【投資の基本を解説】安心して始められる。初心者にもわかりやすい投資のすすめ

「まとまった貯金も増えてきたし、投資でもしてみたいな」と思っている方もいるかと思います。働かずにお金が増える投資は多くの人の憧れですよね。しかし、初心者がいきなり何も調べずに投資を初めてしまうと、大きな損を出してしまうことも…。そこで今回は、投資初心者に向けて投資の種類や失敗しない方法についてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

初心者にもおすすめ!【投資信託】

そもそも「投資」ってどんなもの?


https://www.pexels.com/

手元にそれなりにまとまったお金ができた、あるいは、貯金が少しずつ増えてきたけれど、ずっと普通口座に入れっぱなしでなんだかもったいないと感じている人も多いのではないでしょうか。

今や銀行の口座にお金を預けておいても、超低金利の上に、税金まで引かれてほとんど増えないという時代です。逆に、ATM手数料などでマイナスになってしまったという経験を持つ人も多いでしょう。

そんな状況の中で、投資に興味を持っているけれどどうにも一歩踏み出せない、という人もいるのではないでしょうか。

しかし、投資と簡単に一言でいっても、その種類はさまざま。「株価が一気に値下がり」「FXで大損をした」なんてニュースを見て、投資は怖いもの、なんだか怪しいものだと思っている人も少なくないかもしれません。

そもそも投資とはなんでしょうか?一般的に投資とは、企業や営利団体に、利益を目的として資金などを提供することを指します。

投資の方法、手段にはそれこそさまざまな種類があり、リスクやリターンの高さもその商品によってだいぶ異なってきます。

投資は怖い!なんて決めつけずに、まずは投資にはどんな種類があるのか、初心者向けにはどんなものが良いのかを、少しずつ学んで、少額からトライしてみてはいかがでしょうか。

意外とたくさんある!投資の種類について


https://www.pexels.com/

ここではまず、投資といっても実際にどんな種類のものがあるのか、その特徴や注意点について説明していきます。

まず、投資と聞いて誰もが思い浮かべるのが株式投資でしょう。各企業の株を買って、値上がりしたら売る… と、漠然としたイメージはありつつも、実際いくらあれば買えるのか、そもそもどうやって買うの?と詳しいことはわからないでいる初心者の方も多いでしょう。

そして、投資の初心者におすすめとよく言われているのが投資信託です。株式投資とは違い、自分で日々チャートを追いかけたりする必要がないので、めんどくさがりやの方にもおすすめです。しかし長期的なスパンで見る必要があるので、短期での一攫千金を狙う方にはおすすめできません。

他に、最近よく聞く言葉として、FXや、仮想通貨による投資もあります。こちらには特に、怪しい、怖いイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。初心者向けとは言い難い投資方法の一つではありますが、こちらについても詳しくみていきましょう。

投資と言えば!の【株式投資】

まずは投資の代表格ともいえる、株式投資についてみていきましょう。

そもそも株式投資とはなんでしょうか?株式投資とは一般的に、企業が、その活動に必要な資金を調達する目的で株式を発行し、それを買うことで、購入した個人や法人は、その企業の株主となります。そうして、その企業の利益を配当金といった形で受け取ったり、株主総会に参加して、経営についての意見を出す権利を得ることができます。


https://www.pexels.com/

では株式投資でどうやって利益を出すのでしょうか。大きく分けて、株式投資で利益を出す方法には2種類があります。一つは、株を保持し続けて、配当金を受け取りつづける方法です。持っている株数が多いほど配当金も大きくなりますから、たとえば利益をまた株式取得に使って、株数を増やし、受け取る配当金を増やすといったことも可能です。

もう一つには、株式が値上がりしたタイミングで売却し、その売却益を得るといった方法もあります。この方法は、常に値上がりや値下げのタイミングを注視し、世の中の経済状況だけではなく、世界情勢や国際関係などにも目を配る必要が出てくるため、ずぼらな人には難しいかもしれません。初心者には安定して配当金を受け取りつづける前者の方法の方がおすすめといえるでしょう。

株式投資のメリットには、上記のように、配当金を受け取れること、売却益を狙えることの他に、株主優待なども含まれます。お気に入りの企業の株を持っていれば、定期的に株主優待を受け取って、その企業のサービスを受けることができるのです。さらに、その会社の経営についても意見を出すことができるので、お気に入りの、これはという企業がある方にはおすすめの投資方法かもしれません。

しかし、株式投資には当然デメリットがあります。一つには、当然株価値下がりのリスクがあるということ。今は世界的に有名で、絶好調に見える企業でも、たとえばCEOの失言などで株価が暴落したりといったこともあり得るのです。他に、投資信託などに比べて初期費用が大きくなりがちということも挙げられるでしょう。一般的に株式は1株からは買うことができず、50株や100株など、ある程度まとまった単位でしか購入することができません。

仮に、1株1万円の株を50株買うとなったら、50万円必要になるわけですから、そうそう簡単に手が出せるというものではないでしょう。

初心者にもおすすめ!【投資信託】

関連記事