【ストレス知らずのテレワーク】夫婦在宅勤務が最もはかどる黄金ルールとは

テレワーク、夫婦在宅勤務の急増でみんなどう対処しているの?

新型コロナウイルス感染症の拡大でリモートワークを推進する企業が増え、今まで通勤していた二人が在宅勤務に切り替わった家庭も急激に増えました。今まで毎朝毎夕大変だった満員電車での通勤から解放されるのは喜ばしいことですし、仕事やミーティングもパソコンの画面越し。職場の面倒な人間関係からも距離を置けるので、余計なストレスがかからず、いつもより仕事がはかどるという人も少なくありません。自宅での環境さえ整えばテレワークは快適なのです。

しかし自宅で夫婦が揃って在宅のテレワークをするのは、お互いが会社に通勤していた頃とは違い、慣れない雰囲気に戸惑うことも多いのではないでしょうか。皆さんいったいどんな感じで夫婦でテレワークを行っているのか、夫婦揃って在宅勤務を行なっている方々の意見を聞いてみました。

夫婦在宅勤務の環境作りはどんな感じ?

https://pixabay.com/

急に自宅でテレワークを行うことになったことで、お互いのワーキングスペースの確保に苦心しているという方が少なからずいるようです。限られた空間でお互いを邪魔しないようにどこに、どうやってスペースを配置するのか。効率的に仕事をするために、環境づくりは大きな問題と言えるでしょう。

「お互いにクライアントさんや会社との電話対応があり、同じ部屋では一緒に仕事できないので主人は居間で、私は一人暮らしをしている長女の使っていた6畳の勉強部屋で仕事をしています。友人夫婦は同じ部屋で机を並べて仕事しているようですが、そんなことができる夫婦もいるんだなぁと感心しました。私はネットミーティングを主人に聞かれるのは気恥ずかしくてとても集中できません」(29歳・専門職)

「ネット会議は背景に映り込むディテールを細かく観察されるんですよね。夫はスカイプで会議することが多いので、プライベートがダダ漏れになるのを避けるため部屋の一角をパーティションで仕切って専用のワークスペースを作りました。スカイプの映り込みテストもして、ばっちりでした。最初は違和感があったみたいですけど、今は安心して仕事に集中しているみたいです」(38歳・主婦)

https://pixabay.com/ja/

「私は割と平気なんですが、夫はダイニングテーブルでの長時間作業がつらいと言います。今後どれだけテレワークが続くのかわからないし、無駄な荷物を部屋に増やしたくないので買うのは躊躇していましたが、夫の健康面を考えて、パソコン専用のデスクと事務椅子、腰用のクッションを購入しました。結構痛い出費です」(33歳・公務員)

「夫は先週からテレワークをすることに。テレワークのキャリアは夫より私の方が長かったため、会社に勤務していた時には業者さんや専門家に任せきりだったことを、主に私がやっているんですよね。毎日の掃除、パソコンやWiFi、周辺機器の配線やメンテナンスとか。仕方ないですが、光熱費と食費もかなりかさむし、ちょっと先が見えない感じです」(40歳・メーカー)

夫婦で在宅勤務、現在感じているメリットは?

https://pixabay.com/ja/

家族が一緒にいられるワーキングスタイルには、実際にどのようなメリットがあるのか聞いてみました。

メリット①在宅の良さは安心感と作業効率の良さ

「家族が身近にいる安心感はある。満員電車で40分ぎゅうぎゅうになって通勤するのは気が重かったので、今はそれがない分、仕事の作業効率が上がっています」(34歳・会社員)

メリット②在宅だと身支度が簡単

「メイクや身支度は最低限でも構わないのは楽だなと思います。オンライン会議用のメイクはテレビ会議ではあまりきれいに映らないので、ある程度手抜きしますね。夫も一応身支度、シャツネクタイはしますけど、下はジャージのことが多いです。そういう意味では身体的な負担や洗濯、クリーニングの手間が多少省けて助かります」(38歳・会社員)

メリット③在宅だと夫婦のコミュニケーションが増える

「夫と休憩時間が合えば、たまに気晴らしに散歩に出かけたり、通勤していた頃にはできなかったゆっくりしたコミュニケーションができるようになって、お互いの絆が強くなっている感じ。それから、普段は見ることがない仕事をしている夫の姿を目にするのも新鮮です」(43歳 主婦)

メリット④在宅は子供やペットとのふれあいで癒される

「テレワークの勤務体制になって思うのは、夫婦で子供の成長を見守っていけることですね。休憩時間に子供と一緒に遊んだり、ペットと遊んでやったりグルーミングすることがかなり気晴らしになっていますね。会社ではまずできなかったことだけに貴重な体験だと思います」(46歳・会社員)

タイトルとURLをコピーしました