フレッシュな香りが心身を癒してくれる♪パインのアロマオイルが持つ効果・効能

フレッシュで爽やかな香りを持つパイン(松)ですが、そんなパインのアロマオイルにはさまざまな効果・効能があることをご存知でしょうか。心をリフレッシュさせてくれるのはもちろんのこと、風邪や皮膚トラブルにも効果を発揮するんですよ。そこで今回は、パインのアロマオイルが持つ効果・効能について詳しく解説していきます。

公開日:    最終更新日:

パインとはどのような植物?


http://girlydrop.com/beauty/1267

パインとは松のことです。木材として使われているイメージが強い方も少なくないかもしれませんね。パインのアロマオイルはすっきりとしたさわやかなバルサム調の香りが特徴です。今回はパインのアロマオイルを特集していきます。パインとのブレンドに適したアロマオイルも合わせてご紹介していくので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

パインの種類

一般的にパインは、非常に大きく30m以上にまで生育するマツ科の常緑針葉樹です。イギリスが原産ですが、現在ではヨーロッパ北部全域、アメリカ、カナダに広く見られています。

パインと呼ばれる精油にはいくつかの種類があります。ヨーロッパ・アカマツとも呼ばれるパイン・スコッチ、パイン・マリタイム、パイン・ブラックなど細かく分けると5種類ほど精油が使われています。中には取り扱いに注意が必要な種類も。特にドゥオーフパイン(別名マウンテンパイン)は皮膚刺激性がかなり強いため、アロマテラピーで使用すべきではないといわれています。

また、パイン・スコッチなど葉や実からエッセンシャルオイルを抽出するものは安全なのですが、木部から抽出されるエッセンシャルオイルもあり、質が悪く、アロマテラピーでの使用には不適合。似たような名前のエッセンシャルオイルがおおいので紛らわしいのですが、アロマテラピーに使用できるものであるかどうかを検証の上使用するようにしましょう。

パインのアロマオイルが持つ効果・効能


http://girlydrop.com/beauty/1345

パインのアロマオイルはリフレッシュ効果が高いので、気持ちをすっきりさせたいときや、気分転換がしたいとき、頭をクリアにしたいときなどに使用するのに向いています。パインのクリアな香りからは森林浴をしたいときのような効果が得られるため、気持ちが沈みがちで元気が出ないようなときに使うのもおすすめです。

また殺菌作用があるので、風邪や感染症予防に活用するのも良いでしょう。特に喉や鼻の諸症状を緩和させる効果が期待できます。抗炎症作用もあるので、お肌が荒れてしまっていたりニキビができやすかったりする方の、お肌のケアに使うのもおすすめできます。ただし敏感肌の方の場合刺激になってしまうことがあるので、あらかじめパッチテストを行うことをおすすめします。

シックハウス対策にも!

パインのエッセンシャルオイルは、すがすがしく心地よい芳香を持つ上に、優れた抗菌特性もあります。寝る前にアロマランプでお部屋に香らせれば、気分をすっきりとリフレッシュすると同時に、お部屋の空気を浄化してくれるという効果も期待できるのです。

パインも含め、ウッディ系のエッセンシャルオイルのほとんどに、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドを分解する極めて高い作用があることが、最近の研究で明らかになっています。パインを含むマツ科のエッセンシャルオイルもヒノキ科の精油と並んで高い効果を確認。いろいろな場面で、エッセンシャルオイルを建材に混ぜてシックハウス対策に役立てる研究が始められているそうですよ!

お子様がいらっしゃるお家や、空気に敏感な方々はぜひパインのエッセンシャルオイルをお部屋で焚いてみてくださいね。

パインのアロマオイルの効果的な使用方法

基本の芳香浴


http://girlydrop.com/beauty/1250

パインのアロマオイルの活用方法としては、基本は芳香浴がおすすめです。気分をすっきりとさせてくれるので、勉強や仕事の合間など、リフレッシュしたいときに香りを活用するのも良いでしょう。

芳香浴はアロマディフューザーやアロマライトを使用すると簡単です。そうしたアイテムがない場合でも、お湯を張ったボウルなどにアロマオイルをたらしたり、ハンカチやティッシュなどにしみ込ませたりするだけでも、芳香浴を楽しむことは可能です。芳香浴はとても気軽にできるアロマオイルの使用方法なので、ぜひ気軽に試してみてください。

アロマバス

お風呂にエッセンシャルオイルを加えて入浴時間を楽しむアロマバスもパインの効果的な使用法のひとつ。体が冷え切ってしまう冬や夏場の強い冷房の風が苦手な方は、パインの爽やかでぬけるような香りを感じながらゆっくりとお湯に浸かってみてください。フレッシュで心地よいパインの香りは、気分を前向きにしてくれて、カサカサと乾燥してしまった心身をリフレッシュしてくれます。

ただし注意点がいくつかあるので使用の際はご注意を!敏感肌の方に対してはまれに刺激になる場合があるため、2-3滴程度を目安に使い、香りがたたないからと過剰に入れすぎないように注意してご使用下さいね。少量のオイルであっても刺激を感じる場合は、少量のキャリアオイルや蜂蜜、ミルク、塩などに一旦パインのエッセンシャルオイルを溶かしてから浴槽に入れるとよりマイルドになりますよ。
(お肌に合わない方は無理に使用しないように!)

アロマスプレーを作るのもおすすめ


https://www.pakutaso.com/20180127019post-14875.html

風邪予防のために使ったり、お部屋の空気をリフレッシュさせたりするのに使える、アロマスプレーを作るのも良い方法です。お部屋をクリアな香りにしたいときや、気分転換したいときにシュッとするだけなので、かなり手軽に使うことができますよ。コンパクトなミストボトルに入れておけば、持ち歩きもできます。

アロマスプレーは精製水と無水エタノールを使って作ります。精製水や無水エタノールはドラッグストアなどで比較的安価に購入することができますよ。それらとアロマオイル(精油)を混ぜるだけなので、アロマクラフト初心者の方にもおすすめです。

パインと相性の良いブレンドにおすすめのアロマオイル


http://girlydrop.com/flower/5512

パインとのブレンドにおすすめのアロマオイル:ユーカリ


https://www.instagram.com/explore/tags/ユーカリ/

殺菌効果・抗菌効果の高いユーカリのアロマオイルは、風邪予防がしたいときなどにパインとブレンドすると、さらに効果がアップするのでおすすめです。またユーカリもすっきりとした清涼感のある香りなので、香りの相性も良いですよ。

ユーカリには「ユーカリラディアータ」「ユーカリグロブルス」「ユーカリシトリオドラ」があり、それぞれ香りが作用が異なります。「ユーカリラディアータ」「ユーカリグロブルス」は殺菌効果が高いので、風邪や感染症の予防、お掃除などに活用するのに適しています。「ユーカリシトリオドラ」はレモンのような香りが特徴で、殺菌効果などは弱めな分、防虫効果やデオドラント効果が期待できます。

ユーカリは妊娠中の使用はできないアロマオイルなので、妊娠中方は使用を避けるようにしてください。

関連記事