スポンサーリンク

【年齢の壁を突破する!】50代男性が再就職を成功させるためのポイント
スポンサーリンク

ポイント①:人脈を使って再就職先を探そう!


https://www.pexels.com/

最初にご紹介するポイントは、「人脈を通して再就職先を探す」です。50代であれば、これまでのキャリアを通して、様々な人に出会っているはずです。そこで、これまでに築いた人脈を通して、自分のスキルや希望にあった再就職先を紹介してもらうのはいかがでしょうか?

50歳という年齢と共に築き上げてきた人間関係は、若い世代にはない武器ともいえます。また、知り合いを通すのと、採用窓口を通して行う再就職活動は、もちろん前者の知り合いを通して行った方が有利ともいえます。

一度知り合いから仕事を紹介されると断りにくいという考えもありますが、事情をきちと話せば相手もあなたのことを理解してくれるはずです。あなたをよく知る友人・知人からの紹介であれば、マッチング度の高い再就職先が見つかる可能性も高いでしょう。

ぜひ、人脈を通しての再就職活動を試してみて下さい。

ポイント②:求人の多い業界・業種・職種を選ぶ!


https://www.pexels.com/

続いてのポイントは、「求人の多い業界・業種を選ぶこと」です。もちろん、求人が多い分、その業種や職種に縛って再就職活動を行えば、採用される可能性も高くなります。

これまでと同じ業種・職種を選ぶのであれば、今まであなたが築き上げたキャリアが何よりの武器になりますし、再就職において有利になります。

しかし、これまでしてきた仕事と全く違う業界・職種を選ぶのであれば、求人の多い(=需要の高い)業種・職種で再就職活動をすることをおすすめします。これまでとは違う業種や職種で再就職するということは、これまで仕事におけるキャリアが30年あろうと、関係ありません。ゼロからのスタートになるのです。そのため、競争率の高い人気の業種や職種ではなく、求人の多いものに的をあて、再就職活動を行うのが成功への鍵となります。

ポイント③:中小企業やベンチャー企業を狙おう!


https://www.pexels.com/

続いてご紹介するポイントは、「中小企業やベンチャー企業を狙う」です。転職活動をされている方もしくは経験のある方ならば、既にご存知の方も多いかと思いますが、実は中小企業やベンチャー企業は、年齢を問わずに人材を探しているケースが多いのです。つまり、50代の男性も積極的に採用しているのです。

こうなると、50代の再就職への成功の近道は、中小企業やベンチャー企業にあるともいえます。また、中小・ベンチャー企業は、大企業に比べると人材不足のため、日本の会社に古くから伝わる年功序列型の考え方にとらわれず、必要な経験・スキルを持つ人を積極的に採用する傾向が強いのです。こうなったら、中小企業やベンチャー企業を狙わない手はありません。

現在再就職活動中、もしくは再就職を検討している50代の方は、ぜひあなたの再就職先の候補に、中所企業とベンチャー企業を入れて下さい。

スポンサーリンク