スポンサーリンク

寂しい思いしてませんか?夫に愛されたいと思ったら実践して欲しい事5選
スポンサーリンク

夫に愛されていないと感じるのはなぜ?

毎日、仕事や子育てで忙しく、充実感はあるのに、「もっと夫に愛されたい」と感じているならば、それはあなたに原因があるかもしれません。具体的な例をご紹介します。思い当たることはないでしょうか。

子ども優先で、夫は後回し

https://www.pakutaso.com/

子どもがいると、妻は子ども優先で物事を考えがちです。ましてや、幼い子どもが2,3人といると、子どもの世話だけで疲れてしまいます。

大人の夫には、ひとりで何でもできるのだから、「自分でやって」とそっけなく言ってしまう、つい冷たい態度に出てしまうこともあります。

夫から愛されたいのに、妻の何気ない行動が、夫の愛情を遠ざけていることがあります。

夫とゆっくり話す時間を持っていない

https://www.pakutaso.com/

最近、ゆっくり夫の話に耳を傾けていますか。仕事が忙しくて、帰ったら家事もたまっている。子どもの話を聞き、宿題もみてあげないといけない。ゆっくり夫と話す時間なんてないし、邪魔をされたくない。そんな毎日が続いているかもしれません。

夫もその様子を見ていて、妻に話しかけると嫌がられそうだから、黙っていよう。そう思ってしまいます。

お互いに話しかけるのを止めてしまい、相手が何を考えているのか、分からなくなってしまう悪循環に陥ってしまいます。夫から愛されたいのに、コミュニケーションが不足し、夫の愛情を感じる機会を失っているかもしれません。

スポンサーリンク

夫に愛される妻の特徴

毎日顔を合わせる夫。「夫から愛されたいのに」と不安に思いながら過ごすよりも、お互いに信頼しあい、明るく過ごしていきたいものです。

では、いつまでも夫からの愛を感じている妻には、どんな特徴があるのでしょうか。参考になさって下さい。

夫への関心を示している

https://www.pakutaso.com/

お互いを理解するのに一番大切なのは、会話です。夫が仕事から帰宅した際に、妻が「今日はどうだった?」と聞いてくれると、夫は嬉しいものです。

夫に感心がある、いつも気にかけている。愛される妻は、そんな気持ちを上手に表現しています。

夫の話を最後まで聞く

https://www.pakutaso.com/

話を聞いてほしくて話しているのに、途中でさえぎられると、不愉快ですよね。妻に途中で話しをさえぎられると、自分の言いたいことが伝わらずに、夫はイライラしてしまいます。そして、妻と話をするのが面倒にも感じてしまいます。

愛される妻は、夫の話を最後まで聞き、しっかりとコミュニケーションしようとしています。

愛されたいならば、しっかりと夫の話に耳を傾けましょう。

夫に求めすぎない

https://www.pakutaso.com/

「言わなくてもやってくれるだろう」、「きっと気づいてくれるよね」。育児や家事をしているとき、ついそう思ってしまう妻がいます。そして、夫が気づかないと、怒ったり、不機嫌になったり。

夫婦だからといって、以心伝心でわかるはずだと、思ってはいけません。

愛される妻は、夫がしてくれなかったことを責めるよりも、してくれたことに感謝をする思考を持っています。

夫を何よりも大切に思っている

https://www.pakutaso.com/

結婚生活がうまくいっているときは、夫の存在の大切さを感じることは少ないかもしれません。もっと愛されたいのに、という気持ちもうまれないはずです。けれども、けんかしたときや病気のときは、その存在を大きく感じるはずです。

夫に愛される妻は、非常時だけでなく、普段の生活でもそれを感じ、感謝の気持ちを夫に伝えているのかもしれません。

スポンサーリンク

夫に愛されたい妻が実践してほしいこと5選

もう一度夫に振り向いて欲しい、深く愛されたいと考える妻は、何を、どう変えたらいいのでしょうか。今すぐにでもできる方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

妻から夫への愛情・関心を表現しよう

https://www.pakutaso.com/

夫に愛されたいと感じるならば、妻自身が夫に愛情を示せているかを、自問自答してしましょう。

積極的に家事を手伝ってくれる夫に対して、それを当たり前だと考えずに、ありがとうの気持ちを言葉にして伝えていますか。

また、夫に話しかけられても、育児や家事で手が離せないときがあります。「忙しんだけど!」と断るのではなくて、「あとでゆっくり聞かせて」と言い方と変えるのもいいでしょう。夫は、自分の話に関心を寄せてくれたと感じ、育児や家事を手伝おうという気になるかもしれません。

