友達の子供が嫌いなとき、我慢をせずに友達と賢くつきあうヒント

仲の良い友達同士でも、結婚して子供ができると今までとは関係性が微妙に変わって来ることがあるものですよね。特に子供がわがまま放題だと、家に招くとあちこち汚したり暴れたり、ついつい友達にもカチンと来るのではないでしょうか。友達やママ友の子供が嫌いで悩んでいるときに役立つ、角の立たない方法、つきあい方のヒントをご紹介します。

公開日:    最終更新日:

友達の子供が嫌いなのは、環境や意識の違いにも原因が

https://pixabay.com/

女性同士の交友関係は独身時代、結婚、出産を通じて微妙に変化していくもの。お互いに子供がいないときは頻繁に一緒に遊んでいても、どちらかが結婚し、出産するに従って、以前のように遊んだり、会ったりする機会も減って行くものです。

また、最近は結婚しても子供はいらないという人や、独身主義を謳歌したい人も少なくありません。子供がいない人、子供に慣れていない人にとって、友達が子供を連れて遊びに来たり、せっかくの機会が子供のいたずらなどで阻害されてしまうと、ストレスが溜まってしまいます。

子供ができたら、お互いに環境や意識の違いがあることを理解していないと、友情にヒビを入れてしまうことも。

「子供がよっぽど好きでもなければ、友達同士の会食に小さな子供を連れてくるのは非常識だと思う。テーブルの上をいじって飲み物をこぼしたり泣いたりしても制止せず、放置。しつけをする様子もない無神経さに唖然とします。もうおつきあいは無理かも」(30歳・教育)

友達の子供を嫌いになる理由

友達と集まっておしゃべりを楽しもうと思っても、カフェやレストランに子供を連れてくる友達や、子供連れで家にしょっちゅう遊びにくる友達。しつけができていない子供がいると、せっかくの楽しい気分も台無しになってしまうものです。

特に友達を自宅に招くと、子供がやりがちな嫌なことはいろいろありますよね。

「子供がカーテンで遊んで、レールが歪んだり、カーペットの上におもらしされたり散々。とにかくわがままに育てているのか、思い通りにならないと泣き叫んで、そこら中で暴れるのに呆れてしまった。涙と鼻水でソファーもぐしゃぐしゃに」(28歳・会社員)

「子供たちがブーブーと唾をわざと吐き散らして遊ぶ。物を舐め回してよだれだらけにする。汚いからやめてよと言っても友達は笑って見てるだけ。挙げ句の果てに『子供って可愛いよね、あんたも早く産めば?』。こいつは二度と家に呼ばないと決めた瞬間」(24歳・医療)

他にも、

「冷蔵庫を勝手に開けられた」

「ソファーやベッドの上で飛び跳ねられた」

「飾りや食器を壊された」

「ペットや自分の子供に対して乱暴」など、友達の子供が嫌いな理由は天井知らずです。

好き勝手に振る舞う子供をたしなめず、周囲にフォローをしない友達だと、不信感も芽生えるはず。

友達の子供が嫌いな自分に自己嫌悪も

https://pixabay.com/

例えば家で散々友達の子供に悪さをされて、「友達の子供がどうしても受け入れられない」「友達の子供は嫌いだし顔も見たくない」と思うのは当たり前の感情です。しかし、なぜか「子供が嫌い」と思ってしまう自分に対して自己嫌悪に陥るという人も少なくありません。

「友達の子供が受け入れられず、子供は来ないで欲しい、子供にあちこち触られたくないと思ってしまう自分の許容量のなさに愕然とします。本来守ってやるべき存在の子供を「嫌う」自分に、未熟さを感じて落ち込みます」(23歳・受付)

相手が大人でも子供でも、迷惑をかけられれば誰だって嫌だなと思うことは当たり前の反応ですから、友達の子供を嫌う自分に、負い目を感じる必要はありません。それでも自己嫌悪に陥るのは、子供のしつけをしない友達に対しての憤りがあったり、それを相手に言い出せない自分のふがいなさが原因であることが多いのではないでしょうか。

友達の子供が嫌いになったら、一度頭の中を整理してみよう

あなたの心を悩ませている「友達の子供」という存在。うまく対策を立てるためにも、そもそもなぜその子のことが嫌いになったのか、原因をじっくり考える時間をとりましょう。客観的に自分自身を振り返ると、意外な解決策が見つかるかもしれません。

「友達の子供が嫌い」と思ったら考えること①

★その友達は自分にとって本当に大切な人?

https://pixabay.com/

長いおつきあいでも、子供ができると友達との関係性が変わってきます。子供を甘やかし、しつけができない親も少なくないでしょう。

子育ては、その家ごとにギャップもあるものです。人前に出てもきちんと大人しくいられるようしつけをする親もいれば、子供が可愛くて仕方ない親もいます。誰かに子供を見せたい、自慢したい「親バカ」状態になると、周囲が迷惑していることには気がつかないものです。友達にやんわり注意しても聞く耳を持たない、あるいは逆ギレするようなら、その友達があなたにとって本当に大切な人なのか今一度考えてみるのもいいでしょう。

「暇さえあれば、自分の子供の写真やその子が描いた絵の写真をガンガン送りつけてくる友達にうんざり。私の話にはほとんど無関心で、とにかく自分の子供を見せたい、自慢したいということばかりなので距離を置きました。最初は多少罪悪感もありましたが、今では縁が切れてスッキリした気分」(32歳・WEB)

「友達の子供が嫌い」と思ったら考えること②

★その友達からフォローはある?

