スポンサーリンク

オシャレは足元から!50代からの靴選びのポイントとオススメのシューズブランド
スポンサーリンク

年齢が上がるにつれて、若い頃の靴が履けなくなってきてしまう

  • 年齢が上がったら昔履いていた靴が足に合わなくなった
  • ファッションと合わなくなったような感じがする
  • 50代になったらどんな靴を選んだら良いのかよくわからなくなった

このように思っている50代の方は少なくないのではないでしょうか。

年齢によって似合う洋服やファッションアイテム、ヘアスタイルにメイク等が異なるように、似合う靴も変化していくものです。

今回は50代の方向けに、靴選びをする際にチェックしたいポイントをご紹介していきます。

50代からの靴選びのポイントを解説!

現在のファッションに合っているか?

 

50代の靴選びのポイントは、まず「現在のファッションに合っているか?」を考慮することが大切になります。

50代のファッションに20代の頃のファッションに合わせていた靴を合わせるのは、見た目もアンバランスになってしまいます。現在のファッションとマッチするデザインの靴を選ぶのが大事なポイントです。

靴は自分の足に合っているか・履き心地は良いか?

また履き心地もとても重要なポイントになります。若い頃であれば「デザインが好きだから」「自分のファッションやスタイルに合うから」とデザイン重視で靴を選ぶことも少なくないと思います。

でも疲れやすくなったり転びやすくなったりする50代以降では、靴選びをする際には、

  • 自分の足の形やサイズに合っているか
  • 長時間歩いても疲れないか
  • 足が痛くならないか

など、より一層重視する必要が出てきます。健康のためにも、ぴったりの靴を選ぶようにしてみてください。

質の良い靴を大事に履くようにする

ファッションがどんなに素敵でも、足元ですべてのコーディネイトが台無しになってしまうことがあります。そう、50代女性似合う質の良いお値段の高そうな服に安っぽい靴というファッションは、残念な印象になってしまうのです。

そのくらい靴の質というのはファッションの大切なポイント。50代の女性でしたら、それなりのお値段の靴を選ぶようにしましょう。

「そんなに靴にお金をかけられない」という人もいることでしょう。でもちょっと考えてみてください。20,000円する靴を買ったとしましょう。ほとんどの女性がこの値段の靴ですと、”高い靴”と認識するでしょう。

しかし、それなりのお値段の靴は良くお手入れをして修理に出してあげれば、5年くらいは軽く履くことができるのです。そうすると、1年にこの靴にかかったランニングコストは4,000円。こう考えると、ちょっと買うときにお金はかかりますが、本当に気に入った質の良い靴を買うのもコストパフォーマンスとしては悪くないですよね。

50代女性でしたら、洋服だけでなく靴にも気を配ることで、上品なファッションを目指したいものです。

フットワークが重くならない靴を選ぶ

50代ってやりたいことはたくさんあっても、更年期の影響もあって思うように動けないことがあります。体調は仕方がないにしても、それ以外のことでやりたいことが妨げられることがないようにしたいもの。

そう、無理にヒールの靴やお洒落なデザインではあっても足に合っていない靴を履いていることで、「足が痛くてもう歩きたくないから、まだ寄りたいところがあるけど今日はやめ」なんてなってしまったら、それは残念なことです。

活動的ではつらつとしていることができるように、長時間歩いても疲れない、足に合った靴、かつ50代女性のファションに合った靴を選ぶようにしましょう。これで背筋を伸ばしてシャキッと歩くことができ、歩く姿も美しく見えます。

50代になったら履くべきではない靴は?

50代になったら避けたい靴:ピンヒールや厚底靴

脚をきれいに見せてくれるピンヒールのパンプスや、ころんとしたフォルムが可愛らしい厚底靴などは、50代になったら卒業することをおすすめします。

ハイヒール、特に安定しにくいピンヒールの靴などは、足がつかれてしまったりする原因になります。体力のある若い頃は何とかなっても、大人になるにつれてハイヒールで長時間歩くのはつらくなってくるもの。

履いていて苦しくなったり足が痛くなったりする靴は、いくらファッションに合っていたとしても、足のためには良くありません。ヒールが高めの靴を履くにしても、できれば安定感のあるヒールが太めのものなどを選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。

また近年再ブームが訪れている厚底靴も可愛らしくて魅力的ですが、転びやすくなる上に50代女性の大人のファッションとはあまり相性が良くないので、できれば避けたいところです。

大人の女性だからこそ履きこなせる、上品なフォルムの靴を選んでみてはいかがでしょうか。

50代になったら避けたい靴:あまりに安すぎる価格の靴

それなりの年齢になったら、あまりに安価すぎる靴も避けたいところです。若い頃はリーズナブルな靴でも可愛く見えるものですが、大人になったら品質の良いものを見につけるようにしましょう。

靴は丁寧にお手入れすれば長く愛用することも可能なので、50代で選ぶ靴はできるだけ品質と履き心地の良いものを選ぶようにしましょう。長く履けるものであれば、ややお値段が張ったとしても、結果的にはコストパフォーマンスが良くなるのです。自分の足にしっくりくるものを、厳選して選んでみてください。

シンプルなデザインのものなら、色々なファッションに合わせやすく、活躍の場も広がりますよ。

50代の方にオススメな靴のブランド

50代女性におすすめの靴ブランド:ダイアナ

幅広い年齢の女性から支持されているダイアナは、定番人気の靴ブランドです。幅広いアイテムが揃えられているので、50代の女性にもおすすめです。

ダイアナの靴はシンプルかつ上品なデザインのものが多いため、オフィス用やフォーマル用の靴を探している方にも。流行に左右されにくい、良い意味でベーシックな靴は、長く愛用することはできると思いますよ。

