最近なんだか太りやすい…実はそれ、更年期障害による肥満かも?原因と対処法をご紹介!

40歳を超えたあたりから、なんだか太りやすくなってきた…そんな方はいませんか?もしかしたらそれは更年期障害による肥満かもしれません。いくつになっても体形が変わってしまうことはショックですよね…。今回はそんな更年期障害による肥満の原因と、オススメのダイエット方法についてご紹介します。肥満を解消して、健康な体で更年期を乗り越えましょう!

公開日:    最終更新日:

更年期になると太る人と、痩せる人がいる


https://www.instagram.com/p/BhSnbDTgZyv/?tagged=更年期

更年期とは、生理が終わる閉経をはさんだ前後5年、約10年くらいの期間のことです。この時期には女性ホルモンの減少により、様々な体の不調が現れます。その1つが、体重の変化。みなさんどんな体重の変化を感じているのでしょうか。

更年期に太る人がいるの?

更年期に入ったと感じる時期は、人によって様々です。大体45歳から55歳くらいに更年期が訪れる人が多く、50歳前後にピークを迎えるようです。
45歳過ぎから、もしくは太りやすくなった、と感じる女性が多いようです。特に食生活が変わったわけではなく今までと同じ量を食べているのに、なぜ?と思いますが、これは、更年期に差し掛かった女性に起こる、体の変化と大きく関係があります。

更年期に痩せてしまう人がいるのはなぜ?


https://www.pakutaso.com/20111107306post-839.html

少数ですが女性の中には更年期に入って痩せてしまった、と感じる人もいるようです。なぜ痩せてしまうのでしょうか?
これは更年期に起こる症状の1つで、自律神経のはたらきが乱れが関係しています。女性ホルモンが十分に分泌されず、そのために交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくなります。副交感神経は体が落ち着いているときや食物の消化にかかわる機能です。交感神経が優位になって副交感神経がうまく働かなくなると、消化器官の働きが低下し、これが食欲不振を引き起こしている可能性があります。胸やけや胃もたれといった症状が現れてしまうのですね。そのために食欲不振となり、痩せてしまうのです。
もちろん、これは健康的な痩せ方ではありません。胃もたれがして食欲がわかない、体重が減少している、といった症状が重い場合は、婦人科を受診したほうがいいでしょう。

更年期に太りやすくなってしまう原因とは?


https://www.instagram.com/p/BhQ080PATsa/?tagged=中年太り

更年期に急に太りやすくなってしまうのはなぜでしょうか?これには大きく分けて2つの理由があります。

筋肉量の低下による代謝能力の低下

更年期、というより加齢とともに体の筋肉量は減少していきます。なぜなら年齢とともに、筋肉を構成している筋繊維数が減少し、しかも筋繊維が萎縮してしまうからです。
体の筋肉量が減ると、体が消費するカロリーも当然減ってきますので、体の基礎代謝も減ってきます。基礎代謝とは、何もしない状態で体が消費するカロリーのこと。例えば20代のころは体重50㎏の女性は1110kcalですが、50代になるころには同じ体重の女性ですと1035kcalとなります。
50代近くなると更年期の影響で疲れやすくなって、若いときのように体を動かすこともしませんよね。体を動かさないと消費カロリーは減ってきますが、食べる量が減らないと、当然摂取カロリーがオーバーとなってしまいますので、太りやすくなってしまうのです。

女性ホルモンが低下する


https://www.pakutaso.com/20160505137post-7853.html

更年期の女性が太りやすくなってしまう他の原因は、ホルモンバランスの乱れ。女性の体には2つの女性ホルモン、エストロゲン(卵胞ホルモン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。この2つのホルモンがバランスよく分泌されることにより、女性の体は健康を保っています。
しかし、更年期には卵巣の働きが徐々に衰えてくるため、エストロゲンの分泌量が不足してきます。エストロゲンは子宮を妊娠に備えさせたり女性らしい体型になる働きをするほかに、内臓脂肪の代謝を促して、蓄えにくくする働きがあるのです。エストロゲンの分泌が更年期により減ってくると、体はどうして内臓脂肪を蓄えやすくなってしまいます。内臓脂肪が増えてくると、高血圧や糖尿病などの病気を引き起こしやすくなるのです。更年期に入ってこれらの病気になる人が多いのは、エストロゲンの減少と深いかかわりがあったのでした。
そのため、更年期に入ってホルモンバランスが乱れてくると、若いころと比べてどうしても太りやすくなってしまうのです。

更年期のダイエットで注意したいこととは?


https://www.instagram.com/p/BgvNPUxHzDd/?tagged=食べすぎた

ダイエットに多いのが食事の量を減らす、食事制限を行うものですが、これは40代、50代のダイエットにはおすすめができません。なぜなら、糖質を極端にカットしてしまうと、それでなくても更年期でイライラしたりうつっぽくなりがちなのに、その症状を悪化させてしまうことになりかねません。ダイエットのために肉や魚を避けて野菜中心の食事にするとたんぱく質が不足しがちになり、どんなに筋肉を鍛えるトレーニングを行っても、筋肉量が増えません。カルシウムが不足してしまっては、閉経後の女性に多い骨粗鬆症になってしまいかねません。
これらのことを考えると、更年期の女性には食事を制限するダイエットではなく、3食をきちんとバランスよく食べながら脂肪を減らす運動を行うようなダイエットが向いているといえるでしょう。

更年期の肥満に効くダイエット方法

ウォーキング


https://www.flickr.com/photos/21518596@N00/5228383507/

ウォーキングは道具が必要なく、きつい運動をする必要もないので、比較的更年期の女性が取り組みやすい運動であるといえるでしょう。ウォーキングは更年期の女性に、とってもおすすめの運動なのです。
ウォーキングは立派な有酸素運動。体力や持久力をアップすることができますし、骨密度も改善させます。また筋力の維持にも大きく貢献してくれるのです。ウォーキングをするなら最低でも20分以上は歩きたいものです。なぜなら歩き始めて20分以上すると、脂肪を燃焼し始めるのです。
ウォーキングを行う時間はできれば朝がおすすめ!ウォーキングを朝行うなら、朝日を浴びることで脳内ホルモンのセトロニンが活発化。セトロニンは幸せホルモンとも呼ばれており、精神を安定させ気持ちを前向きにするのを助けてくれるのです。更年期で気分がすぐれない、安定しない女性にとっては嬉しい効果ですね!また脂肪を燃焼しやすいのも朝なのです。運動するとき体はまず糖質を消費、その後脂肪を消費していきます。朝は夜の食べ物が消化されて、血糖値が低い状態。そのため体の脂肪が燃やされやすいのです。
こんなにうれしい効果がいっぱいの朝のウォーキング、状況が許すなら朝に30分だけでも取り入れてみたいですね。

半身浴をしてみる

関連記事