共働き夫婦の家事分担はやり方次第で上手くいく!気になる対策方法とは

今では共働きが当たり前!という家庭が増えてきています。今は専業主婦でも、いずれは働きたいと考えている人も多いと思います。仕事は楽しいしやりがいもあるけれど、家事との両立が大変と感じている人は、かなり多いのではないでしょうか?もっと夫に手伝ってほしい!共働きをする妻なら、みんな一度はそう感じているはずです。

公開日:    最終更新日:

共働き家庭は増えている?

https://pixabay.com/

共働き家庭は増加している傾向にあり、国の調査でも、平成9年には共働き家庭が専業主婦家庭を上回ったという数字が出ています。結婚しても、子供を産んでも仕事を続けたい!という女性は増えていますよね。

これまでの日本では、「男は外で働き、女は家庭を守るべきである」という考え方がされてきましたが、時代の流れとともに変わってきました。

子供を産んでも女性が働き続けられるように、産休、育休の制度も充実してきています。子育てにもお金がかかるし、子供がいるからこそ働かなくては!という家庭は多いです。

家計のためや、仕事にやりがいを感じて働く女性は増えています。そこで問題となるのは、やはり家事との両立!仕事に家事に育児に…。共働きは増えているのに、「家事は女がするもの」という考え方はいまだに残っているように感じてしまいます。

共働きなら、家事は分担したい!

旦那さんは、どれくらい家事をしてくれますか?なんにもやってくれない!という家庭もあれば、家事は分担しています!という家庭もあります。でも、分担している家庭はまだまだ少ないのでは?

妻側と夫側から、家事の分担に対する本音を探ってみました。

妻側の本音

https://pixabay.com/

・仕事を始めるときに家のことは手伝うって約束したはずなのに、実際は何もしてくれない!(34歳・営業)

・お風呂掃除やゴミ捨てなどはやってくれているけど、それだけで「俺は家事をやっている!」って言われても…。(28歳・一般職)

・料理は私、洗濯は夫、というように分担を決めているけど、やってくれないことも…。そのままにしておくわけにもいかないし、結局私がやっている。(39歳・WEB)

・完全に分担しています。表にして、誰が何をするのかはっきりさせています。共働きなので、分担するのは当然です。(30歳・教師)

・手伝ってくれているほうかなとは思うけど、あくまでも「お手伝い」。言えばやってくれるけど、もっと自分からやってほしい。(41歳・医療)

夫側の本音

関連記事