スポンサーリンク

友達の子供が嫌いなとき、我慢をせずに友達と賢くつきあうヒント
スポンサーリンク

友達の子供が嫌いなのは、環境や意識の違いにも原因が

https://pixabay.com/

女性同士の交友関係は独身時代、結婚、出産を通じて微妙に変化していくもの。お互いに子供がいないときは頻繁に一緒に遊んでいても、どちらかが結婚し、出産するに従って、以前のように遊んだり、会ったりする機会も減って行くものです。

また、最近は結婚しても子供はいらないという人や、独身主義を謳歌したい人も少なくありません。子供がいない人、子供に慣れていない人にとって、友達が子供を連れて遊びに来たり、せっかくの機会が子供のいたずらなどで阻害されてしまうと、ストレスが溜まってしまいます。

子供ができたら、お互いに環境や意識の違いがあることを理解していないと、友情にヒビを入れてしまうことも。「子供ってこう言うものだよ?」「産んだことない人には分からないかな」などと上から目線で言い訳された日には、日頃どれだけ温厚な友人でも顔色を変えてしまうでしょう。

「子供がよっぽど好きでもなければ、友達同士の会食に小さな子供を連れてくるのは非常識だと思う。テーブルの上をいじって飲み物をこぼしたり泣いたりしても制止せず、放置。しつけをする様子もない無神経さに唖然とします。もうおつきあいは無理かも」(30歳・教育)

こんな風な厳しい意見も聞かれます。

スポンサーリンク

友達の子供を嫌いになる理由

https://www.photo-ac.com/

もちろん、お互いのライフスタイルが変わったからといって、ぱったり音信不通になるなんてとんでもない!という思いから、変わらず連絡をくれる友達もいるでしょう。

しかし、そんな友達と集まっておしゃべりを楽しもうと思っても、やはり独身時代と同じようにはいきません。「子連れでもいい?」と聞かれて「赤ちゃんに会いたいからぜひ!」と答えたが最後…帰る頃にはママも友達もげんなりして、トラウマのように記憶に残ったなんてトホホ話もよく聞きます。

特にお店が子連れ向けではない、静寂感やおしゃれな内装がウリのカフェやレストランに「うちの子は平気だから!」と言い張って子供を連れて来たり、「この店は子ども向けに○がないんだね!」と大声で不満を伝えて来たりなど、こちらの肩身が狭くなるようなことをされたり、元々はあんなに付き合いやすい友達だったのに、変わってしまったなぁとがっかりすることもあるでしょう。久しぶりに会っておしゃべりできたせっかくの楽しい気分も、台無しになってしまいます。

友達を自宅に招く場合でも、よその子供がやりがちな、悪夢のアクシデントはいろいろありますよね。

「子供がカーテンで遊んで、レールが歪んだり、カーペットの上におもらしされたり散々。とにかくわがままに育てているのか、思い通りにならないと泣き叫んで、そこら中で暴れるのに呆れてしまった。涙と鼻水でソファーもぐしゃぐしゃに」(28歳・会社員)

「子供たちがブーブーと唾をわざと吐き散らして遊ぶ。物を舐め回してよだれだらけにする。汚いからやめてよと言っても友達は笑って見てるだけ。挙げ句の果てに『子供って可愛いよね、あんたも早く産めば?』。こいつは二度と家に呼ばないと決めた瞬間」(24歳・医療)

他にも、

「冷蔵庫を勝手に開けられた」

「台所からサラダ油を持ち出して引きずって歩かれた」

「ソファーやベッドの上で飛び跳ねられた」

「飾りや食器を壊された」

「ペットや自分の子供に対して乱暴」など、友達の子供が嫌いな理由は天井知らずです。

「うちの子は男の子だからこんな風に騒ぐし、興味津々で活発なんだよ?」などと好き勝手に振る舞う子供をたしなめず、周囲にフォローをしない友達だと、不信感も芽生えるはずです。

スポンサーリンク

友達の子供が嫌いな自分に自己嫌悪も

https://pixabay.com/

例えば一度でも家で散々友達の子供に悪さをされてしまったら「友達の子供がどうしても受け入れられない」「友達の子供は嫌いだし顔も見たくない」と思うのは当たり前の感情です。しかし、「子供が嫌い」「嫌なことをするのは絶対に男の子」と嫌悪感を抱いたりレッテルを貼ってしまう自分に対して、自己嫌悪に陥るという善良な心の持ち主も少なくありません。

「友達の子供が受け入れられず、子供は我が家に来ないで欲しい、よその子供にあちこち触られたくないと思ってしまう自分の許容量のなさに愕然とします。知らないことばかりで本来守ってやるべき存在の子供を「嫌う」自分に、未熟さを感じて落ち込みます」(23歳・受付)