価格も10000~20000円程度のものが中心なので、購入しやすいです。

50代女性におすすめの靴ブランド:フェラガモ

憧れブランドのフェラガモの靴は、自分へのプレゼントとして購入したいアイテム。

お値段はサンダルでも40000円以上のものが基本なのでお高いブランドではありますが、大人の女性になったからこそ履きこなすことができるような、上質で高級感あふれるデザインのものが揃っています。

靴からおしゃれを取り入れたいというファッションにこだわりのある方は、ぜひ検討してみてください。

50代女性におすすめの靴ブランド:卑弥呼

この投稿をInstagramで見る

卑弥呼(@himiko_shoes)がシェアした投稿

シンプルなものから個性的なものまで、幅広いデザインの靴が取り扱われている卑弥呼は、20代~50代以上の幅広い年齢の女性から人気のある靴ブランドです。

購入しやすい価格帯と、様々なファッションに対応させることができるデザインの豊富さが嬉しいですね。

「On Rouge(elegance卑弥呼)」という、より大人の女性向けのデザインの靴がそろったラインもあるので、そちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

50代女性におすすめの靴ブランド:リーガル

リーガルは50代以上の女性から人気のある、日本の靴ブランドです。比較的リーズナブルで手が出しやすいため、デイリー使いするための靴を購入するのに手適しているブランドであるとも言えるでしょう。

リーガルの靴の魅力は、何と言っても履き心地の良さです。足が疲れにくく歩きやすさを考慮したタイプの靴が揃っているので、足が痛くなりやすい方や、長時間歩いたりすることが多いという方には、とくにおすすめのブランドとなっています。

デザインは定番かつシンプルなものが多いため、色々なファッションに合わせることができそうです。

50代女性におすすめの靴ブランド:fitfit(フィットフィット)

「外反母趾にも、やさしいくつ」がコンセプトの靴のブランド、fitfit(フィットフィット)。外反母趾の人はもちろん、靴を履くと足が痛くなる、なかなか足に合う靴がない、そんな人にもおすすめしたいブランドです。

フィットフィットは、DoCLASSEという40代50代と年齢を重ねてさらに輝く大人の女性向けの洋服ブランドの、靴のブランド。ですから、50代女性のファッションに似合うデザインの靴がそろっています。

大人になったからこそ、できるお洒落!ファッション通販サイト 「DoCLASSE(ドゥクラッセ)」

外反母趾向けの靴って、幅広で地味なデザインと色合いのものが多いように感じます。

しかしフィットフィットは、外反母趾の人が履いても痛みを感じない靴を目指しつつ、見た目にも美しい靴を目指しています。しかも靴自体が細身に、美しく見えることにこだわっています。

そのデザインは豊富で、50代女性の日常活動の色々な場面で使うことのできる靴が幅広く揃っています。仕事に使うことのできるシンプルなパンプス、カジュアルなサンダル、レインシューズやスニーカーがあります。きっとお気に入りの一足が見つかりますよ。

大人になったからこそ、できるお洒落!ファッション通販サイト 「DoCLASSE(ドゥクラッセ)」

50代女性におすすめの靴ブランド:コールハーン

この投稿をInstagramで見る

ゆりはん(@yurihan622)がシェアした投稿

コールハーンはアメリカのブランドで、品質の良さが魅力的です。

レディースパンプスだと40000円前後のものが主流で、普段使いしやすいものから、フォーマルファッションにも合わせられるデザインのものまで、様々なタイプのアイテムが揃っています。

洗練されたデザインと流行に左右されにくい上品さが魅力で、世代を問わずベーシックで上質なものを求めている女性から支持されています。

50代女性におすすめの靴ブランド:銀座ヨシノヤ

創業1907年、100年を超える歴史のある日本の高級婦人靴ブランド『銀座ヨシノヤ』。人気の秘密は、足幅と足長、足囲を組み合わせたサイズ展開。創業から”履きよい靴”を提供してくれています。

社内に「銀座ヨシノヤ・フィッター制度」があり、足を測定してくれ、足に合った靴を提案してくれます。どんな靴を履いても足が痛いなんて人は、一回『銀座ヨシノヤ』で足を測定してもらって足に合った靴を探してみるのはいかがでしょうか?

落ち着いたデザインが多い『銀座ヨシノヤ』ですが、50代女性のファッションに合う、そして足が痛くならない歩きやすい靴がそろっています。

50代女性におすすめの靴ブランド:銀座かねまつ

銀座6丁目に本店を構える、『銀座かねまつ』。エレガントな靴から履きやすい靴まで、その品ぞろえとデザインの豊富さが魅力です。甲が薄く足幅の細い人、甲が高区足幅の広い人向けなど、様々な足のサイズに合った靴を展開していますので、足に合う靴がない、という50代の女性は是非こちらで探してみましょう。

ヒールが高めのパンプスも展開しており、オフィスファッションに合わせて足の痛くならないヒールのあるパンプスを探している、という人におすすめです。

究極に自分の足に合う靴を探している、というのなら本店にある「クチュリエ」で、自分に合ったシューズをオーダーすることもできます。シューフィッターのアドバイスを受けて自分に合ったパンプスを選び、ヒールの高さや素材も選ぶことができます。

50代女性におすすめの靴ブランド:Tod’s(トッズ)

スポンサーリンク