スポンサーリンク

【年齢の壁を突破する!】50代男性が再就職を成功させるためのポイント
スポンサーリンク

おすすめ①:介護・福祉関係の仕事


https://www.pexels.com/

最初にご紹介するおすすめの職業は、「介護・福祉関係」です。高齢化がどんどん進む日本社会において、介護・福祉関係の職業は需要が高まる一方なので、再就職しやすいのです。未経験・無資格からでも働くことができるのも、メリットとしてあげられる一方、キャリアを形成しやすいのも魅力です。

最初は、無資格からスタートし、その後経験と勉強を積みながら、介護福祉士やケアマネジャーなどの資格を取得していくと、キャリアアップも叶いやすいです。

介護職は体力的にも精神的にも大変なことが多いとマイナスのイメージが大きい仕事ですが、一方でやりがいを感じながら働ける仕事であります。

現場では40、50代も多く活躍しており60歳以降も勤務可能な施設も多くあります。また女性が活躍しているイメージの介護職ですが、近年は男性の介護士が増加する傾向にあり、男女共に活躍の場が広い職業なのです。

あなたの再就職先リストに、介護・福祉関係の仕事を検討してみるのはいかがでしょうか?

おすすめ②:警備関係の仕事


https://www.pexels.com/

警備員、交通誘導員などの警備関係の仕事は、随時募集しているところが多く採用率が高いことが特徴です。日給でお給料が決められているところが多く、未経験者も含め、幅広い年代の人が活躍しています。

警備員の平均年齢は49.5歳であり他の職種よりも高めで定年退職後の60歳以降の方も多く働く仕事であります。特別な知識やスキルが必要ではないのですが、長時間立ち続けることもあるので体力面の考慮は必要です。責任感の強い方や冷静な判断ができる方、親切な対応ができる方などに向いている職種といえます。

おすすめ③:営業関係の仕事


https://www.pexels.com/

50代でも再就職しやすい職業として「営業職」があげられます。実は、転職サイトには、50代未経験でもOKの営業職の募集が多くみられ、正社員・契約社員共に募集があります。

営業職には大きく分けて、「法人営業」、「個人営業」、「代理店営業」の3つに分けられ、業界の種類も様々です。営業職未経験であっても、50代だからこそ、これまでに培ったビジネススキルを活かして、説得力のある営業ができることが期待されています。

また、営業職には、コミュニケーション能力やヒアリング力がポイントになることが多く、ビジネスにおいて長い経験のある方は、好まれる傾向にあります。精神面も体力面も大切な職業ですが、未経験者も受け入れてもらいやすいのが魅力です。

営業職の経験がない方も、再就職を機にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

50代での再就職を成功させるためのポイント

これままで、50代の再就職において、求められる知識やスキル、再就職しやすい職業についてご紹介しましたが、こちらでは、再就職を成功させるためのポイントについて説明していきます。下記の内容を参考にし、再就職を成功させましょう!

スポンサーリンク