【40~50代向け】更年期におすすめな健康的なダイエット方法

太りやすくなることを含め、さまざまな症状が現れる更年期

女性は一生の間に

  • 月経を迎える時期 – 思春期
  • 月経のある時期 – 性成熟期
  • 月経を終える時期 – 更年期
  • 月経を終えてから – 高齢期

の4つのライフステージを経験します。規則的であった月経周期が不規則になり、やがて閉経を迎えます。個人差はありますが50歳前後で閉経する人が多く、この閉経の時期をはさんだ前後数年ずつ、約10年間(一般的に45〜55歳頃)を”更年期”といいます。

【更年期症状・更年期障害とは】

更年期には卵巣の機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少していきます。その結果、ホルモンのバランスが崩れ、月経周期の乱れやエストロゲンの欠乏により、心身にさまざまな不調があらわれます。症状の種類や強さは個人差がありますが、更年期のさまざまな不調を「更年期症状」といい、仕事や家事など日常生活に支障をきたしてしまうほどの重いものを「更年期障害」といいます。

更年期に太りやすくなってしまう原因は?

更年期になると脂質代謝が変わり太りやすくなり体型も変わっていきます。これまでと食事の量を変えていなくても太ってしまう…と感じている方も少なくないのでは?一般的には、40代50代になり更年期を迎えると太りやすくなると言われています。ではなぜ、更年期になると体重が増えてしまうのでしょうか。

原因は基礎代謝と女性ホルモンの減少!

まずは基礎代謝の影響が考えられます。肥満というのは、簡単に言えば「摂取エネルギー」が「消費エネルギー」を上回ったときに起こります。

私たちはじっとしているときでも、エネルギーを消費しています。これを「基礎代謝」といいます。基礎代謝とは、呼吸をしたり、体温を保ったり、心臓を動かしたりする、生きているために最低限必要なエネルギーです。若い頃は筋肉量も多いので基礎代謝が高いため、何もしなくてもカロリーを多く消費できますが、年齢とともに基礎代謝量が減ってしまうとカロリーの消費量も減ります。そのため、食事の量や脂質の摂取を若い頃と同じように続けると、と太りやすくなるというわけです。

もうひとつ、更年期障害の原因となる女性ホルモンの減少も、体重の増加と関係しています。エストロゲンは、排卵や月経に適した身体づくりのほか、脂肪の代謝を促します。更年期を迎えてエストロゲンの分泌量が減ることによって、脂肪の代謝が悪くなって内臓脂肪がたまりやすくなり太りやすい体質になってしまうのです。

逆に更年期に体重が減ってしまうこともある?!

太りやすい更年期にも関わらず、なかには痩せてしまう人もいます。その理由は、消化器のはたらきが落ちてしまい、食欲不振になっているからかもしれません。更年期障害になって、自律神経のはたらきが乱れてしまうことが影響しているようです。

胃は自律神経の影響を大きく受けます。たとえば、仕事や人間関係のストレスが原因で神経性胃炎になる人もいますが、これは自律神経のバランスが崩れて胃酸が過剰に分泌されてしまうからです。そのため、胃がもたれたり痛みを感じたり、胸焼けがしたりといった症状を引き起こします。

また、エストロゲンは粘膜を作るときにも必要な女性ホルモンです。これが更年期になると減ってしまうため、胃の粘膜が弱ってしまいます。そのため、食欲不振になってしまう方がいるんです。

老化による肥満防止には 「抗酸化」「抗糖化」「ホルモン分泌量のアップ」

老化を引き起こすのは、体の中で起きる「酸化」「糖化」「ホルモンの変化」だといわれています。これらの現象は若い体にも起こっていますが、特に40代以降の体にとっては、老化に直結する大敵です。この3つの大敵が、細胞やホルモンの機能低下を招き、老化を加速させます。

また、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病、がんやうつといった病気、シミ、シワ、タルミといった美容的な問題、運動能力低下の原因にも!3つの大敵は、食事や運動、ストレス対策など生活習慣を少しだけ見直すことで、抑制することができます。

詳しくご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました