ALL¥1000以下♡プチプラで大人も楽しめるアイライナーをご紹介

ナチュラルな目元やセクシーな目元などを演出してくれるアイライナー。ドラッグストアやバラエティショップで販売しているプチプラのアイライナーを使ったことはありますか。プチプラなのに実は高品質で使いやすい商品が多いんですよ♪気軽に購入できるプチプラアイライナーの種類やおすすめをご紹介します!

公開日:    最終更新日:

プチプラのアイライナーを選ぶときのポイント

ドラッグストアやバラエティーショップで気軽に購入できるプチプラのアイライナー。各ブランドがオリジナルの商品を販売しているので、種類が豊富なのも特徴です。ペンシルタイプやリキッドタイプ、最近ではジェルタイプも人気があります。

アイライナーは自分がどんなアイメイクをしたのか、どんな雰囲気の目元にしたいかで選ぶのがポイントです。太さや描き方で雰囲気が変わるので、その日の気分で選んでもいいですね!

プチプラのアイラーナーの種類は?

リキッドアイライナー

https://www.photo-ac.com

リキッドアイライナーは細いラインが描けるので、目元をぱっちり見せたいときにおすすめです。

プチプラのアイライナーは、ブランドによって筆の長さや硬さ、滑らかさが違います。またリキッドの硬さも違うので、アイラインの描きやすさの好みがあります。また、ペンタイプのものや筆にとって使うタイプがあるので、初心者から上級者まで使い分けることもできます。

1000円以下のプチプラで買えるアイライナーが多いので、色々試してお気に入りを見つけましょう!

ジェルアイライナー

https://unsplash.com

近年人気があるのがジェルアイライナーです。ペンシルタイプほど硬くなく、リキッドほど柔らかくありません。

絵の具のような質感で細いラインも太いラインも描きやすく、長時間長持ちするのも特徴です。ジェルアイライナーもペンタイプとブラシにとって使うタイプがありますが、プチプラで買えるのはペンタイプが多いようです。

どのプチプラブランドからも発売しているので、まだ試したことがない方はぜひチャレンジしてみて!

ペンシルアイライナー

https://pixabay.com/ja/

ペンシルアイライナーはラインをぼかしたい時に使うのがおすすめ。ナチュラルメイクにしたいときに、まつ毛の隙間を埋めたり、下まぶたにぼかして影のようにしたりといろいろな使い方ができます。

ブランドによって芯の硬さが全く違います。また、リキッドやジェルのように発色は良くありません。

目元をはっきりさせたいときは柔らかめの芯を、ナチュラルな目元にしたいときは硬めの芯を選ぶのがポイントです。

ブランド別!おすすめのアイライナー特集

関連記事