スポンサーリンク

【おひとりさま女性必見】独身が将来のために貯めておきたい貯金額は?
スポンサーリンク

おひとりさまにとって、将来のための貯金は大切なもの

https://pixabay.com/

日本の平均寿命はどんどん伸びている

日本人の平均寿命は、毎年のように伸びています。厚生労働省の「平成29年簡易生命表」には、男性81.09歳、女性87.26歳と紹介されています。

「高齢化率」と言う言葉をご存知ですか。65歳以上の高齢者が、そのエリアに住んでいる人口に対してどのくらいなのかを%で表したものです。平成27年度の高齢化率は27.3%と大変高く、日本は世界一の高齢者社会を迎えています。

高齢者の収入の柱である国民年金は支給額が年々減ってきているとか、支給開始年齢が上がるのではなどと、うれしくない話題ばかりです。国民年金は、もはや頼りがいがなくなってきています。長生きになった今、おひとりさまは自身の将来のためにしっかり貯金しなくてはなりません。

おひとりさまが将来のために貯めておきたい貯金額

おひとりさまの将来・老後に必要な費用はどれくらい?

おひとりさまと言っても、状況は人それぞれです。夫と死別したのか、離婚したのか、それとも未婚なのか。死別の場合は遺族年金が、離婚だったら夫の厚生年金の一部がもらえるかもしれません。

また、住んでいる家が賃貸か、持ち家なのかでも老後資金の必要額は違ってきます。仮に、持ち家に住んでいて住宅ローンはない65歳のおひとりさまAさんがいたとします。

平均寿命の88歳まで生きると仮定して、月々の生活費を約12万円とします。12万円×12カ月×23年で3,312万円となります。葬式代(家族葬でお金をかけない)や死亡後の自宅の片づけ代を約200万円、外壁などの家のリフォーム代を約300万円とします。合計すると、3,812万円です。

年金定期便から88歳までの年金の合計額をだします。退職金があるなら、年金の合計額にたしてください。二つの合計金額と上記の3,812万円の差額が、おひとりさまの将来必要なおおよその貯金額になります。

おひとりさまの毎月の平均貯金額

https://pixabay.com/

おひとりさまは、いったいどのくらい貯金をしているのでしょうか。気になるところですね。

金融広報中央委員会の2018年の貯金データをみてみましょう。下記は、20歳以上70歳未満の全国2,500世帯の男女の単身世帯を対象に調査した結果です。

金融資産保有世帯の金融資産保有額は、平均値は 1,234 万円と前回(1,771万円)比減少した。また、中央値は 350 万円と前回(600 万円)比減少した。

金融商品別の構成比をみると、預貯金が 41.7%、有価証券(債券、株式、投資信託)が30.9%と前回(各 47.3%、34.5%)比低下した。他方、生命保険が 9.6%、個人年金保険が9.1%と前回(各 6.6%、6.6%)比上昇した。

中央値って一体?

「中央値」とは、数値を小さい順に並べてみた時にちょうど真ん中になる値です。とびぬけて高い貯金額の人がいると平均も高くなります。

この調査によると、貯金額は1,234万円。資産の内訳は、やはり預貯金が一番多いですね。次が株式などの有価証券です。生命保険や個人年金保険を資産として持つ人が増えてきているようです。

老後のための貯金額を備える方法とは?

https://pixabay.com/ja/

給与を毎月こつこつ貯めるのが一番堅実な方法でしょう。ネット銀行は他の銀行より定期預金の金利が高めです。預ける銀行の情報も大切ですね。

保険会社の貯蓄と保障を兼ね備えた、個人年金と低解約返戻金付き終身保険もおすすめです。保険料を払っている間は所得税や住民税が軽減される「生命保険料控除」が利用できます。

保険会社の個人年金は、契約時に設定した金額が必ずもらえます。一生涯もらえる終身年金と、支給される期間が限定される確定年金があります。

低解約返戻金付き終身保険は、決められた期間までに解約してしまうと返戻金は元本のおよそ7割になります。しかし、払い込む一定期間が済むと、解約返戻金は100%を超え、増えていきます。

解約してリホームの費用などにしたり、終身保険として自身が亡くなった時に遺族に後始末をしてもらう費用にしたりできます。

株式投資でお金を増やす方法もありますが、リスクを考慮して余剰資金内で投資するのがいいのではないでしょうか。

しっかり備えて、ゆとりある将来に!

https://pixabay.com/

日本は、現在4人に1人が65歳以上。将来その割合はもっと増えるでしょう。年金制度や医療制度を維持するために、自己負担が更に増える可能性があります。

上記の将来の必要額の試算には、交際費や病気になった時の備えを入れていません。おひとりさまが高齢になった時に、どうおつきあいをしていくか、個々の考え方で交際費は違ってきます。病気になった時の備えも医療保険に上手にはいっているか、いないのかで違ってくるからです。

お金以外にも備えておきたいものがあります。第一は健康。おひとりさまは、筋力や体力を維持する必要度はより高いです。二つ目は、信頼できて何でも話せる友人です。三つ目は、生活を潤わせる趣味ではないでしょうか。

おひとりさまは頼りにできる夫や子供がいない分、将来の備えはきちんとしたいですね。でも貯金だけでなく、元気に楽しく人生を送れるための自己投資も忘れないでください。

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っています。

スポンサーリンク