【お肉が落ちにくくなる年齢】50代からの本当に効果のあるダイエット方法

余分な脂肪が付きやすく落ちにくい50代

50代になり、10代や20代の頃と比べて「なかなか痩せないな…」「お腹周りが気になる」なんてこと、増えてきていませんか?それには、ちゃんとした理由があったのです!50代にして迎える「更年期」こそが大きな原因といえるでしょう。

太っていると、糖尿病などの生活習慣病になるリスクが高まります。あなたの身体の中で、どのようなことが起きているのかご紹介いたします。また、50代にあったダイエット方法などもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

自分の『肥満度』を知ろう!

自分の肥満度をしっかりと数字で知ることは大切なことです。ダイエットを行っていく上での変化は体感よりも、数字として見る方がわかりやすいのでおすすめします。

この「肥満度」をチェックする方法は、下記の2種類です。

  • BMI
  • 体脂肪率

どちらも聞き覚えのあるものでしょう。

◎BMI (Body Mass Index)

日本語ではボディマス指数(ボティマスしすう)と言われています。身長や体重の数字から算出される、カラダの大きさを表す指数です。

求め方は、体重÷(身長×身長)=BMI

出てきた数値が、18.5~25未満だと標準体重、25以上であれば肥満と言われています。18.5未満だった場合、低体重ということになります。

◎体脂肪率

体脂肪率は、体脂肪計で計ることで数値を知ることができます。体脂肪計で計る際に気をつけなければならないことがあり食事の直後や、水分量で数値が変わってきます。そのため、食事の2時間後に計ることで正しい数値を出すことが出来ます。

一般的に健康的と言われる体脂肪率の数値が

  • 男性:10~19%
  • 女性:20~29%

といわれています。

男性は、20%以上が軽度、25%以上で中度、30%以上で重度の肥満。女性は、30%以上で軽度、35%以上で中度、40%以上で重度の肥満とされています。

では50代で太りやすくなってしまう原因は何でしょうか。詳しくご紹介します。

50代で太りやすくなってしまう原因とは?

50歳前後で起こる「閉経」の時期を挟んだ10年を「更年期」と言います。女性にとって更年期は、思春期、出産に並ぶ太りやすい時期です。それは一体なぜなのかを、ご紹介しましょう。

①女性ホルモンの低下

更年期には、女性ホルモンが急激に減ってしまい、閉経をすぎるとほとんどなくなってしまいます。女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、体内のコレステロールを低く保つ働きがあり、内臓脂肪をつけにくくしてくれます。これによって、女性を心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患から守っています。

しかし、このエストロゲンが減少することでカラダの中では、脂肪が皮下脂肪ではなく、内臓脂肪として蓄えられるようになります。その為、更年期に今までと同じような食生活や運動量で過ごすとは「太りやすい生活習慣」となってしまい、痩せづらいと感じるのです。

②基礎代謝の減少

まず、基礎代謝とは「生命を維持していくために必要な最低のエネルギー量。何もしていなくても消費されるエネルギーのこと」を指します。生命を維持するというのは、内臓を動かしたり、体温を維持するエネルギーのことで一番消費量の高いのが「筋肉」です。加齢とともに、骨格筋量が減少していきます。つまりは、基礎代謝量も低下してしまうことにつながります。

基礎代謝の低下を防ぐ、または上げる為には筋力トレーニングをすることが大切になってきます。

次に50代でのダイエットのポイントと注意点をご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました