子供を作らないという選択。なぜ子供なしの人生を選んだのか

結婚したら子供を持つのは当たり前という風潮が、一昔前はあったように感じます。しかし最近では、選んで子供を作らない夫婦も増えてきていることをご存知でしょうか?むしろ、現代では「子供はまだなの?」なんて聞くこと自体、タブー化している一面も。今回はそんな子供を作らない選択をした夫婦の意見にフォーカスしてみました。

公開日:    最終更新日:

子供を作らない選択をする夫婦が急増している

結婚しても子供は欲しいと思わない。そんなことを公言したら、「欲しくてもできない人もいるんだから!」「少子化が問題になってきてるのに!」と批判されそうな現代の日本。

生き方の多様性がある現代の日本では、結婚しても子供を作らない選択をする夫婦、いわゆる【DINKs】も増えてきているのです。本人たちが望まないのであれば、誰も否定できるものではありません。

ここで少し、子供を作らない夫婦の意見をチェックしてみましょう。

★参考リンク:【DINKs】とは?
https://ja.wikipedia.org/wiki/DINKs

子供を作らない理由①日本の将来が不安過ぎる

https://pixabay.com/

現代の日本は少子化が進み、高齢者を支える年金制度もかなりの逆ピラミッド状態。若者の負担が非常に増えてきています。しかし、そんな日本だからこそ、子供を作らないという夫婦も増えているのです。

ただでさえ税金に追われる生活を、現代の方はしている面がありますよね。今後の日本の経済に不安しかないので、生まれてきても、子供が国の窮地を背負わないといけないのであれば、幸せなんだろうか?という疑念があるようです。

子供を作らない理由②経済的な余裕のなさ

https://www.pexels.com/

児童手当があるとは言っても、税金が上がる一方の日本の経済事情では、自分たちの生活でいっぱいいっぱいで、子供を持つほどの金銭的余裕はない!という意見もあります。

非正規雇用の方もここ数年減少傾向にあり、正社員であったとしても平均収入も一時期よりも持ち直してきているとは言え、消費税率アップなども手伝い決して収入が上がったとは言えません。日本の経済と少子化は関係しているのでしょうね。

子供を作らない理由③仕事を続けたい

https://www.pexels.com/

働く女性が子供を持つということは、かなりハードルが高いものです。いくら男性が育休に協力をしてくれたとしても、母親にしかできないことがあります。そうなると、どうしても女性が休みを取らなければなりません。

しかし仕事が大好きな女性もいますし、一度休むと遅れを取り戻しづらい業界もあるものです。

それほど大好きな仕事を持っているのであれば、子供を作らない生き方を選択するのもひとつの人生ではないでしょうか。

子供を作らないことのメリット・デメリット

「子供は絶対にいる方がいいよ!」という意見はある中でも、子供を作らないと決めた夫婦。もしかしたら、ご両親からも孫が見たいなんてプレッシャーの言葉もあったかもしれません。

しかし、子供を作らないことを決めたのは、❝そっちの方が自分たち夫婦にとってはよい選択だ❞と思ったからなはずです。

では実際に、子供を作らないがために発生するメリットとデメリットにはどのようなことがあるのでしょう?

関連記事