スポンサーリンク

【告白成功率アップ!】恋愛を成就させるためのプロセスとは
スポンサーリンク

どのタイプの男性にも有効

恋愛にはきちんと「プロセス」が存在する


https://www.pakutaso.com/

気になる人ができてもなかなか恋愛にまで発展しない、2人で遊ぶようになっても告白されるどころか自分のことを好きでいる気がしない、むしろただの友達としか見られていない気がする。といったように恋愛がうまくいっていない女性は案外いるのではないでしょうか。

上手く交際まで発展しない人は成就できるまでのプロセスを有効に踏まえていない可能性があります。ただ知り合いになってなんとなく数回会えば告白されて交際がスタートできることってそうそうないんですよね。

恋愛には交際するまでに相手が自分に好意を抱き、付き合うまでの心の動きに合わせた順序が存在しています。上手くいかない人はこの過程を理解していないことが多いので、思い通りの恋愛ができていないのです。つまりこのプロセスを認識し能率的に行動すれば成就する可能性がグンと上がるということです。

この記事ではそのプロセスに合わせてどう行動すればいいのか紹介していきます。

男性と女性では恋愛プロセスが違う?


https://www.pakutaso.com/

意中の男性と知り合って距離がだんだん近づいていき関係が良くなってそろそろ潮時か?とこちらが思っていても相手の方の心中はそうじゃない場合もあります。それは男と女で踏まえる恋愛のプロセスが異なっているからです。

そもそも恋人が欲しいと思うタイミング自体が違います。男性は「自分に自信がある時」や「精神が安定している時」に欲しくなります。落ち込んでいたり調子が悪い時はあまり求めてはいません。

女性では「心が寂しい時」に欲しいと感じています。男性とは逆に落ち込んでいる時や嫌なことがあった時に支えを求めています。

男性特有のプロセス

具体的なプロセスの違いですが、「スタンス」と「前提」があります。「スタンス」での違いは男性は「追う」こと、女性は「追われる」ことです。

「追う」という感情は、自分が狙った獲物を狩りに行く本能的感覚に由来し、アプローチが積極的もしくは具体的に行動に出るといったものです。女性の「追われる」というのは男性の対で元々自分から狩りに行く感覚が備わってない意味があります。気にはなってるけど自分からアプローチできなかったり誘えずにそのままにしていあたらいつの間にか気持ちが冷めたり、諦めるといった事態になりがちです。「見てるだけで終わる」というのが恋愛に発展しない多くの女性に当てはまるのではないでしょうか。

そして「前提」というのは男性特有の「性欲」のことです。男性の場合は性欲が前提にあることが多く、それが原動力で精力的にアプローチしていることは否めません。純粋に好きでアプローチするのと肉体関係を求めてアプローチする場合のプロセスが酷似していますが、どちらにせよその意中の人を射止めたいという気持ちは同じです。

告白成功率を上げるための恋愛プロセスとは


https://www.pakutaso.com/

さてここから具体的にどう行動すれば成就率がアップするのか紹介していきます。

効率的なプロセスの方法ですが、本来の目的は相手に自分を好きになってもらうことであったり付き合いたいと思わせることです。誠実誠意を忘れずにあくまで平等の関係で距離を縮めていくことを意識していきましょう。

出会い、連絡先の交換

最初の段階である「出会い」です。ここで相手と良好の関係を築けるかどうかの場面ですので重要度は高いです。

友達の紹介で出会うのか、合コンや会合で出会うのか、職場の人なのかは関係なくいかに印象を良くしてうまいこと連絡先を交換するのかが目的です。第一印象で相手が自分をどう思うのか左右するに承知していると存じますが、ここでの振舞いが重要です。

最初の挨拶では笑顔にするのが無難でしょう。俯いてたり声が小さかったりするとマイナスな印象を与えてしまうので注意しましょう。そして有効なテクニックが、不意に目が合った時にニコッとすることです。ただ目が合っただけでは効果がないので目を逸らさずにやってみてください。これをされただけでも男性はドキッとしてしまいますし、インパクトがあるので印象的です。

そしてうまく連絡先をゲットする方法は、さりげなく何か口実を使ってノリ良く聞き出すのがコツです。「相手の趣味嗜好に興味があるから」でも「よく行くお店を教えてほしい」でもいいので会話の中からヒントを得て、それ伝いに交換しましょう。あまりかしこまって聞くとぎこちなさが出てしまうのであくまでさりげなくが大切です。

連絡のやりとり

連絡先を交換できたらやりとりの開始です。ここの段階では相手の情報を入手することと共通点を見つけることを目的とします。また相手に価値観が合う、自分のことを気にかけてくれていると思わせます。

まずは簡単な内容のやりとりを心掛け、スタンプなどの要素を活用し連絡の習慣化を目指します。この間に相手の好みや共通点を見つけていきましょう。質問ばかりや込み入った内容にすると引いてしまうので注意です。

ある程度情報収集して関係値が良くなったら軽い相談ごとや相手に対する思いやりのメッセージを送ってもいいです。目標に対する応援や体を気遣う気持ちを伝え支えになる存在を演出します。そして男心をくすぐりつつ会うキッカケを作ってあげます。ここでの相談を会う口実の伏線にするのもアリです。

デート

やりとりを経ていよいよ実際に会っていきます。相手が誘うようなキッカケを作ってあげるか、何か口実を作り誘って会いましょう。

この段階で好きにさせ、付き合いたいという気持ちにさせるのが目的です。いきなり2人でデートするのもカロリーが高いので、仕事終わりに食事をするか共通の知人がいれば複数で会うのが無難です。服装や仕草に気を遣って可愛いと思わせればこの関門はクリアです。

2人で会う場合には前もって聞いておいた相手の好きな女性の服装をするのがポイント高めです。一緒にいて楽しいと思わせつつさりげないボディータッチや彼女っぽい振舞いをするような相手の懐に踏み込んだ姿勢が効果的です。

また男性は単純な感性なので「彼氏になったらすごい良さそう」と素直に相手を褒めたり、「そろそろ恋人が欲しいかな」と恋人が欲しい旨を漂わせると、相手は交際した場合の想像をしてより気持ちが高揚してきます。

ただし「この人って俺のことが好きなんじゃないか?」となっても確信を得れない、どうも気になってしまうと思わせるような、手に入りそうで入らない距離間を保つことを意識しましょう。

告白

数回のデートをクリアし、相手のことも充分検討し不足なしと判断すれば大詰めに入ります。相手に告白させるのが理想的ですが、そうするためには「イケそう」と思わせないといけません。もしくは告白せざる得ない環境を作ります。デートや連絡のやりとりの中で告白しても大丈夫という意思をそれとなく伝えとくと相手も勇気ある行動が取りやすくなります。

告白させる環境を作るには会う約束をする際にカップルご用達の雰囲気の良いスポットをリクエストするか、デートの別れ際人気のない場所に誘導するのがベターです。相手が告白するタイミングを計ってる様子であればこちらからは干渉せず待ってあげましょう。お互いの意思疎通ができているのにも関わらず告白してこなければ、こちらから告白するのもアリです。

どちらが告白したのかが大事なのではなく、交際をスタートさせるのが大事というのを念頭に入れておきましょう。

どのタイプの男性にも有効

スポンサーリンク