最近すこし夫に冷たかったかも、というときは、お酒やスイーツなど、夫の好物を用意してさりげなく目のつくところに置いておくのもいいですね。自分のことを気にかけてくれている、という妻の関心が一番うれしいものです。

夫に愛されたいと感じたいならば、まず妻から温かい気持ちを表現することが大切です。

夫はきっと、妻からの愛されたいというサインを受け止めてくれるはずです。

一緒に楽しもうという気持ちを示そう

https://www.pakutaso.com/

夫は休日になると、ゴルフや釣りに行ってしまう。お互いに共通の楽しみがないと、長い結婚生活で、一緒に出かけることがだんだんと少なくなるでしょう。

子どもがいても女の子だけですと、休日は母娘だけで出かけて、夫は一人留守番、ということも多いはずです。

子どもが成長すると、だんだんと口数が少なくなったり、友達と出かけてしまったりで、家族一緒に楽しむことが少なくなりがちです。

週末の昼間は、全員揃ってホットプレートで昼食を作ってみたり、近場にバーベキューに出かけたり、簡単にできることから始めませんか。雰囲気が変われば、普段聞けないような学校、職場などの話が聞けるかもしれません。お酒を飲むならば、つまみを夫婦で準備するのも楽しいですね。話が弾めば、もっと愛されたいという寂しい気持ちは、消えてしまうでしょう。

夫婦または家族一緒に楽しめる時間を妻が作ってくれたならば、夫は、楽しい時間を持てたことに感謝し、夫婦愛だけでなく、家族愛も高まるはずです。

さりげない優しさを伝えよう

https://www.pakutaso.com/

日常生活でのちょっとした優しさは、案外、心に響くものです。

幼い子どもがいる家庭ではよく耳にする話ですが、毎日の料理が、オムライス、ハンバーグ、甘口のカレーライスなど、子どもの好みにどうしても偏りがちです。不満を言わずに食べてくれる夫も多いかと思います。

しかし夫は、辛いカレー、味の濃い、スパイスの効いた料理も、たまには食べたいもの。そんなとき、夫の好きなものを一品、用意してみて下さい。忙しければ、スーパーの惣菜でも構いません。自分に気を遣ってくれた。その気持ちが夫はとても嬉しいはずです。

年一回の誕生日や結婚記念日を祝うのも大切ですが、夫に愛されたいと思うならば、日常の

小さな優しさを積み重ねることこそ大切でしょう。

自分の時間を充実させよう

https://www.pakutaso.com/

つき合っているころや新婚時代は、夫婦一緒にいるだけで楽しくて、何もかもが充実していたはずです。しかし一緒に暮らすようになると、ドキドキすることも減り、夫と出かけるからといって、化粧を入念にすることも少なくなってきます。

妻に、特別な趣味もなく、二人で出かける予定もないと、家でスマホを見て過ごしていたり、ネットサーフィンで時間をつぶしていたり。もしかしたら、夫はもっと妻自身の生活を充実させてほしいと願っているかもしれません。

時間を持て余していたら、何か始めてみませんか。料理教室に通ったり、楽器を習ってみたり。家でゆっくり読書もいいでしょう。新しいことを始めると、新しい刺激もあって、夫婦の会話も弾むはずです。夫に愛されたいと思ったら、自分磨きも大切です。

たまにはデートに誘ってみよう

https://www.pakutaso.com/

子どもを祖父母に預かってもらえる、またはもう中学生くらいでしたら、一人で留守番できると思います。たまには、夫婦で出かけるのも新鮮でいいかもしれません。

結婚前によく遊びにいったところ、学生のときに過ごした街など、二人の思い出になるような場所が近くにあると、きっと話も弾むでしょう。子どもが一緒ですと、つい子どもの話ばかりになってしまいがちです。出会ったころの思い出話ができるかもしれません。

きっと、妻が感じていた、愛されたいという、寂しい思いも消えてしまうはずです。

毎日のコミュニケーションを大切に

https://www.pakutaso.com/

結婚生活が長くなり、毎日顔を合わせていると、「夫だから、まぁいいか」と挨拶や感謝の気持ちを伝えるのがおっくうになったり、きつい言葉を使ってしまうこともあるでしょう。

夫婦といっても、他人同士。職場や友達に遣うような気配り、配慮や礼儀も、やはり必要です。

夫から愛される妻はきっと、そのことに気づいているはずです。

夫から愛されたいと感じるならば、夫と風通しのよい人間関係を築くことが必要です。そのためには、毎日の小さなコミュニケーションを重ねていくことが大切です。気遣いや優しさ、そしてそこに愛情を込めたならば、きっと、愛し愛される夫婦関係が築けるはずです。

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っています。

スポンサーリンク