断捨離はつらいもの?断捨離のモチベーションを上げるポイント

断捨離という言葉が定着して久しいですが、断捨離をやってみたけどつらくて続かなかったという方も多いのではないでしょうか?
つらいと思う原因は何なのでしょうか?今回は原因とモチベーションを上げるポイントをご紹介します。

公開日:    最終更新日:

断捨離とは


https://www.photo-ac.com/main/search?q=片付け

断捨離とは、読んで字の如く『必要のないものを断ち、捨てることで、執着することから離れる』という意味を表すもので、単なる片付けではなく、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的の整理法です。
■断 入ってくるいらない物を断つ
■捨 家にずっとあるいらない物を捨てる。
■離 物への執着から離れる
元々はヨーガの行法「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」の発想から生まれたもので、単なる片付け術とは違うものと言われています。2010年には流行語大賞に選ばれるなど、世間でもおなじみの言葉となっています。皆さんも一度は耳にした事があるのではないでしょうか。

聞いてみただけでなく「やった」という人も周りにいることでしょう。じゃあ、私もモデルハウスみたいにスッキリした部屋にしたいな、と断捨離に取り組もうとした過去もあるかもしれませんね。
ところがこの「断捨離」、やってみた人ならわかることかもしれませんが、意外に継続することが大変なのです。なぜ「断捨離」は大変なのでしょうか。

断捨離が続かない原因ってなんだろう


https://www.photo-ac.com/main/search?q=片付け

完璧にやろうとする

過去に断捨離を決意して挫折してしまった事があるという方もいらっしゃるかもしれません。断捨離が続かない原因はなんなのでしょうか?
断捨離が続かないという方に多いのが『完璧にやろうとしすぎる』ことです。また、『早く物を減らそうと焦ってしまう』ことも原因になるようです。
断捨離は、断つ・捨てる・離れるの3つの意味がありますが、どうしても『捨てる』イメージが先行してしまっており、「まずは捨てないと!」と意気込んでしまう方も多く、それが続かない原因になっている事が多いようです。

急いでやろうとする


https://cdn.pixabay.com/photo/2017/08/13/05/08/deadline-2636259__340.jpg

断捨離で最も注目されるのは「捨てる」ことだと思います。それが結果ですから、気になるのは当然ですね。
ですが断捨離は単なる片付け術ではありません。
捨てると同時に、その捨てるモノへの執着から離れることが、最後のステップです。
そこを見落として「捨てなきゃ」「早く終わりたい」「結果を出したい」と焦ると、単なる片付けとなってしまいます。
断捨離で最も苦しい「離」、すなわちモノへの執着から離れることが中途半端になってしまう可能性があるのです。

なぜ断捨離をしようと思ったのか。
そのことを思い出しましょう。
そして急いでやること、結果だけを求めることはやめましょう。
断捨離は新しい自分になるための方法です。片づけ術ではありません。

新しい自分になるためには、捨てようとしているモノを、買ったり手に入れた時の、過去の自分を見つめることが必要です。
そして現在の、断捨離をしようとしている自分も、見つめましょう。
何が苦しいですか?どんなことを辛いと感じていますか?
その辛さを記録しておくことで、今の自分と、なりたい理想の自分との差が見えてきます。
埋めなければいけないものが見えてくるでしょう。
このステップを経て、初めて「片づけ術」ではない、本当の「断捨離」ができ、新しい、なりたい自分になることができるのです。


https://www.photo-ac.com/main/search?q=片付け

真面目な方ほど、完璧にやろうと思ってしまいつらくなり途中で挫折してしまう傾向にあるようです。断捨離はつらいものではありません。つらいと思っていた断捨離を楽しく続けるコツをご紹介します。

断捨離ができた後にすっきり感を想像する


https://www.photo-ac.com/main/search?q=インテリア

まずは、断捨離をする前にゴールを明確にする事が重要です。あなたは、断捨離を通じてどんな自分になりたいですか?冒頭で説明した通り、断捨離はただの片付け術ではありません。断捨離を通して、物に対する執着を解き放ち「こんな自分になりたい!」を実現していくものなのです。


https://www.photo-ac.com/main/search?q=インテリア

まずは、こうなりたい!と思った憧れのあなたがどんな部屋でどう過ごしているのかをイメージしてみましょう。きっとシンプルですっきりとしたお部屋で過ごしているのではないでしょうか?まずは、そのイメージを固める事が、断捨離成功の第一歩です。

「断捨離ノート」を作って見える化をする


https://cdn.pixabay.com/photo/2017/10/14/09/56/journal-2850091__340.jpg

あなたはなぜ「断捨離をしよう」と思い立ったのでしょうか。
本当に必要で、自分の趣味に合うものだけに囲まれた暮らしをしたいからではないですか?
断捨離記録ノートを作って、最初に「断捨離をしよう」と思った時のきっかけを書いて「目標の見える化」をすることも大切です。

イメージに加えて、思い立ったきっかけ、そして目標を見える化をすることは、断捨離が辛い、と思った時の助けになります。
断捨離なんて止めてしまいたい、と思った時でも継続する力になります。

断捨離で最もつらいのは「離」ではないでしょうか。捨てようとしているモノにまつわる記憶や気持ちは「捨てる」という行為への強力な足枷になります。けれどもその「離」というモノにまつわる執着から離れることが、断捨離の目的でもあります。

好きだったから、憧れだったから、欲しかったから買ったもの。当然思い出も思い入れもあります。
それを手放すのですから、ブレない目標を立て「見える化」することが必要です。

こんな部屋がいいな、というイメージが固まったら、それに近い部屋の写真やイラストなどを保存しましょう。できればすぐにみられるように「断捨離ノート」に貼っておくといいでしょう。

なりたい部屋をみてイメージを高める


https://www.photo-ac.com/main/search?q=インテリア

関連記事