主婦の反乱!家事なんてしたくない!そんなときはこうしてみよう♪

毎日毎日、やってもやっても終わりの見えない家事。できる事ならしたくないし、いっそすべての家事を放り投げてしまいたい。主婦だって、そんな気持ちになる日がありますよね?では、そんな気持ちを持った時はどうしたらいいのでしょうか。

公開日:    最終更新日:

どうして家事をしたくないのか

家事なんてしたくない!

その気持ちは、決して「面倒だから」だけではないのです。

終わりが見えない

https://www.photo-ac.com/

掃除をして、買い物に行って、料理をして、だけが家事ではありません。

夫や子供が出したものを元に戻して、開けっ放しの扉を閉めて回って、つけっぱなしの電気を消して、ゴミの分別をしてゴミ袋を変えて…。

名もない家事は終わりがないばかりか、油断をするとすぐに主婦以外の誰かが増やしてくれます。

やってもやっても終わらない家事に疲れてしまい「もう家事なんてしたくない!」と思ってしまうこともあるでしょう。

感謝の気持ちが無い

家族が快適で清潔に過ごせるように、不便が無いように洗濯も掃除も頑張ります。

家族に喜んでもらいたい、健康でいて欲しいと願って毎日料理を作ります。

でも、あまりにも毎日がんばりすぎたせいか、家族はあなたがやってくれることを当然と受け止め感謝の気持ちがありません。

それどころか、手の行き届かない部分だけを取り上げ、責められることもあるでしょう。

主婦は家族の何でも屋さん。そんな気持ちでいられたら、「もう家族のための家事なんてしたくない」と思っても仕方がないでしょう。

家事は主婦がやるもの!夫はお手伝い?

https://www.photo-ac.com/

子供がいない専業主婦なら、家事は主婦の仕事と言えるかもしれません。

しかし、働く主婦や子育て中であれば話は違います。

あなたは会社員、もしくは母親であることが第一の仕事、家事は生活するために必要な事ですから夫もやるのが「当たり前」です。お手伝いをするだけでは、一緒に「生活」をしているとは言えません。

それなのに、収入の差を出してきたり「一日家にいるんだろう?」なんて言われたりすれば、やる気がなくなっても当然でしょう。

家事は女性だけの仕事ではない!

誰だって、家事なんて面倒です。

それなのに、どうして家事は女性の仕事と思われているのでしょう?

収入に結びつかない家事は、下に見られがち!収入の差を家事で埋めようとしていない?

不景気で共働き世帯が増え、必然的に女性は家事も育児も仕事もこなさなくてはいけなくなっています。

急いで保育園に迎えに行って、買い物に食事の支度、子供を寝かしつけたら洗濯に翌日の保育園の準備と、座ることも出来ない忙しさでしょう。しかし、夫は、残業も飲み会も断らずに深夜に帰宅、何の家事もせずに妻の作った料理を食べて、妻が洗濯をしたパジャマに着替え、妻の整えたベッドで泥のように眠ります。

文句を言えば、返ってくるのは「俺の方が稼いでいる」「君の収入では食べていけないでしょう?」なんて心無い言葉。

家事は目に見える収入が無い分、下に見られがち。こんな言葉を浴びせられる事もあるでしょう。

でも、その言葉を誰よりもあなたに向けているのは、他でもないあなた自身ではありませんか?

子供がいるからこそ、残業もできない、急に仕事を休む事もある。社会人として一人前になれない、稼げないことを誰よりも気にしているのはあなた自身です。

収入の差があるから、社会人として一人前でないから、女性はせめて家事でその差を埋める。

そう思っているのは、ほかでもないあなたではないでしょうか?

関連記事