【不眠や倦怠感の原因に】自律神経と睡眠の深い関係性とは?不眠症を解決する方法まとめ

生活習慣の乱れやストレスによって自律神経のバランスが崩れてしまうと、あらゆる不調の原因となってしまいます。特に睡眠と自律神経の関係は深く、自律神経が少し乱れてしまうだけで不眠や睡眠不足による倦怠感などの症状が現れてしまうことも。そうならないためにも、自律神経と睡眠の関係性や改善方法を知っておく必要があります。

公開日:    最終更新日:

自律神経と睡眠には深い関係性がある

人間の神経はネットワーク

人間の神経は身体中に張り巡らされたネットワーク。無数の細胞や組織と連絡を取り合い連携する働きをしています。

神経は大きく中枢神経と末梢神経に分けられます。身体の隅々まで張り巡らされた細かいネットワークの末梢神経が情報を集め、中枢神経がそこに伝達された情報を判断して指示を出す、という流れです。

司令塔である中枢神経はとても重要なので頭蓋骨と脊柱で守られた場所にあります。

大活躍の自律神経

https://pixabay.com/

末梢神経はさらに体性神経と自律神経のふたつに分かれます。

このふたつの違いは「自分の意志によって動かせるかどうか」。体性神経は自分の意志に関わって働く機能に関わっており、例えば、ボールを蹴る、腕を伸ばす、足を曲げるなど、脳で意識して実行するような場合に働きます。

一方、自律神経は「無意識」がキーワードです。

自律神経は、刺激や情報に反応して身体の機能をコントロールする、例えば心臓を動かしたり、食べ物を消化したり、呼吸したりといった「無意識のうちに行っている動作」を担っています。このように人の意思とは関係なく自律して働くため自律神経と呼ばれているんですね。

運動すると脈拍が早くなったり、寒いときにブルブルっと鳥肌が立ったり、寝ているときに脈拍が少なくなったり、さらには細菌が体内に入ってきてもすぐに病気にならないなど、私たちが普段気に留めないような動作のひとつひとつもまた、自律神経のおかげなのです。

戦闘モードと休息モード

https://www.pexels.com/

全身に張り巡らされている自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経は血流をつかさどっている神経で、必要な血液を必要な身体の部分へ送ることで呼吸や心拍数、体温、発汗の調整をしています。目が覚めているとき、興奮しているときに優位になりますので、戦闘モード・活動モードのイメージです。

一方、副交感神経は休息モードの働きをする神経で、お風呂に入っているとき、食事しているとき、眠っているときなどリラックスしているときが優位になります。筋肉の緊張が解け血管も広がるため、胃腸の働きが盛んになって栄養の吸収や老廃物の排出がスムーズに進みます。

眠りと自律神経の関わり

https://pixabay.com/ja/

日中活動している時には交感神経が優位になり、夜になると次第に副交感神経が優位になる。人が夜になると眠くなるのは、副交感神経が優位になってリラックスできるからなんです。

副交感神経が優位になっているときは回復モード。日中闘った身体の疲れを回復させるために集中しています。

良い睡眠をとるには副交感神経の働きが重要なのです。

自律神経の乱れによって不眠になってしまうことも

自律神経はデリケート

交感神経と副交感神経は互いにバランスを取りながら、日常のさまざまな場面や状況に合わせて変化させながら機能しています。

しかし生活リズムの乱れ、疲労、環境の変化といったストレス要因によって交感神経が常に優位に傾く状態が続くと、身体にさまざまなトラブルが引き起こされます。

全身の疲労感、冷え性やのぼせ、動悸・息切れ、食欲不振、肩こり、倦怠感、イライラなどに始まり、症状が進むと深刻な病気になることもあります。

他にもドライアイや瞼の痙攣、関節痛、便秘や下痢、手足の冷えと言った症状があり、これらは「誰でもよくあること」としてたいして気に留めないことも多いのですが、自律神経の乱れによって引き起こされているとしたら。そしてそれを放置しておいたとしたら…。

大きな病気や心の病になってしまうかもしれません!

何となく調子が悪い、というあなた。もしかすると自律神経が乱れているのかもしれませんよ。

自律神経が乱れると眠れない!!

https://pixabay.com/

このように自律神経の乱れによって私たちの身体と心にはさまざまな症状があらわれますが、その中のひとつに「不眠」があります。寝つきが悪かったり、眠りが浅かったり、何度も目が覚めたり。

前述のとおり、通常は昼間に活発になった交感神経を抑え副交感神経を優位にすることでスムーズに入眠できる体制が整います。

しかしストレスフルな現代は自律神経を崩しやすいと言われており、交感神経が優位になる時間が長くなってしまうことで常に緊張状態となり、うまく睡眠に入れなくなったり、何度も夜中に目を醒ますという睡眠障害を起こしやすくなるのです。

いい睡眠をとるには、副交感神経を優位にしていかにスムーズに眠りの態勢に入っていけるかがカギなのです。

自律神経による不眠や倦怠感を治す方法は?

睡眠不足は病気のもと!

https://pixabay.com/ja/

自律神経の乱れなどによって充分に睡眠がとれていないとどうなるのでしょう。

人は夜、寝ている間に日中疲れた身体を回復し、細胞を修復し、脳を休めます。しかし充分に睡眠がとれないと成長ホルモンの分泌量が減り、細胞の回復力が衰えることで、身体がだるく感じるようになります。

自律神経の乱れで睡眠時間が短くなったり質が落ちたりすると、またさらに副交感神経が優位になりにくくなり、睡眠不足の状態が繰り返されるという負のスパイラル。

交感神経優位の状態が長いことで白血球のバランスが崩れて病気に対する免疫力が下がってしまい、病気にかかりやすくなってしまいます。

ストレスだけじゃない!自律神経が乱れる原因

自律神経が乱れる最大の原因はストレスです。しかし、ストレスが全くない状態が良いわけではなく、適度なストレスはやる気や張り合いなどに役立つため、あったほうがいいのです。

とはいえ、強すぎるストレスは自律神経を乱れさせさまざまな不調を呼びます。健康や将来への不安、仕事のプレッシャー、人付き合いのトラブルなど現代社会にはストレスの種がたくさん。適度なストレス、なんて言っている場合じゃありませんね。

自律神経の乱れの原因は、他にも生活習慣の乱れ、昼夜逆転の生活、更年期障害などがあります。誰でも自律神経が乱れる可能性があるということですね。

よく眠れるようになるためには

関連記事