職場あるある!?パワハラ上司の特徴を掴んで自分を守る対策を立てよう

あの部署っていつもピリピリしてない?いつも雰囲気悪いよね?なんて部署が職場にありませんか?もしかしたらそれは、パワハラ上司が原因かもしれません。真に受けていては心身ともに疲弊してしまいそうですが、上司である以上、従うしかないのでしょうか?今回はそんなパワハラ上司の特徴と、パワハラ上司から身を守ると対策をたっぷりご紹介してゆきます!

公開日:    最終更新日:

職場にいる困ったパワハラ上司の特徴

https://www.photo-ac.com/

あの上司苦手…あれってパワハラじゃないの?!部下になったらたまったもんじゃない!…なんて経験はありませんか?自分の身には起きていなくても、同僚が悩んでいて…ということもあるかもしれません。上司は選べませんし、異動や転勤などを機に、明日はわが身になる可能性もあるんですよね。

ここではそんな、気を付けておきたいパワハラ上司の特徴をご紹介します。これらの特徴を持つ上司に出会ったら要注意サインです!

パワハラ上司の特徴①人の前で叱責する

https://www.photo-ac.com/

同僚の目の前で、失敗をこっぴどく叱責する行為はパワハラ上司のよくある特徴のひとつです。それは、大失態をしてしまい、お説教をされてしまうというレベルではありません

とても細かいことでも、思うようにやらない部下を怒ったり、些細な揚げ足をとっては責め立てたりします。

わざと人前で叱責することにより、個人を吊るし上げるような怒り方をする上司には要注意です。

パワハラ上司の特徴②外面がよい

https://pixabay.com/

パワハラ上司の特徴2つ目は、外面がよいこと。自分より目上の立場の方や、外部の方の前では態度が急変!

部下思いのよい上司面をしたり、対人関係が良好な人のように振る舞います。その使い分けはまるで別人…。

そのため、いくら「パワハラに苦しんでいます!」と周りに訴えても、❝え?あんな良い人が?!それだけ怒らすことをした原因があるんじゃないの?❞と、パワハラ自体をなかなか周りに信じるもらえないなんてことも…。

パワハラ上司の特徴③認めてくれない

https://www.photo-ac.com/

仕事に対する評価基準が異常に高く、部下をそう簡単に褒めたり、認めてたりしません。

できて当たり前、認めて欲しいなら、もっとうならせるほどのことをしてみなさい!といわんばかりに、【自分が一番】といったスタンスです。かといって、相手ができるようになってくると、一層厳しく当たるようになってくるのでこれまた厄介…むしろ、「できるようになったのは私のおかげ!」という態度も特徴的。

パワハラ上司の特徴④機嫌で話す

関連記事