実はあなたも被害者かも!?職場での主なハラスメントと対処方法

最近、何かと問題になる「ハラスメント」。よく聞く”セクハラ”や”パワハラ”をはじめ、臭いが原因の”スメハラ”や妊婦さんに対する”マタハラ”など、あまり聞きなれないハラスメントも多くあります。もしかしたらあなたも気が付かないうちにハラスメントの被害者になっている可能性も。そうならないためにも、ハラスメントの種類や対処方法を知っておきましょう!

公開日:    最終更新日:

増加している職場での「ハラスメント」


https://www.pexels.com/

実はあなたの職場にもある?様々なハラスメント

最近ではセクハラやパワハラに関するニュースを聞かない日はないほどに、「ハラスメント」という言葉は私たちにとっても身近なものになりました。これは決して、昔はハラスメントが無かったという訳ではなく、誰もなんとなく「イヤだな」「やめてほしいな」と思いながらも我慢していたことが、だんだんと「おかしい!」「やめるべきだ」と認知され始めて、声を上げる人たちが増えてきた証拠でもあります。

中でも、働く人たちにとって身近なのが、職場でのハラスメントです。セクハラやパワハラだけではなく、アルハラやスメハラなんていう言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。アルハラはアルコールハラスメントの略で、スメハラはスメルハラスメントの略です。実はいずれも、どの職場での普通にあり得る立派なハラスメントなのです。

普段ハラスメントなんてあまり意識していないという人でも、それぞれの意味を理解すると、「それ、私の職場でも普通にある!」とビックリするかもしれません。

イヤだなと思いながらも「会社ってそういうもの」と我慢していた人も、「これってハラスメントだったんだ」と気づくことがあるかもしれませんし、逆に、コミュニケーションの一環として悪気無くかけていた言葉がハラスメントに該当すると知って、ビックリすることがあるかもしれません。

ここでは、職場でのハラスメントについて、その種類や対処法についてみていきましょう。

職場でのハラスメントにはどんな種類がある?


https://www.pexels.com/

では具体的に、職場で起こりうるハラスメントにはいったいどんなものがあるのかをみていきましょう。

ハラスメントと一言で言っても、その種類は30とも40以上あるともいわれています。ここでは、職場でよくありがちなハラスメントをいくつかご紹介していきます。自分の身近で見聞きしたことがないか、じっくり考えながら読んでみてくださいね。

職場でのハラスメントといえばこれ【セクシュアルハラスメント】


https://www.pexels.com/

職場でありがちなハラスメントといえば、誰もが思い浮かべるであろう、セクシュアルハラスメント。略して「セクハラ」です。

職場の同僚や部下に、性的な言葉を投げかけたり、恋人の有無をしつこく聞いたりするのもセクハラにあたります。もちろん、本人の同意を得ることなく体に触れたり、恋愛関係を迫ったりするのも絶対にNG。

そして多くの人は、セクハラと聞くと、男性から女性へするものというイメージが強いかもしれませんが、実は同性同士や、女性から男性に対するセクハラというものも多く存在するのです。

たとえば新入社員の女性の緊張を解いてあげようと、恋バナを振る女性も多いかもしれません。しかし、話題や相手の気持ちによっては、これも立派なセクハラになる可能性があるのです。「彼氏とは何年付き合ってるの?結婚するの?」なんて、気軽に聞いてしまいがちですが、相手が苦痛だと思ったらそれもセクハラになりかねませんので、十分注意が必要です。

また、男性の後輩社員に、親しみをこめたつもりで「だから彼女ができないのよ」「私がいい子紹介してあげようか?」なんて冗談を飛ばすのも実はちょっと危険かもしれません。

特に相手が、自分より立場が弱かったりする場合、内心イヤだと思っていてもなかなか言い出せない可能性がありますので、不安な場合は、そういう話題を最初から避ける方が無難といえるでしょう。

関連記事