スポンサーリンク

肌がきれいになりたい!肌美人の習慣を真似して、美肌を手に入れよう♪
スポンサーリンク

肌がきれいになりたいなら肌美人の習慣を真似しよう!

きれいな肌は誰もが憧れますよね。特別美人でなくとも、肌がきれいなだけで周囲から注目されたり、若々しい印象があり、女性なら誰もが一度は憧れる存在です。それに肌がきれいだとメイクもきれいに仕上がったり、顔色が明るくなるため表情を明るくする効果があり、まさに良い事だらけです。

しかし、肌がきれいな人ってどうやってその美しい肌をキープしているのでしょうか?そして、まずは何から始めれば良いと思いますか?それは、美しさを保つための日々の習慣にあります。

ではその習慣とはどういったものなのでしょうか。きれいな肌の人は、健康的な美しい肌のためにライフスタイルや食べる物まで毎日続けている習慣があります。肌がきれいになりたいと思ったら、ぜひきれいな肌の人のしている習慣を真似してみましょう!きっと健康的で美しい肌を手に入れることができますよ。少しでも肌美人に近づくための、秘訣をまとめたので是非参考にしてみてください♪

スポンサーリンク

真似したい肌美人の習慣【スキンケア編】

一年中紫外線対策は必須

https://pixabay.com/

美肌への近道として、紫外線防止が重要視されています。それを全くしないで日々過ごしていると、気づいたらシミ・シワが増えていたり、お肌の弾力も失われて愕然とする日が必ずきます。

肌がきれいな人は紫外線の強い夏だけでなく、一年中紫外線対策をしています。冬でも紫外線はゼロではありません。もちろん夏が最も紫外線が強い時期ではあるのですが、他の時期も少なからず紫外線を受けます。たとえ曇り空だとしても油断禁物です。肌美人な人たちは、外出する時には必ず日焼け止めを塗る習慣があります。面倒だなと思っても、紫外線対策をするのとしないのとでは肌への影響が大きく変わります。

肌がきれいになりたいと思う人は、まずはUVケアをすることから始めてみることをオススメします。“UVケアは夏場だけ”と誤認識している人もいますが、紫外線対策は年間を通して必要なので、UVケアは外出のたびに行ってくださいね。誰でも意識すればできることなので、ぜひ日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。常に降り注いでいる紫外線を防止することが、美肌へと近づく一歩となるはずです。

ただし、これから始めようとする方や、お肌が弱い方は注意点があります。日焼け止め商品には「SPF」という数値が設定されているのですが、この数値によっては余計に肌荒れを引き起こしてしまう場合があります。SPF1あたりが、およそ20分前後の持続効果があると言われており、できるだけ長持ちさせるために敢えて高めの数値の商品を選んでいる方がいます。しかし数値が高ければ高いほど、お肌への負担は大きいのです。既に肌質が良くて、カミソリ負けもしないほどにお肌が強ければまだしも、現状のお肌に問題ある方はSPF30以下にしておくのが無難です。日焼け止め商品を購入する際は、現在の肌質とSPFを見比べながら選んでくださいね。

洗顔は優しく洗う

https://pixabay.com/

 

スキンケアでとても大切なのが洗顔です。多くの女性がメイクばかりに気を取られがちですが、クレンジングと洗顔はもっと大事なことです。お肌がきれいな人は、クレンジングと洗顔がきちんとできているからこそ、その結果として今の美しいお肌が出来上がっているのです。

メイクアップしてきれいになって、やる気スイッチを入れるのは良いのですが。クレンジングで落とす事も、お肌をきれいにするための大事なプロセスの一つです。帰宅後に疲れていたとしても、メイクを落とさずに寝てしまうと肌荒れは免れません。面倒だとしても必ず、寝る前にクレンジング・洗顔は行ってください。

ただし洗顔の際には注意が必要です。洗顔はつい汚れを落としたくて力を入れてしまいがちですが、摩擦によって肌にダメージを与えてしまうことにも繋がりかねません。肌のきれいな人は、肌に刺激を与えないように優しく洗います。キメの細かい肌になりたい人は、ぜひ泡でやさしく包みながら洗いましょう。また、洗顔後もタオルでやさしく拭くのがポイントです。ゴシゴシ拭くのは厳禁ですよ!

