ストップ肌荒れ!スキンケアと食べ物でケアして美肌を作る方法

肌荒れを防ぐには、肌のバリア機能を強化するという方法が最も適しています。肌荒れは一度起こしてしまうと癖になりやすく、その都度ケアするのも大変。そうなる前に、日頃のスキンケアや食べ物を見直する必要あり!いつもきれいな肌を目指しましょう。

公開日:    最終更新日:

肌荒れの原因は?

食べ物やマスクなどの繊維による摩擦や刺激、間違ったスキンケアが肌荒れを起こしてしまう原因。

それぞれの原因を詳しく解説していますが、思い当るポイントがあるという人は見直しの余地ありですよ。

間違ったスキンケアが肌荒れを加速させる!

https://unsplash.com/

自分の肌質に合っていないスキンケアを続けていると、肌の乾燥が加速して肌荒れを引き起こしてしまいます。

特に、夏のような暑い季節は汗をたくさんかくので、毛穴も目立つしべたつきやざらつきが気になって角質ケアに一生懸命。

このようなスキンケアの方法は、皮脂の分泌が多い思春期ならともかく、皮脂分泌が少なくなってくる20代以降は注意が必要ですよ。

角質には、肌の水分が逃げないように保護してくれているセラミドというものがあります。

このセラミドがバリアの役目をしてくれているおかげでお肌は潤って、肌トラブルを回避出来ているわけです。

ところが、角質を必要以上に剥ぎ取ってしまうスキンケアを続けていると、必要な角質まで無くなってしまい、セラミドは剥がれ肌の乾燥を一気に加速させてしまいます。

バリアの機能が弱いままでは、保湿成分がたっぷり含まれた高い化粧水を使ってもあまり意味はありません。

セラミドが剥がれてしまっているので、水分をお肌に閉じ込めておくことができないのです。

また、ダイレクトに刺激を受けてしまうため、逆に化粧品の成分によっては肌がピリつくという人も。

肌質というのは年齢によっても変わり、遺伝的要素もあって人それぞれ違うもの。

スキンケアは、年齢や季節に合わせて見直すことをおすすめします。

摩擦も肌荒れの要因に!

https://unsplash.com/

洗顔するときにゴシゴシとこすり洗いするという人は、肌荒れ要注意。

角質層にあるバリア機能は、水分保持だけでなく外的刺激から肌を守ってくれる大切な機能です。

角質層はたったの0.2mmととても薄く、ゴシゴシ洗いやタオルで拭くという少しの摩擦でも、肌トラブルを招いてしまいます。

ピリピリとした肌荒れだけではなく、シミや色素沈着、赤ら顔など他の肌悩みも増える結果になってしまいますよ。

お肌を触るときは、基本優しく丁寧にということを心掛けるようにしましょう。

寝具やタオルは肌触りのいいものを選ぶようにして、顔を拭くときは軽く押さえるという方法が摩擦による肌荒れを防ぐベストな方法です。

食べ物も肌荒れを慢性化させる要因に!

https://unsplash.com/

野菜をあまり食べずラーメンやパスタなど単品の食べ物を好む、炭水化物や甘い食べ物がやめられない。

たんぱく質を少量しか摂っていないなど思い当たる人は、肌に栄養が届きにくい食生活になっています。

栄養が充分に行きわたらないと、ダメージを受けた細胞は元気をなくし回復するまでに時間がかかってしまいます。

食べ物は肌の一部だと思ってバランスよく食べる事を心がけましょう。

おやつも、食物繊維や鉄分が多く含まれたグラノーラなどの食べ物に変えてみましょう。

肌荒れをストップ!スキンケアで予防する方法

肌荒れをスキンケアで予防する時のポイントは、ずばりバリア機能の強化。

肌トラブルを抱えている人もそうでない人も、スキンケアの見直しの参考にしてくださいね。

関連記事