルが上手くいく理由&長続きさせるコツ

あなたはパートナーの年齢を気にしますか?年下・同い年・年上に関わらず仲良しなカップルはたくさんいます。しかし、実は「5歳差カップルが一番上手くいく」なんていう噂も…。そこで今回は、5歳差カップルが上手くいく理由と、5歳差恋愛をより長続きさせるコツをご紹介します。気になっている方が5歳差の方は是非、参考にしてみてください♪

公開日:    最終更新日:


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/000Yama077_TP_V.jpg

恋愛ににおいて、年齢は関係ある?

意外と年齢は重要なポイント


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/takebeIMGL3681_TP_V.jpg

恋愛では、相手のことに興味津々で様々なことを知りたいと思いますが、中でも年齢は多くの人が気になってくるポイントではないでしょうか。

芸能人でも10歳差、はたまた20歳以上年齢の離れたカップルが誕生したという芸能ニュースを最近ではよく目にしますよね。このようなニュースも多く、恋愛には年齢は関係がないのかなと思ってしまいますが、実際はどうなのでしょうか。

恋愛をするときに年齢を気にするようになるのは、だいたい社会人になってからという人も多くいます。学生時代は同級生との恋愛が多く、年齢が離れているといっても、せいぜい先輩後輩といった数歳違いのカップルが大半でした。

しかし、社会人になると出会う人の数、そして年齢層も多様となり、職場でも10歳以上年の離れた人と接する機会も珍しくありません。むしろ歳が近い人を探すほうが難しかったりするかもしれませんね。

そのため、社会人同士、あるいは社会人と学生といったカップルができると、そこに年齢差が出てくる場合があります。「愛さえあれば年齢なんて関係ないよ」という人がいる一方で、自分との年齢が離れていると気を使ってしまったり、コンプレックスを感じてしまう人もいるのも事実です。

どの年齢差でも上手くいっている人はいるけれど、一番オススメは「5歳差」!


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TAKEBEIMGL3590_TP_V.jpg

もちろん、恋愛はお互いの相性や価値観の合致なども関係してくるので、一概に歳の差があるからうまくいかないということは決してありません。歳が離れていても幸せな信頼関係を気づいているカップルは大勢いますよ。

それを踏まえて、では一体何歳差くらいのカップルが一番ちょうどいいのでしょうか。意外とこれはなかなか答えが見つからない難しい問題かもしれません。

ベストの歳の差を考える1つの基準として、2014年に「マイナビウーマン」が行った「恋人との歳の差は何歳までが許容範囲?」という男女別の調査結果があります。今回はこちらのデータを紹介します。

女性が思う、理想の男性パートナーの年齢差は、歳上彼氏の場合だと10歳差がいいと答えた人が29.6%で、ついで5歳差が14.8%と2位となっています。歳下彼氏だと、5歳差とこたえた女性の割合が3割を超えています。

一方、男性が思う、理想の女性パートナーとの年齢差は、歳上彼女の場合は27.8%の人がこちらの5歳差と答えています。例外的なのは歳下彼女についての年齢差で、10歳・20歳差がいいと答えた人の割合が4割となっています。

データから、男性が歳下彼女に望む年齢差は例外として、多くの男女が「5歳差」がベストと答えています。

5歳差カップルが上手くいくと言われている理由

多くの歳の差カップルはうまくいっています


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/takebeIMGL3699_TP_V.jpg

5歳差カップルがうまくいくと言われる理由として、やはり「自分が歳下だと相手に甘えることができて、反対に自分が歳上だと頼ってもらえるから嬉しい」、そして「年齢差がちょうどよく、離れすぎていないので世代間ギャップも少なくて話も合いやすい」というのがあります。

年齢が少し離れているだけで相手が大人っぽく見えたり、反対に可愛く甘えられたいと思ったりと、歳の差があると自分とのギャップにときめいたりすることができますよね。

歳が5歳くらい離れていると、年齢の差がマイナスになりにくく、むしろギャップとして高いアピールポイントにすることができます。そのため、5歳差というのが近すぎず離れすぎず、仲良くしやすい年齢なのかもしれません。

5歳差の恋愛を長続きさせるコツとは?

歳の差カップルにはメリットもあればデメリットも


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TAKEBEIMGL3733_TP_V.jpg

歳の差カップルにはメリットもあればデメリットもあり、それを理解しながら付き合って行くのが長続きするコツです。

まず、ジェネレーションギャップを認め尊重することが、歳の差カップルの間では不可欠です。5歳しか離れていないといっても、やはり多少は世代間の違いというのが出てきます。そのため、相手が自分とは違う行動をしたり考え方を持っていても、むやみやたらに否定せず、おおらかな気持ちで受け入れることが長続きするためのコツです。

また、付き合っている間は年齢の話をしない方がいいでしょう。せっかく2人ともうまく付き合えているのですから、わざわざ年齢差を意識させるような会話をしてギャップを広める必要はありません。年齢差があることを理解しながらも、それが関係なくなるような対等な関係を作って行きたいですね。

これからパートナーを探すなら「5歳差」を意識して探してみましょう♪


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/002Yama077_TP_V.jpg

同世代のカップルは確かに話も合うかも知れませんが、歳の差カップルは世代間のギャップを楽しみながら甘えたり、頼ったりできるなど多くのメリットがあります。

「好きな人がいるけど年齢差があってアタックできない」と思わずに、歳の差カップルにあるたくさんのメリットを理解しながら、積極的に気になる人にアプローチしてみてください。

関連記事