音楽で健康に!自律神経を整えるのに効果的なBGMとは?

倦怠感や頭痛など、自律神経の乱れはさまざまな症状を引き起こします。そんな自律神経の乱れですが、実は音楽を聴くことで改善を目指すこともできるんですよ。そこで今回は、自律神経を整えるのに効果的なBGMや、聴くタイミングについてご紹介します。厄介な症状にお悩みの方は是非、試してみてくださいね。

公開日:    最終更新日:

BGMと自律神経の関係性について


https://www.pakutaso.com/20180834215post-16979.html

そもそもBGMとはどういうもの?

BGMとは、Background music(バックグラウンドミュージック)の略称です。背景音楽とも呼ばれていて、テレビやラジオ、映画などの背景として流れる音楽と言えば想像がつくでしょう。他にもカフェや学校の昼食タイム、また職場などでも、気分を和らげる目的でBGMを流しているところもあります。このように、BGMは身近なところで何気なく耳にしているのです。

なぜ自律神経にBGMが効果的なの?

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。心身を緊張させるのが交感神経で、例えば勉強をしている時や仕事をしている時などに優位に働きます。

これに対して、副交感神経の方はリラックスしている時に働くものです。食事をする時や睡眠の時などがあげられます。

これらの自律神経の働きは、日常生活での疲れや心身のストレスが溜まり過ぎると失調状態になってしまい、回復するまでには長い時間を要する場合もあるのです。

BGMは自律神経を穏和させる効果があり、日常的に聴く事によって安らぎや癒し、リラックスを得られることが「心身医学会」などの調査により明らかになっています。

東京メトロでも車内BGMを採用している

東京メトロでは、2018年の1月29日より日比谷線13000系社内でクラシックやヒーリング音楽を、日中の一部の時間帯で実施しています。

もともとはイベントや車両点検時のスピーカー試験のために導入された「高音質ステレオ放送システム」でしたが、昨年の7月に誤作動により音楽が流れ、その音色に心を癒された人の声が数多く上がり話題となったのです。運行区間は日比谷線の中目黒~北千住間で、東部スカイツリーライン内は流れません。

主な放送BGMを紹介しましょう。
【クラシック音楽】
「月の光」 ドビュッシー ・「ノクターン」 ショパン・「春の歌」 メンデルスゾーン

【ヒーリング音楽】
「朝空を開いて」 Mitsuhiro・「そよぐ風」 Mitsuhiro・「陽を浴びて」 Mitsuhiro

どんなBGMが自律神経を整えるのに効果的?


https://www.pakutaso.com/20160439105post-7601.html

ヒーリングミュージックのすすめ

ここでは自律神経に効果があるBGMについてお話ししましょう。
「副交感神経」がリラックスしている時に働くものだということは分かっても、どの様な音楽を聴けば良いのか悩んでしまいますよね。

自分の好みの音楽を聴く事はもちろん良いのですが、実は音楽の好みを超えて、誰にでも受け入れられるヒーリングミュージックというのがあるのをご存知ですか?

ヒーリングミュージックとは、心に安心感を与えたり、気持ちをリラックスさせる目的で作られた癒しの音楽です。「音楽は心の栄養」と言われているように、自律神経に効果があるおすすめの音楽です。

アルファ波とはどういうもの?

アルファ波という言葉を聞いた事はありますか?実は自律神経ととても深い関係があるのです。アルファ波は、癒しの効果が得られている時だけに出る脳波だと言われています。つまり、ストレスを抑える効果もあると言うことなんですよ。

また、脳を活性化させるとも言われているので、集中力が欲しい時にも効果があるのです。このような嬉しい効果がたくさんあるアルファ波が出やすい音楽が、クラシックやヒーリングミュージックなどです。

クラシックで言えば、誰もが一度は耳にしたことがあるような有名なモーツァルトの曲は、いずれもアルファ波が出やすい音楽として知られています。

自然音が入っているヒーリングミュージックも、リラックス効果を得やすく、アルファ波が出やすいBGMだと言えるでしょう。

自律神経を整えるためのBGMを聴くタイミングは?


https://www.pakutaso.com/20170806213post-12703.html

ヒーリングミュージックを聴く時に、どうしても「これを聴けば自律神経に効果がある」と、身構えてしまう場合があります。出来れば自然な気持ちでリラックスしながら音楽を聴くと良いでしょう。

不眠などでなかなか眠りにつけない時には、自分に合うヒーリングミュージックのCDを、1曲目から順番にCDを流すと良いでしょう。明るい曲から、だんだんと落ち着いた音色や曲調に変化していくので効果を得られやすいですよ。

おすすめの利用法は、いつも寝る時と同じ照明、湿度などの環境を作り、出来れば頭の周りの約40~50㎝離れた場所にCDプレイヤーを置くのが理想とされています。毎日、自分に最適だと思うボリュームに音を設定し、大きさを変えないで聴くとより良い効果を得られるでしょう。

疲れている時や集中したい時には、仕事や勉強の合間などに聴いても良いでしょう。CDを初めから聴かなくても、自分の好きな曲だけを聴いてもリフレッシュ効果が得られますよ。

自律神経を整えるのに効果的なBGM特集

眠れないときのBGM

【ねむりのおんがく】

ポーランド出身のピアニスト、スワベック・コバレフスキが奏でる幻想的な音楽です。ノスタルジックな響きとロマンティシズムが空間に広がって、あなたを深い安らぎへと誘うでしょう。

眠れないときは、無理に眠ろうとすると逆にストレスが溜まってしまいます。そんな時は、まず心地よい音色を聞いて自律神経を整えましょう。

【究極の眠れるCD】

3段階に分かれて構成されている究極のセラピーBGM。
最初は心身のリラクセーション目的として、落ち着くリズムや注意力を挽かないメロディで構成されています。

次は、まどろみの状態へ導くため次第に音量が減少していき、自然音と融合していきます。最後は自然音のみになり、あなたを深い眠りへと導いていくでしょう。

商品詳細はコチラ
https://www.della.co.jp/item/item_detail.html?product_id=1014

疲れているときのBGM

【働く人のメンタルヘルス・ミュージック】

このCDはTBS系列「サワコの朝」でフリーアナウンサー八木亜希子さんのおすすめ曲として紹介されました。健康でイキイキとしたライフスタイルを提案し、働くすべての人へ向けて作られたセラピーBGMです。

自然音と楽器との組み合わせが自律神経に効果があると好評を得ています。仕事はじめに、仕事の合間に、帰宅後に、ぜひ心地よい音楽を聴いて疲れをいやし、ストレスを軽減していきましょう。

【疲労解消のための音楽】

日比谷線車内のBGMに採用されたやさしい音色のCDです。オーバーワーク、夜更かしやストレスによる疲れは、日常生活においてさまざまな悪影響を及ぼします。

そうならない為にも、脳をリラックスさせて疲労を蓄積させず、自律神経を整えていきましょう。小鳥のさえずりやせせらぎなど大自然の音源をベースにしている音楽は、耳にも心にも心地よいですよ。

マタニティ用のBGM

関連記事