【離婚を考えている男性へ】もう一度考えて。男性が離婚を後悔するとき

シングルマザーの貧困問題に代表されるように、離婚後の女性についてのニュースや報道は多いのですが、男性に関する報道は少ないように感じます。男性が離婚をしようとする際に、どんなことが起きるのでしょうか。判断を間違えば、離婚を後悔することもあります。ぜひ参考にして、後悔のない決断をして下さい。

公開日:    最終更新日:

離婚は男性にとってもリスクがある

https://www.pakutaso.com/

離婚は結婚の100倍大変だ、という言葉をご存じですか。

結婚は、婚姻届一枚を出せば可能ですが、離婚はそう簡単にはできません。財産分与、慰謝料が必要な場合もあります。子どもがいれば、親権、養育費、面会交流など、乗り越えなければいけない壁がたくさんあります。

また、離婚したシングルマザーの貧困問題は、ニュースや新聞でたびたび取り上げられ、社会問題になっています。

一方、定職についている男性が離婚後、経済的に困窮するということは、子どもを引き取ったとしても、養育費の支払いがあったとしても、女性よりは、少ないはずです。

男性にとって、経済面からすると、離婚のリスクは低いといえます。

実は、男性にとって、精神面へのダメージが強いことがリスクなのです。

一人暮らしになれば、自分で身の回りのことをこなさなくてはいけません。

乱れた食生活、過度の飲酒や喫煙は、生活習慣病のリスクを高めます。

仕事で疲れて帰っても、話し相手はいません。今までと、勝手が違い、ストレスも溜まるでしょう。

毎日子どもに会えない寂しさに、耐えきれず、離婚を後悔するかもしれません。

また、シングルファザーになることを考える男性もいるでしょう。

仕事をこなしながら子育てをするのは、実家の両親など、周囲の協力がなければ、成り立ちません。

母親のいない子どもの心のケアにも、気を配らなければなりません。

男性にとっての離婚のメリット・デメリット

男性にとって離婚は、どういうメリット・デメリットがあるのでしょうか。気持ちを落ち着けて考えた上で、後悔のないよう、しっかりとした結論を出して下さい。

まず、離婚のメリットから紹介します。

ストレスから解放される

https://www.pakutaso.com/

世帯主でもある男性は、一家の大黒柱とも言われています。自分が稼がなくてはいけない、というプレッシャーは常にあったはずです。

仕事でつらいことがあっても、また職場の人間関係が悪くても、家族の生活のために、我慢してきたこともあったでしょう。

離婚して、一人になった後は、プレッシャーから解放されます。養育費などの費用は確保する必要がありますが、やりたいと思う仕事に転職したり、また店を持つなど、夢を叶えることだって、できるかもしれません。

家庭という縛りから解放されて、自分のやりたいように生きられる。そういう自由を手にいれることができます。もっと早く離婚すればよかった。そんな後悔をするかもしれません。

お金を自由に使える

https://www.pakutaso.com/

家庭を持っていれば、夫である男性が自由に使えるお金は、少ないものであったかもしれません。

住宅ローン、子どもへの教育費をはじめ、毎月の光熱費、食費など、家族を養っていくためにかかるお金は多額です。また一家の大黒柱として、高めの生命保険料を払うこともあります。

独身に戻れば、養育費の支払いは必要ですが、自由に使えるお金は、確実に増えるでしょう。

今まで、飲みに行くのを我慢した日もあったでしょう。これからは、時間を気にすることなく、飲むことができます。少々散財したとしても、後悔なんてしないかもしれません。

関連記事