このあとは化粧水などのスキンケアをするかと思いますが、その前の土台として、クレンジング・洗顔をするのです。この時間こそが、まさに美肌に戻る時間とも言えます。毎日が忙しくても、お顔につけたものはしっかりと落としましょう。お肌に何かを与えるのは、そのあとです。

週に1回はメイクしない日を作る

https://pixabay.com/ja/

肌がきれいな人は、週に1回はメイクをお休みする日を作っています。メイクは肌にとって負担になるため、一日メイクをしないだけで肌呼吸が活発になり健康な肌の状態へと回復します。全身のケアができている人の習慣として、毎日鏡をチェックしていることも含まれているので、これを機に毎週1回以上、全裸になって全身を鏡で確認すると良いでしょう。今の自分のお肌と向き合い、お肌が何を欲しがっているのか知ることも大切です。細かな変化に気づくためにも、慣れてきたら毎日鏡を見て、お肌と会話をしてください。

お休みの日は、お化粧をせずリラックスして、普段頑張っているお肌に刺激を与えずに過ごすのがオススメです。毎日休みなく働き続けると疲れてしまうのと一緒で、肌にも休息を与えてあげる日を作りましょう。“NOメイク日”と言えども、保湿などのスキンケアは忘れずに行ってくださいね。

湿度60%を維持する

https://pixabay.com/

上記で説明しました紫外線対策も必要ですが、乾燥対策も同じくらいに重大要素のため、徹底させる必要があります。お肌が乾燥していると、バリア機能が下がって機能しなくなり、湿疹・ブツブツ・赤みなどの肌荒れが生じてしまうからです。

では乾燥を防止するには、何をするのが一番かと言えば。良好な肌は十分な保湿がとても重要です。中には化粧品では改善されずに、皮膚科へ駆け込む人もいますが、それはお肌の乾燥状態を放置しすぎた結果とも言えます。そのため最初から医薬品に頼るのではなく、乾燥し始めたら、まずは保湿することを意識してください。肌にとって丁度よい湿度は60%と言われています。加湿器などを使って部屋の湿度環境を60%に維持すれば、お肌や髪に潤いが行き届きます。乾燥が気になる季節は特に湿度が下がりがちになるので、湿度の維持が必須です。

最近ではおしゃれな加湿器も販売されていますので、インテリアとして楽しみながら潤いましょう。乾燥の原因や対策自体は、わりとシンプルな内容ですが、やはり楽しくなければ続かないのが人間というものです。途中挫折する理由としても挙げられているくらいなので、いかに楽しく継続できるかどうか、それを考えるのもポイントになってきます。

遊び心を保ちつつ、目標を持ちながら、しっかりと保湿もして乾燥防止。継続ができていれば結果は、あとからついてくるものですから、生活習慣に乱れが生じないようにすることにも気を配りましょう。仕事も家事も多忙な女性にとって、少しでも楽しくすることで、結果としては心身ともにリフレッシュすることに繋がりますよ◎

メイクは低刺激のものを選ぶ

https://pixabay.com/ja/

肌への負担を減らすためにも、メイクはなるべく低刺激のものを選びます。刺激の強すぎる化粧品は肌に負担をかけて肌トラブルを引き起こす原因にも繋がります。特にコンビニで販売されている化粧品は、当たりはずれが激しいので注意が必要です。商品は、扉や窓側に配置されている場合が多く、商品が日光に当たることで酸化が進んでいるからです。コンビニのファンデーションを使うと、そのたびに毎回ニキビが増えたという女性もいらっしゃいます。化粧品は極力、美容部員が存在するショップで購入するのが一番です。

肌に無理をさせないのが、肌美人の習慣です。最近では、敏感肌用やオーガニック化粧品がたくさん販売されていますので、ぜひ肌にやさしい化粧品を選びましょう。自分にどのような化粧品が合うのかも、人それぞれ異なります。自分のお肌に何が必要か、どの部分がコンプレックスなのか、それを知るのも改善ポイントになってきます。

スポンサーリンク

真似したい肌美人の習慣【ライフスタイル・メンタル編】

スポンサーリンク