【健康は良い睡眠から】50代にベストな睡眠時間と、質の良い睡眠の取り方

「50代になってあまり深い睡眠ができなくなった」「寝ても疲れが取れなくなった」という方はいませんか?若い頃には多少睡眠が足りなくても何とかなるものですが、歳を重ねてくると少しの睡眠不足が体調に大きく響いてくるようになってしまいます。ベストな睡眠時間を取れるよう、しっかりと対策をしていきましょう。

公開日:    最終更新日:

年齢によってベストな睡眠時間は変わる!

50代からは不眠の悩みが増えがちに

https://pixabay.com/ja/

そもそも、50代になると質の良い眠りにつける人が少なくなるのは何故なのでしょうか?若い頃は、まるで眠り姫のごとく何時間でもぐっすりと眠ることが出来たのに…。

年を重ねるにつれ、夜中に目覚めてしまうこともしばしば。疲れを取る為に早めに布団に入ってはみたものの、なぜか寝付けずに早朝をむかえてしまったり…。

このような状態が続くと、心と体に悪影響を及ぼす可能性があります。

深い眠りと浅い眠り

「ノンレム睡眠」と言う言葉を聞いた事はありませんか?

ぐっすり眠れる人は深い眠り「ノンレム睡眠」に入っていて、脳を休ませている状態を長く保つことが出来ているのです。熟睡していると言っても良いでしょう。

これとは逆に浅い眠り「レム睡眠」があります。こちらは何かがあるとすぐに目が覚めてしまうので、脳が休んでいるとは言えません。少しの音や、気温の変化、明るさの調整などでも目が覚めてしまうのです。

50代になると、この浅い眠りの方が増加してしまう傾向がある為、7時間ちゃんと眠っているのにスッキリと目覚めないのは脳が休んだ状態になっていないからなのです。

浅い眠りが増加する理由とは?

https://pixabay.com/ja/

人は、脳を休ませてあげない状態で眠ると、体調に良くない影響を及ぼすことが分かっています。では、50代になると浅い眠り(レム睡眠)が増えてしまうのは何故なのでしょう?

残念ながら、その理由についてはまだ解明されていません。しかし、いくつかの要因があると言われています。

①睡眠ホルモン(メラトニン)の減少

あまり聞きなれない言葉かも知れませんが、メラトニンは良い睡眠を取る為の大切なホルモンです。夜にかけて分泌量が増える為、眠くなる作用を引き起こしたり、疲れを取り、老化防止などにも効果を持っているのです。

睡眠に重要なこのメラトニンは、年齢を重ねていくとその分泌量が減少してきます。これにより、50代の頃になると不眠になるケースが増えてしまうのです。

②体内時計(生活習慣)の乱れ

一般的に、人は昼間は起きていて夜は眠りにつくものです。これは脳にある「体内時計」によって、1日のリズムが決まっているためです。

では、どの様な人が体内時計のバランスを崩しやすいのでしょうか?

主に、交代制の仕事などで夜勤をしている人、また夜中まで照明などの光を多く浴びて起きている人などが当てはまります。本来は夜になるとメラトニンにより眠くなるはずなのですが、体内時計が乱れているために1日のリズムに狂いが出てきてメラトニンの分泌が低下してしまい不眠になってしまうのです。

50代の多くが生活習慣の改善を必要としています。

③運動不足

体を動かした後は、疲れてぐっすり眠れることが多くありませんか?

実は運動を継続する事により、「余波睡眠」と言われる深いノンレム睡眠が増加することが分かっています。成長ホルモンの分泌により細胞が修復されるので、質の良い眠りを取ることが出来るのです。

ですから、普段全く運動しない人は、たった15分ほどのウォーキングを毎日続けるだけで、不眠の改善に繋がっていくのです。

50代になると意識して体を動かす、または運動をする人と、全く運動をしない人のどちらかに分かれてしまう傾向が見られます。

年齢によってベストな睡眠時間は変わる!

関連記事