【簡単】普段の入浴で自律神経を整える!自律神経の乱れを整える入浴法とは

最近疲れやすい、寝付きが悪いなど身体の不調を感じる方は、もしかすると自律神経が乱れているかもしれません。自律神経が乱れると、疲労感が取れない、体温調節ができなくなる…など普段の生活に支障をきたす可能性もあります。忙しくてなかなか自分を労る時間がない方でも簡単にできる自律神経の乱れを整える方法が入浴です。今回は、自律神経の乱れに効く入浴方法をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

自律神経の働きとは

神経の役割とは?


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/BON_yubiwosasu20150207154242_TP_V.jpg

神経とは身体の組織と脳をつなげるネットワークであり、さまざまな指令や情報が神経によって速やかに届けられることにより私たちの身体のバランスは保たれています。
脳や脊髄にあり司令塔のような役割を果たしている中枢神経と、そこから枝分かれして全身に広がる末梢神経があり、自律神経は末梢神経に属しています。
自律神経は多くの内臓器官に関わりがあり、心臓や肺、胃腸や肝臓、膀胱などの臓器のほか、血管や瞳孔、汗腺、唾液腺などにも分布しています。

自律神経の役割とは

自律神経は呼吸や血液循環、消化などを無意識のうちに調整する働きを持ち、自分の意思ではコントロールが不可能な神経です。
身体を活発に動かすときに働く交感神経と、リラックスしてゆったりしているときに働く副交感神経があり、いわばアクセルとブレーキ。このふたつの異なる働きの神経が協調しながらシーソーのように絶妙なバランスを保って、私たちは健康に生きているのです。

交感神経と副交感神経

交感神経は「闘争と逃走の神経」と呼ばれているほど、身体を活発に動かしているときに働いている神経です。例えば、闘いの場面を想像してみましょう。身体が緊張して鼓動が早くなり、血圧が上がります。瞳孔が散大して呼吸が荒くなります。これが交感神経が興奮しているときの状態です。
一方、副交感神経は全く逆の働きをするのです。睡眠前の状態を想像してください。リラックスしてゆったりと呼吸は落ち着き、穏やかな状態で眠りに入ります。これが副交感神経が優位になったときの状態です。
人間の身体はこの交感神経・副交感神経のスイッチのオンオフによって健康が保たれているのです。

自律神経が乱れるとどうなるの?

スイッチが壊れている状態

自律神経が乱れるのは、交感神経と副交感神経のオンオフがうまくできなくなっているからです。過度なストレス・食生活の乱れ・睡眠の不安定などによって自律神経のバランスが崩れると、身体の各器官の動きが悪くなったり、さまざまな不調の症状があらわれたりします。無意識のうちに自律神経が調整してくれていた部分に支障が出てくるのですね。
大切なのは日中の活動時間に交感神経に働いてもらい、夜のリラックスタイムには副交感神経にしっかり働いてもらうこと。そのためには自分の不調の原因がどこにあるのかをしっかりと把握しておく必要があります。

パソコンやスマートフォンも乱れの原因に!


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/CSSS85_zangyoumonita20131019_TP_V.jpg

現代の仕事や生活に欠かせないパソコンやスマートフォンが、自律神経の乱れの原因になっていることは良く知られています。パソコンもスマートフォンもいつの間にか時間が経っていることに気づくほど集中して画面を見つめています。近くのものを集中して見続けると目のまわりの毛様体筋が緊張してしまい、交感神経が活発になり続けるため自律神経のバランスを崩しやすくなります。
パソコンやスマートフォンを扱っている時の姿勢にも問題があります。頭が前に突き出して、背中が丸くなっていませんか?首の骨の前面が伸びて背面が詰まっているこの姿勢は、自律神経にストレスがかかりやすいと言われています。
さらに画面の光を見ることによって脳や身体が興奮するため、一日中パソコンやスマートフォンをあつかっていると自律神経は常に興奮状態。寝る直前までスマートフォンを手放せない人は要注意です。

具体的にはどんな感じになってしまうの?

自律神経が乱れているときには、具体的にどのような症状があらわれるのでしょうか。
まず、身体的な症状としては慢性的な疲労、めまい立ちくらみ、微熱、耳鳴り、不眠、偏頭痛の他に、だるさ⇔動悸、冷え⇔ほてり、便秘⇔下痢、頻尿⇔残尿感のように、交感神経と副交感神経のどちらが優位かによって対照的な症状の出方をします。
一方、精神的な症状としては不安感、イライラ、疎外感、落ち込み、感情の起伏が激しくなる、記憶力や集中力が低下する、無気力になるなど、心のコントロールが効かなくなっている状態になります。
ひとつの症状がずっと長く続くこともありますし、同時にいくつもの症状に苦しむこともあります。日によって症状があらわれたりあらわれなかったりということもあります。

もっと大きな病気が・・・!


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TAKEBE_ohnoyacchimattta_TP_V.jpg

現代人は交感神経の働きが優位になりすぎて副交感神経の働きが衰えているパターンが多く、これは白血球のバランスを崩し、病気に対する免疫力を弱めてしまいます。結果、風邪や肺炎などの感染症にかかりやすくなったり、ガンを発病しやすくなってしまいます。

交感神経が優位になると常に攻撃の態勢なので、心拍数が上がったり血管が収縮する状態が長く続くことになり、これは高血圧や脳卒中、不整脈や狭心症の引き金になりかねません。
さらに、体内のエネルギー燃焼が活発になることにより大量に発生した活性酸素が動脈硬化の進行を促し、それによって心筋梗塞や脳梗塞だけでなく認知症まで誘発する原因となることがわかっています。

自律神経の乱れを入浴で改善しよう!

毎日の入浴で自律神経の乱れを改善できる!


https://www.pakutaso.com/20171047283post-13597.html

最近なんだか体のだるさが取れない、特に理由もないのにイライラする・・・など、自律神経の乱れは体や心にさまざまな悪影響を与えることが分かりましたね。ただの疲れかな?なんて甘く見ていると、自律神経の乱れがひどくなり重度の病気の引き金になってしまう可能性もあります。では自律神経の乱れを治すのに、どんなことに注意すれば良いのでしょうか?

自律神経の乱れは生活習慣の乱れやストレス、体の冷えなど、人によってさまざまな原因から発生します。自律神経を整えるにはバランスの整った食事や規則正しい睡眠、軽い運動などが効果的ですが、私達がほぼ毎日欠かさず行なうある習慣で、手軽に自律神経の乱れを改善することが出来るのです。それはお風呂です。ゆっくりと入浴するだけで、自律神経の乱れをゆっくりと整えることができるのです。

血行が良くなる事で嬉しい効果も

関連記事