相手が大人でも子供でも、迷惑をかけられれば誰だって嫌だなと思うことは当たり前の反応ですから、友達の子供を嫌う自分に、負い目を感じる必要はありません。

それでも自己嫌悪に陥るのは、子供のしつけをしない友達に対しての憤りがあったり、それを相手に言い出せない自分のふがいなさが原因であることが多いのではないでしょうか。最近では、電車内のマナーや感染症対策についてなどで、過剰に正義感を振りかざしてトラブルになったりするニュースを見聞きします。「私がここで『ちゃんとしつけしなよ。』と伝えることは、余計なお世話かもしれない」と躊躇する人もいるでしょう。

友達の子供が嫌いになったら、一度頭の中を整理してみよう

あなたの心を悩ませている「友達の子供」という存在。これからも付き合い続けたいとしたら、うまく対策を立てる必要があります。そのためにも、そもそもなぜその子のことが嫌いになったのか、原因をじっくり考える時間をとりましょう。客観的に出来事や友達との関係性を見つめ直すと、意外な解決策が見つかるかもしれません。

「友達の子供が嫌い」と思ったら考えること①

★その友達は自分にとって本当に大切な人?

https://pixabay.com/

長いおつきあいでも、子供ができると友達との関係性が変わってきます。大人同士で交際する分には全く問題ない人柄なのに、子供のこととなると全然違ったというケースはよくあります。子供をひたすら甘やかし、常に何かを買い与え、しつけができない親も少なくないのです。

子育ては、その家ごとにオリジナルのルールがあるものです。しかも、子供は親の性格をコピーして生まれてくるわけではありません。自分の子供の性格をきちんと把握し、人前に出てもきちんと大人しくいられるよう厳しめにしつけをする親もいれば、子供が可愛くてノーを言えない親もいます。願い通りの女の子が生まれたので、念願かなって可愛い服を着せたから誰かに見せたい!などと、ただ自慢したい「親バカ」状態になると、周囲が迷惑していることには気がつかないものです。

また、単純にもっと月齢の小さな下の子も連れている場合、上の子のコントロールがままならない場合や、やっていいこと悪いことの判断が大雑把なものに変わってしまう人もいます。

友達にやんわり注意しても聞く耳を持たない、あるいは逆ギレするようなら、その友達があなたにとって本当に大切な人なのか今一度考えてみるのもいいでしょう。

また、最近では「自分の家より友達の家の方がおしゃれで映えるから」という理由で人の家に行きたがる困った親もいます。SNSであたかも自分の家かのように綺麗な他の人の家での出来事をアップし、たくさんのイイねをもらおうとしているのです。

少し意地悪な目線になるかもしれませんが、友達はなぜあなたの家にくるのか考えてみましょう。自分の家を散らかされるのが面倒だからとか、とにかく喋ってストレス発散したいだけだからとか、驚くほど自己中心的な発想の持ち主も中にはいるのです。

「暇さえあれば、自分の子供の写真やその子が描いた絵の写真をガンガン送りつけてくる友達にうんざり。私の話にはほとんど無関心で、とにかく自分の子供を見せたい、自慢したいということばかりなので距離を置きました。最初は多少罪悪感もありましたが、今では縁が切れてスッキリした気分」(32歳・WEB)

「友達の子供が嫌い」と思ったら考えること②

★その友達からフォローはある?

https://www.photo-ac.com/

イヤイヤ期の子供は親のいうことを聞きませんし、手こずるのもわかります。子供がいると、一日中家事に追われるし家の中はめちゃくちゃにされてしまうものです。頼れるじいじばあばがそばに住んでいないなど、密室育児状態の人にとって、家に来てもいいよと言ってくれる気のおけない友達の存在はありがたいものです。相手が独身の場合はもちろん気を遣うでしょう。しかし、似たような月齢の子供がいる場合、いつかこんな風な事ができるようになるのだと、勉強する事ができる貴重な機会になります。育児ノイローゼを防ぐためにも、行政の育児指導の中で、なるべく外に出ることを提案されていたりもします。

しかし、家の中であれ外であれ、子供がやってしまった失敗には、その場で叱り後始末をして、迷惑をかけた人にきちんと謝るのが最低限の親の責任です。特によその家にいる場合は、子供が悪さをしでかす前に、現在進行形でどこの部屋へ行って何を手に取っているか、気に留めているべきです。もし結果的に自分の子供が迷惑をかけたと自覚しているなら、その友達から必ずフォローがあるはずです。子供がやんちゃ盛りだから…と言うのは言い訳になりません。親しき仲にも礼儀ありとは言いますが、人付き合いやよそのお家に遊びに行くマナーは親子共々守るべきなのです。

フォローもない、毎回やりっぱなしで当然という態度が透けて見えるなら、その友達はあなたの家を単にストレス解消の場所に利用しているだけです。あなたの家は場内を管理するのが仕事である係員のいる児童館とは違います。友達といっても常識のない人とは我慢をしてまでおつきあいする必要はありません。

また、共通して登録しているSNS経由で「今日もお邪魔しちゃいました⭐︎いつも色々ありがとう!」位のコメントでお礼を言ったつもりだったり、謝っているつもりになっている人も最近はよく見られます。これは迷惑に対する十分なフォローとは言えません。

スポンサーリンク