【自己肯定感が高い人はやっている】自分を褒めて自尊心を高めよう

自己肯定感と自尊心

自己肯定感が高い人や自尊心が高い人と聞いた時、どんな人が思い浮かびますか?もしかすると、『プライドの高い人』『自尊心が高いとかって悪口?』とすら思う方もいるのではないでしょうか。日本では確かに❝プライドが高い❞というと、あまりよい印象はないかもしれません。しかし、自己肯定感や自尊心はプライドとは似て非なるものです。まずはじめに、自己肯定感や自尊心について、正しい知識をつけましょう!

自己肯定感とは?

https://pixabay.com/ja/

最近では❝アファメーション❞というワードで、自己肯定感のことを聞いたことがある方もいるかもしれませんね。自己肯定感とは自身の存在に価値があると思う感情のことです。逆にいうと、人より劣っている…いつも自分を責めている…なんて方は自己肯定感が高いとは言えません。「できない自分も、らしくていいじゃない♪」「そのままの自分でいいよね♪」と、ありのままの自分を認めるマインドと言ったらわかりやすいかもしれませんね。

自尊心とは?

https://www.photo-ac.com/

自己肯定感は自ら自分を価値のあるものと認める感情のことでしたが、自尊心は、それに加えて自分以外の人から価値のある存在と認められることや、人から評価されること、さらに自身を人と比べた上で芽生える感情も含まれます。つまり、【個人完結しない感情】なのです。人はひとりでは生きていけないため、人から認めてもらえることで、心のバランスをとれている面があるもの。その❝周りとの関係で生まれる感情❞を自尊心と言います。

自己肯定感と自尊心の関係とは?

https://pixabay.com/ja/

自己肯定感も自尊心も、どちらも『自信』につながるものです。しかし結論からいうと、自己肯定感の高い人は、人から悪口を言われたり、自分のできていないことを周りかた指摘されたりしても、傷つくことはありません。なぜなら、そんな自分もいいじゃない♪と、その自分もよしと思えているからです。自己肯定感が高い人は、自尊心を補うことができる一面もあるということ。それぞれ連動しているわけですね!

自己肯定感が高い・自尊心が高いのはわがまま?

自己肯定感や自尊心は、自分を好きな心・自分を大切に思う心を持つことを表し、プライドは『人からどう思われたいか』という、劣等感から身を守るためのものでもあり、傷つくのが嫌で虚勢を張ることを言います。プライドが高いというと、わがままやな印象や自己中心的な素直さに欠ける印象があるかもしれません。しかし、自己肯定感が高いことや自尊心が強いことは、わがままというわけではありませんので、誤解しないようにしてくださいね。

自分で自分を褒めることによって得られる効果

https://www.pexels.com/

自己肯定感も自尊心も、自分を認める・自信につながるものとわかりましたが、実際に自己肯定感や自尊心を高めるためにはどうしたらよいのでしょう?実はその方法はいたってシンプル!❝自分で自分を褒める❞、それだけです。自己肯定感が低い方にとっては、難しいと感じるかもしれません。しかし、とっても大切なことなんです!ではここで、自分を褒めることで何を得られるのか、具体的にご紹介しますね。

タイトルとURLをコピーしました