イヤイヤ期の子供は親のいうことを聞きませんし、手こずるのもわかります。子供がいると、一日中家事に追われるし家の中はめちゃくちゃにされてしまうもの。少しは息抜きがしたいと思うとき、家に来てもいいよと言ってくれる友達の存在はありがたいものです。

しかし、子供がやってしまった失敗には、その場で叱り後始末をして、迷惑をかけた人にきちんと謝るのが最低限の親の責任。どのような場所であれ、自分の子供が誰かに迷惑をかけたと自覚しているなら、その友達から必ずフォローがあるはず。

逆に、フォローもない、毎回やりっぱなしで当然という態度が透けて見えるなら、その友達はあなたの家を単にストレス解消の場所に利用しているだけ。おつきあいは、ギブ&テイクです。友達といっても常識のない人とは我慢をしてまでおつきあいする必要はありません。

「友達の子供が嫌い」と思ったら考えること③

★八方美人になっていませんか?

https://pixabay.com/ja/

子供に毎回嫌なことをされても、あなたがその友達をまた家に呼んだり、一緒にでかけたりするのはなぜなのか考えてみましょう。

・家に呼ぶほうが気楽だからでしょうか?

・もてなして気前のいいところを見せたいから?

・子供が嫌でも友達には怖くてNOと言えないから?

はっきり嫌だと言えず、いつもいい顔をしているのは得策ではありません。おもてなしを欠かさず、家を心地よい場所にしていると子供を連れた友達がしょっちゅう遊びに来ることにもなるでしょう。悩んでいるなら八方美人にならず「嫌なものは嫌」とはっきり断りましょう。

友達の子供が嫌いで我慢できないとき、賢く立ち回る5つの方法

子供を連れて家に遊びに来てしまうのが癖になっている友達に、NOと言いたいけれど、角が立ちそうでなかなかきっぱりと断れないとき。ストレスを溜めずに賢く立ち回る方法をご紹介します。

①子連れの友達とは外で会うと決める

https://pixabay.com/

子供がぐずったり暴れたりするとき、レストランやカフェだと親も周囲に気を遣います。それに比べて、子供を放置してのびのびできる友達の家は最高の場所になるはずです。

あなたが無駄なストレスを溜めないためにも、会いたいときには「外で会う」ことを前提と決めておくと良いでしょう。話がしたければ公園やカフェなどで。家じゃないと困ると言われるなら、友達の家に行くという一択でいきましょう。

②家に招かない理由をいくつか考えておく

嫌な思いを我慢してストレスを溜めるぐらいなら、迷惑な友達、嫌な子供はとにかく家に招かないことが一番の得策です。

「今まで遊びに行ってたのに」と不審がられないためには、嘘も方便。「ちょっと体調が悪くて」「大事な用事があるから」など、いくつか家に招くことができない理由を考えておくとよいでしょう。

「友達の子供に大事なフォトフレームを割られてしまったことがありました。友達は「ごめんね」と謝ってくれましたが、こっちは笑えないほどショック。次に「遊びに行ってい?」と言われたとき、そのショックから立ち直れていないことを理由に断ると、「心が狭い」と言われてしまい、つきあう価値はないとやっとわかりました」(30歳・会社員)

③家に人を招く際のルールを決めておく

https://pixabay.com/ja/

どうしても家に友達を招きたいときには、子供連れで来る友達に対する「家のマイルール」を決めておくと良いでしょう。あらかじめルールを決めておくと、時間泥棒されず、ストレスも最低限に抑えられます。また、家に子供だけが遊びに来るときにも使えますよ。

例えば

・遊びに来るなら週1回、月1回など。曜日を決めて遊びに来てもらう

・夏時間と冬時間を決めておく。夏は5時まで、冬は4時までなど

・特別なおもてなしをしない。飲み物は麦茶だけと決めておく

「あの家に行っても面白くない」と思われれば、さすがに訪れる頻度も減っていくでしょう。

④子供が大きくなるまではオンラインで

いたずらざかりの子供も、あっという間に大きくなるものです。手がかかったりイヤイヤ期の子供がいる友達とは、いっそ子供が大きくなるまでSNSやLINE、オンラインでゆっくり話をするのも対策のひとつです。感染症防止の意味もあるので、断り方としては今一番良い方法かもしれません。

⑤子供が嫌なことをしたらやさしく諭す

友達の子供であっても、自分に嫌なことをされたら「しないでね」と諭すぐらいはできるのではないでしょうか。諭してもしつこく嫌なことをされたら、友達に「これやめさせてもらっていいかな」と言いましょう。それでもやめないようなら、あなたが子供を叱れば良いのです。

もちろん、感情的に叱るのではなく、やんわりと「そんなことをやってはいけないよ」と教えてあげればいいのです。やってはいけない理由もやさしく教えてあげるといいでしょう。

関連記事