スポンサーリンク

40代におすすめな資格10選!キャリアチェンジや再就職に強みを持とう
スポンサーリンク

40代からのキャリアチェンジで考えること

気軽にキャリアチェンジが出来る20代、30代とは異なり、40代からのキャリアチェンジはスキルや経験などこれまでの実績が問われます。そのため今までの経歴にプラスでアピールしたいと考えるならば、資格の取得ではないでしょうか。

仕事や家事をしながら勉強は大変かもしれません。しかし資格の取得することで、目標が明確になったり、再就職への道が開けたり出来るチャンスでもあるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

40代の転職・再就職におすすめな資格

では、まず40代の転職・再就職におすすめな資格をご紹介します。

①TOEIC

https://pixabay.com/

まずはTOEICです。近年ビジネスにおいてグローバル化が急速に進んでおり、そのため大手、中小企業に関わらず英語力が必要となっています。そこで英語力を持っていることを示す資格がTOEICです。

「TOEICのスコアは何点以上必要なのか」と疑問に思う方もいると思います。会社にもよりますが、一般的にTOEICのスコアを700点以上持っていれば、転職や再就職の際に強みになると言われています。

もし会社に入る時にTOEICのスコアが低くてもTOEICは点数を更新することができるので、就業中に点数をアップさせると評価に繋がる企業もあります。

②日商簿記検定

https://pixabay.com/

経理などの仕事に就職を考えているならば、日商簿記検定の資格を取得することがおすすめです。

どこの企業にも請求書、経理関係の仕事は必ずあります。そのため簿記は「資格の取り損」にはならず、一度取得すれば今後も役に立つでしょう。特に請求書などは事務仕事で処理されることも多いため、事務職に就きたいと考える女性にはおすすめです。

求められるレベルは、新卒だと簿記は3級以上でもよいかもしれません。しかし、40代となれば2級以上持っていることが望ましいでしょう。日商簿記検定はポピュラーな検定でもありますので、参考書も多数販売されています。最近は動画などで簿記について解説されている方もいるので、一人でも勉強しやすい資格です。

③宅地建物取引士

https://pixabay.com/

「宅建」と呼ばれる不動産取引に関する国家資格です。毎年20万人以上が受験し、合格する人は約20%と言われている難関資格の1つです。

なぜ宅建が難しいとかと言うと、理由としては2点あります。

1つ目は、毎年1回しか試験がないため、落ちてしまったらまた翌年に受けなければなりません。特にほとんどの社会人は仕事の傍らに勉強するので、精神的にも負担が掛かります。

2つ目は、不動産に関する知識、法律といった専門性の高い問題が出題されることから、かなり勉強しないと取得が難しいとされています。

宅建は難関資格ですが、不動産関連の職に携わりたいという40代の方は取得をおすすめします。

④登録販売者

https://pixabay.com/

あまり聞き慣れない資格かもしれませんが、登録販売者は医療系の国家資格の1つです。登録販売者は2009年に誕生した資格となります。登録販売者になるには、まず各都道府県で実施される登録販売者の資格に合格し、各都道府県知事の登録を受けると認められます。

登録販売者の資格を取得すると、ドラッグストアや薬局でがぜ薬や鎮静剤などの副作用が低い一般用医療品の販売が可能となります。加えて、新型コロナウイルスでドラッグストアの重要性が浸透しました。これを機に今後登録販売者の需要が見込まれる可能性がありますので、キャリアチェンジや再就職をしたい40代にはおすすめです。

⑤ファイナンシャルプランナー

https://pixabay.com/

日商簿記検定と並んで、お金に関わる資格で人気なのがファイナンシャルプランナーです。日商簿記が企業に関わる経理であるならば、ファイナンシャルプランナーは家庭の資金の在り方を評価、アドバイスする役割となります。取得後は銀行の投資信託や保険の窓口でお客様の資金のアドバイス業務に就くことが多いでしょう。

ファイナンシャルプランナーの資格には、2年間の有効期限で更新の必要がある民間資格の「AFP」、「CFP」と、一度取れば更新の必要がない国家資格の「FP技能士」があります。自分の目的に合った資格を取得してはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

独立や起業も視野に考えている40代におすすめな資格

続いては、独立や起業という新たなステージを考えている40代におすすめな資格をご紹介します。

①中小企業診断士

https://pixabay.com/

中小企業の経営コンサルタントとして役割を担う中小企業診断士です。中小企業診断士の資格は、難易度の高い国家資格ではありますが、年々人気も上がっています。

中小企業診断士になるには、まず1次試験を突破し、2次試験に進むか、あるいは中小企業基盤整備機構か登録養成機関が実施する養成課程を修了することが条件となります。

中小企業診断士の仕事は、会社の問題点を客観的に把握し、どうやったら成長できるか提案する仕事です。そのため40代は知識や経験もあり、企業の問題点を把握できると思いますのでおすすめと言えるでしょう。

②社会保険労務士

https://pixabay.com/

社労士とは、労働や生活に密着した社会保険を扱うエキスパートです。先ほどご紹介した中小起業診断士は中小企業コンサルタントでしたが、社労士は人事に関わるコンサルタントと言えます。そのため、資格を取得した後は企業で総務や人事関連でも働けますし、開業して事務所を開き、企業と直接やり取りもすることが出来ます。

最近ではWEBなどでも相談を行っている方もいるようですので、時代に合わせ様々な形で活躍できるのではないでしょうか。

③整体師

https://pixabay.com/

近頃起業で人気が高まっているのが整体師です。整体師というと国家資格で難しいイメージを持っている方も多いかもしれません。実はというと、整体師は民間資格のため、専門学校で勉強すれば整体師として活躍できます。

40代で学校に通うのが難しいという方は、通信教育でも勉強することが可能です。民間資格だけではなく、国家資格も取りたいという方には「あん摩」「はり師」「きゅう師」は国家資格となるため、整体師と併用することもおすすめです。

④エステティシャン

https://pixabay.com/

美容系に興味があり、開業したいと考えているならばエステティシャンはいかがでしょうか。

エステティシャンになるには、専門学校やスクールへ通い、エステティシャンとして企業に就職することが一般的です。学校に通うことが難しいという場合は、エステティシャンには民間資格が多数あるため民間資格を取得を目指しましょう。

一般的にエステティシャンを目指す方は若い方が多いと思います。けれど、顧客を獲得するためのコミュニケーション力も必要となる仕事でもありますので、人生経験豊富な40代ならではの強みも発揮できると思います。

⑤ネイリスト

https://pixabay.com/

エステティシャンと同様に独立を目指すために人気が高いのはネイリストです。ネイリストになるにはスクールで技術を身につけるか、ネイリストの資格を取得します。ネイリストは資格がなくても働けるようですが、資格を持っていれば技術に対する信用度にも繋がります。独立や自分の価値を高めたいと考えている方は取得することをおすすめします。

ネイリストにおすすめな民間資格は「JNECネイリスト技能試験」で、こちらは内閣府が認定している資格ということもあり、人気も高いようです。

40代でも資格を取って、新たなステージに向かうために

「強みになる!40代のキャリアチェンジや再就職におすすめな資格10選」と題し、資格をご紹介しました。

40代ぐらいになると「この資格は難しそう」と自分で壁を作ってしまったり、「この資格より別の方が役に立つ」と周りからさまざまな情報が入ってきたりと、資格を取得する覚悟が定まらないこともあると思います。誰でも初めてものに挑戦するのは容易ではありません。けれど、新たな自分の可能性を掴むために頑張りましょう!

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っています。

スポンサーリンク