熟年離婚はタイミングがポイント!デメリットとメリットを理解しよう

熟年離婚とは

近頃増えてきた「熟年離婚」ですが、そもそも何年ぐらい経った夫婦が離婚をした時に使われる言葉なのでしょうか。調べたところ、一般的に「熟年離婚」とは20年以上経った夫婦が離婚すると熟年離婚と言われているそうです。

熟年離婚のメリット

長年の関係を夫婦関係を終わらせることは覚悟のいることです。その覚悟を決心した先に得られるメリットはどんなことがあるのでしょうか。ここからは、熟年離婚のメリットについて5つご紹介していきます。

熟年離婚のメリット①自由が手に入る

https://pixabay.com/

まず、離婚すると手に入れることが出来ると言えば「自由が手に入る」ではないしょうか。結婚しているとどうしても時間は拘束されます。しかし離婚をしてしまえば、その拘束が一気になくなります。

特に熟年離婚をする夫婦はお互いいい大人です。自分の一人の時間を満喫する様々な術を知っているので、熟年離婚後も大いに楽しめるのではないでしょうか。

熟年離婚のメリット②介護をしなくて良い

https://pixabay.com/

歳をとると直面する問題が介護です。体の自由がだんだんと利かなくなるため助けが必要になってくるでしょう。おそらく結婚生活以上に介護は忍耐を強いられる可能性が高いです。

「もうこれ以上歳を取ってまでこの人の面倒は見たくない!」と本気でそのような気持ちを抱いているのであれば、熟年離婚をして相手の介護から解放されるのも1つの方法です。

熟年離婚のメリット③自分のお金を好きに使える

https://pixabay.com/

結婚していると自分が稼いだお金は丸ごと使うことができない方が多いのではないでしょうか。独り身になれば、今までは家族のために使っていたお金を自分だけに使うことが可能です。仕事をしている人であれば、尚更自分のために投資ができることでしょう。

熟年離婚のメリット④再婚ができる

https://pixabay.com/

中年、もしくは高齢での離婚をしたからといっても、今後人生を共にしたいと思う異性に出会う可能性は十分にあり得ます。今は「人生100年時代」と言われている世の中です。「もう結婚は懲り懲りだ…」と感じていた方でも、新たな出会いにより再婚する方もいるかもしれません。

熟年離婚のメリット⑤新しい人間関係の構築

https://pixabay.com/

新しい出会いも期待できますが、今までの人間関係をリセットできる機会でもあります。実は相手の親戚関係や友人関係に悩まされていた方もいるのではないでしょうか。夫婦生活を送っている際は相手の立場もあるため関係を壊さないように気を遣っていたかもしれません。

そんな自分のデメリットでしかなかった悩みも熟年離婚をすればリセットすることができます。自分に無理をしない新たな人間関係を築けるです。

熟年離婚のデメリット

先程はメリットをご紹介していきましたが、当然熟年離婚をすることにデメリットもあります。では熟年離婚のデメリットは何なのかを見ていきましょう。

熟年離婚のデメリット①孤独になる

https://pixabay.com/

まずデメリットとして、自由な時間が手に入る反面、熟年離婚をすると孤独な時間が増えることになります。例えば今まで喧嘩をしたり時にはくだらない会話をしたりと、ある程度家の中で会話をしていたはずです。

熟年離婚をするとそんな家で当たり前にしていた日常会話がなくなります。いつもの習慣がなくなることは、最初は解放された気分になるかもしれません。しかし、その代償として孤独を感じるデメリットがあるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました