【花のアロマで癒しを実感!】お花のアロマの効果と活用法特集

なんだかリフレッシュしたい、リラックスしたい…というときにぴったりなのがアロマです。特にお花から抽出した花のアロマには、様々なリラックス効果があり、昼のブレイクタイムや夜のリラックスタイムにぴったりです。アロマオイルを活用して癒し効果を実感してみましょう♪今回は、お花のアロマの効果と、その活用法をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

キク科の植物のであるイニュラは、モロッコが原産。少し薬のような香りがします。リラックス効果が期待されていますが、同時に呼吸器系を再生してくれるという効果が最も期待されている植物の一つといわれています。呼吸器系の再生、というと簡単に言えば風邪による喉の炎症、咳、肺の感染症などを緩和させる効果。呼吸に関わる臓器を健康に整えてくれるのです。
また、同時に心拍数なども調整してくれるのがユニークな効果の一つ。不整脈を整えてくれるともいわれています。
一般的にはなかなか使用する機会が少ないかもしれませんが、知っておくと体が不調なときに役立ちますよ。

ロータス


https://www.instagram.com/explore/tags/ハス/

ロータスは、ハスの花としても知られていて、日本では小さい頃から馴染みのある植物の一つですよね。インドが原産だと言われています。
ただ、エッセンシャルオイルとしては希少価値が高いので、高級な香水の原料として使われることが多いです。
呼吸を深くしてくれる効果が期待されているので、ゆったりと穏やかな気分を味わうことができます。呼吸が大事といわれているヨガの時間には、ぴったりの香りですね。不安な気持ちをポジティブな考えに導いてくれる植物で、ありのままの自分を受け入れることができる点も、ヨガには最適な香りといってもいいでしょう。過剰に興奮してしまった心を整えながら、今の瞬間に集中できる香りです。
ストレスを緩和させてくれるという点から、頭痛にも効果的ともいわれていますが、基本的には香りを楽しむことが目的に作られているエッセンシャルオイルです。

おすすめお花のアロマの活用法

お花のアロマのおすすめの活用方法:芳香浴

アロマオイルの基本の活用方法は、香りを楽しむ芳香浴です。お花のアロマオイルはリラックス効果のあるものが多いので、リラックスタイムや寝る前などに芳香浴をすると良いでしょう。アロマディフューザーなどを活用するのはもちろん、どのお家にもあるハンカチやタオル、コットンなどに精油を数滴しみ込ませるだけでも、簡単に芳香浴ができるのでぜひ試してみてください。

芳香浴をする場合には、一種類のアロマオイルでもOKですが、2~3種類のブレンドをするのも良いでしょう。アロマオイルによって香りや効果の相性などもあるので、色々試しながら好みのブレンドを見つけてみてはいかがでしょうか。

お花のアロマのおすすめの活用方法:アロマバス

アロマバスもアロマオイルを活用するおすすめの方法です。アロマバスの作り方は、直接バスタブにアロマオイルを落とす方法や、アロマソルトなどを手作りしておきそれを使う方法などがあります。最も簡単で手軽なやり方は、お湯をためたバスタブに、アロマオイルを1~2滴ほどたらして、しっかりかき混ぜるという方法です。これなら特に道具などもいらないので、すぐにできますね。

アロマバスにするときには、お花のアロマオイルだけでなく、身体を温めてくれる効果のあるアロマオイルをブレンドするのも良いでしょう。身体を温める作用のあるアロマオイルとしては、ユズやマジョラムなどがあります。

お花のアロマのおすすめの活用方法:スキンケア

お花のアロマオイルの中には、スキンケアに活躍してくれるものも色々あります。皮膚の細胞を活性化させる効果があるものや、収れん作用があるものは、精油を使ってアロマの化粧水などを作って使うのも良いでしょう。また血行を促進させむくみを解消する効果のあるものなら、マッサージ用オイル作りにも使うことができますよ。

アロマオイルを使う上で気を付けたいこと

アロマオイルの妊娠初期の使用は基本的にNG

アロマオイルは基本的に妊娠初期の使用は避けるようにしてください。妊娠中期以降の使用は可能ではありますが、体調と相談しながら使用するようにし、高濃度で使ったり身体に塗布するのはやめておきましょう。また何か不安がある場合には、事前に医師に相談をするようにしてください。

品質の良いアロマオイルを購入しよう

アロマオイルとして販売されているものの中には、人工香料が使用されているものもあったりするので、注意が必要です。あまりに安価なものは避けるようにし、信頼できるメーカーやブランドから購入するようにしてみてください。「精油」や「エッセンシャルオイル」と表記があるもの、原材料や原産地が明記されているものを目安にしてみてください。

またアロマオイルは涼しい場所で保管するようにし、開封後は1年を目安に使いきるようにしてください。品質が劣化してしまったものは、安全のために使わないようにしてくださいね。

禁忌に該当しないか事前に確認し不安があったら病院へ

妊娠中だけでなく、持病がある方や病気の治療などで薬を服用している方、植物アレルギーがある方も、アロマオイルの使用に際して十分注意する必要があります。禁忌に該当しないかどうかを使う前に必ずチェックするようにしてください。また敏感肌の方がお肌に塗布したりアロマバスに入ったりする場合には、パッチテストを行っておくと安心です。

万が一アロマオイルを使用していて何かトラブルが起こってしまった場合には、速やかに使用を中止して、医療機関を受診するようにしてくださいね。

お花のアロマでリラックスタイムを♪


http://girlydrop.com/flower/5554

初心者の方でも使いやすい、おすすめのお花のアロマオイル(フローラル系アロマオイル)をご紹介してきましたが、いかがでしたか?ぜひアロマオイルを活用して、リラックスタイムをすごしてみてくださいね。

関連記事