膝が汚いのは女子失格!?短期間で膝をきれいにする裏技

膝が黒くなってカサカサ…汚くなる4大原因!

どれだけ細くてスタイルがいいモデルさんがいても、膝が黒ずんでいたりカサカサとしていたら「もしかしたら…年上なのかな?」「おばさんっぽい」などと老けて見られたりする原因になります。

細さや脱毛などのケアだけでなく、膝や肘の黒ずみを適切にケアするのが女性らしさと若々しさを演出する近道です!

膝の汚い黒ずみの原因1:生活習慣

汚い膝に見える黒ずみの原因1つ目は生活習慣にあり、黒ずみの原因の7割がこの原因です。

皮膚への刺激や摩擦は、非常にやっかいです。よく膝をついてしまう仕事をしている人や足を組む癖がある人などは、特に要注意!

手足の中でも膝・肘は、机や床に触れる機会が多いですよね?

さらに皮脂腺が少なく、皮脂・汗が出にくい場所です。その関係で肌を保護する力が弱くなり、乾燥しやすいため、上記のような姿勢が日常的に続いていると、そこから発生する摩擦で肌内部炎症が起きるのです。この炎症が、「メラニン」という色素沈着を発生させ、皮膚が黒っぽくなります。

しかし炎症後にできる色素沈着は、速攻で黒ずみに変化するわけではなく、同じ個所に同じ刺激を与え続けたことの結果です。

そして摩擦から膝を守ろうとして膝の角質が厚くなってしまい、肌の角質が変わるサイクルが間に合わなくなってしまったのです。つまり蓄積された古い角質が、皮膚のシワの間に汚れが溜まっている状態になります。

汚い印象やカサカサしているように見える原因は、この生活習慣を改善する必要があります。

因みにですが、炎症起こしたまま放置していると「過剰角化」が進行し、それがま黒ずみをさらに目立たせてしまいます。極力、膝に刺激を与えないように、日ごろから意識してくださいね。

また、普段の食生活で野菜・果物を摂らない人も要注意です。黒ずみが悪化するのは、ビタミン不足というのも考えられています。自分の生活を今一度、振り返ってみると意外な落とし穴が見えてくるので、一つづつ変えていきましょう。

膝の汚い黒ずみの原因2:血行不良

膝が汚く見える黒ずみの原因2つ目は、血行不良の可能性もあります。顔や体もそうですが、皮膚のターンオーバーを促すために血行をよくする必要があります。

夏の暑い日や、疲れて帰宅した日などはシャワーでササッと済ませがちですが、体の冷えを防止するために湯船に浸かって血行をよくするのも膝をきれいにするポイントです。

夏場は冷たい飲み物を摂り過ぎになりがちなので、そのせいで体内の新陳代謝が悪くなる可能性もあります。

秋冬は湯船に浸かるとは思いますが、お風呂の入り方やケアの仕方を間違えていると、血行不良は改善されません。むしろ、どんどん新陳代謝は下がっていく一方です。

さらに言えば、新陳代謝は年齢とともに悪くなります。

新陳代謝が低いと、当然ですが乾燥しやすくなり、ザラつきも目立ちます。

お風呂のあとのケアは、保湿が何より大事なので、ボディクリームやオイルでのお手入れをするときは、膝にも意識を向けてみてくださいね。

皮膚のターンオーバーを促すためにも、血行を促進させて、新陳代謝アップさせることが必要不可欠です。

膝が汚い黒ずみの原因3:ファッション

実は衣服による摩擦も、原因の一つとして挙げられています。

中でも、人気のファッションアイテムであるスキニージーンズも、実は膝の黒ずみの原因になっています。

意外と見落としがちなのですが、衣服の摩擦・圧迫による炎症で、メラニンが発生するのです。

姿勢にもよるのですが、スキニージーンズはパンツ類の中でも非常にタイトなシルエットなので、歩くだけで膝が中で擦れてしまい、角質が厚くなってしまう可能性があります。

さらに角質の問題だけでなく、擦れることで発生する傷・炎症に気づかずに放置したままだと、スキニージーンズを穿いて動くたびに、膝部分のメラニンが増えてしまいます。

つまり、その増えてしまったメラニンが、黒ずみとなってしまうのです。

このような摩擦で膝を痛めて傷つけてしまうことのないように、ジーンズを着用する際は、なるべくゆとりのある物を選択するのが無難です。

サイズがキツめのパンツは極力避け、肌触りの良い素材のパンツを選んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました