寂しい思いしていませんか?夫に愛されたいと思ったら実践してほしいこと5選

最近、「夫から愛されているな」と感じることはありますか。共働きで毎日忙しく、夫とは必要な会話しかしていない。子どもの世話で忙しくて、夫のことまで構っていられない。きっとどんな家庭でも起きることではないでしょうか。夫からの愛情をもう一度感じるために、妻はどうしたらいいのでしょうか。今すぐできることを、ご紹介します。

公開日:    最終更新日:

夫に愛されていないと感じるのはなぜ?

毎日、仕事や子育てで忙しく、充実感はあるのに、「もっと夫に愛されたい」と感じているならば、それはあなたに原因があるかもしれません。具体的な例をご紹介します。思い当たることはないでしょうか。

子ども優先で、夫は後回し

https://www.pakutaso.com/

子どもがいると、妻は子ども優先で物事を考えがちです。ましてや、幼い子どもが2,3人といると、子どもの世話だけで疲れてしまいます。

大人の夫には、ひとりで何でもできるのだから、「自分でやって」とそっけなく言ってしまう、つい冷たい態度に出てしまうこともあります。

夫から愛されたいのに、妻の何気ない行動が、夫の愛情を遠ざけていることがあります。

夫とゆっくり話す時間を持っていない

https://www.pakutaso.com/

最近、ゆっくり夫の話に耳を傾けていますか。仕事が忙しくて、帰ったら家事もたまっている。子どもの話を聞き、宿題もみてあげないといけない。ゆっくり夫と話す時間なんてないし、邪魔をされたくない。そんな毎日が続いているかもしれません。

夫もその様子を見ていて、妻に話しかけると嫌がられそうだから、黙っていよう。そう思ってしまいます。

お互いに話しかけるのを止めてしまい、相手が何を考えているのか、分からなくなってしまう悪循環に陥ってしまいます。夫から愛されたいのに、コミュニケーションが不足し、夫の愛情を感じる機会を失っているかもしれません。

夫に愛される妻の特徴

毎日顔を合わせる夫。「夫から愛されたいのに」と不安に思いながら過ごすよりも、お互いに信頼しあい、明るく過ごしていきたいものです。

では、いつまでも夫からの愛を感じている妻には、どんな特徴があるのでしょうか。参考になさって下さい。

夫への関心を示している

https://www.pakutaso.com/

お互いを理解するのに一番大切なのは、会話です。夫が仕事から帰宅した際に、妻が「今日はどうだった?」と聞いてくれると、夫は嬉しいものです。

夫に感心がある、いつも気にかけている。愛される妻は、そんな気持ちを上手に表現しています。

夫の話を最後まで聞く

関連記事