友達の子供が嫌いなとき、我慢をせずに友達と賢くつきあうヒント

友達の子供が嫌いなのは、環境や意識の違いにも原因が

女性同士の交友関係は独身時代、結婚、出産を通じて微妙に変化していくもの。お互いに子供がいないときは頻繁に一緒に遊んでいても、どちらかが結婚し、出産するに従って、以前のように遊んだり、会ったりする機会も減って行くものです。

また、最近は結婚しても子供はいらないという人や、独身主義を謳歌したい人も少なくありません。子供がいない人、子供に慣れていない人にとって、友達が子供を連れて遊びに来たり、せっかくの機会が子供のいたずらなどで阻害されてしまうと、ストレスが溜まってしまいます。

子供ができたら、お互いに環境や意識の違いがあることを理解していないと、友情にヒビを入れてしまうことも。「子供ってこう言うものだよ?」「産んだことない人には分からないかな」などと上から目線で言い訳された日には、日頃どれだけ温厚な友人でも顔色を変えてしまうでしょう。

「子供がよっぽど好きでもなければ、友達同士の会食に小さな子供を連れてくるのは非常識だと思う。テーブルの上をいじって飲み物をこぼしたり泣いたりしても制止せず、放置。しつけをする様子もない無神経さに唖然とします。もうおつきあいは無理かも」(30歳・教育)

こんな風な厳しい意見も聞かれます。

友達の子供を嫌いになる理由

https://www.photo-ac.com/

もちろん、お互いのライフスタイルが変わったからといって、ぱったり音信不通になるなんてとんでもない!という思いから、変わらず連絡をくれる友達もいるでしょう。

しかし、そんな友達と集まっておしゃべりを楽しもうと思っても、やはり独身時代と同じようにはいきません。「子連れでもいい?」と聞かれて「赤ちゃんに会いたいからぜひ!」と答えたが最後…帰る頃にはママも友達もげんなりして、トラウマのように記憶に残ったなんてトホホ話もよく聞きます。

変わってしまったなぁとがっかりすることも

特にお店が子連れ向けではない、静寂感やおしゃれな内装がウリのカフェやレストランに「うちの子は平気だから!」と言い張って子供を連れて来たり、「この店は子ども向けに○がないんだね!」と大声で不満を伝えて来たりなど、こちらの肩身が狭くなるようなことをされたり、元々はあんなに付き合いやすい友達だったのに、変わってしまったなぁとがっかりすることもあるでしょう。久しぶりに会っておしゃべりできたせっかくの楽しい気分も、台無しになってしまいます。

友達を自宅に招く場合でも、よその子供がやりがちな、悪夢のアクシデントはいろいろありますよね。

「子供がカーテンで遊んで、レールが歪んだり、カーペットの上におもらしされたり散々。とにかくわがままに育てているのか、思い通りにならないと泣き叫んで、そこら中で暴れるのに呆れてしまった。涙と鼻水でソファーもぐしゃぐしゃに」(28歳・会社員)

「子供たちがブーブーと唾をわざと吐き散らして遊ぶ。物を舐め回してよだれだらけにする。汚いからやめてよと言っても友達は笑って見てるだけ。挙げ句の果てに『子供って可愛いよね、あんたも早く産めば?』。こいつは二度と家に呼ばないと決めた瞬間」(24歳・医療)

他にも、

「冷蔵庫を勝手に開けられた」

「台所からサラダ油を持ち出して引きずって歩かれた」

「ソファーやベッドの上で飛び跳ねられた」

「飾りや食器を壊された」

「ペットや自分の子供に対して乱暴」など、友達の子供が嫌いな理由は天井知らずです。

「うちの子は男の子だからこんな風に騒ぐし、興味津々で活発なんだよ?」などと好き勝手に振る舞う子供をたしなめず、周囲にフォローをしない友達だと、不信感も芽生えるはずです。

友達の子供が嫌いな自分に自己嫌悪も

https://pixabay.com/

例えば一度でも家で散々友達の子供に悪さをされてしまったら「友達の子供がどうしても受け入れられない」「友達の子供は嫌いだし顔も見たくない」と思うのは当たり前の感情です。しかし、「子供が嫌い」「嫌なことをするのは絶対に男の子」と嫌悪感を抱いたりレッテルを貼ってしまう自分に対して、自己嫌悪に陥るという善良な心の持ち主も少なくありません。

「友達の子供が受け入れられず、子供は我が家に来ないで欲しい、よその子供にあちこち触られたくないと思ってしまう自分の許容量のなさに愕然とします。知らないことばかりで本来守ってやるべき存在の子供を「嫌う」自分に、未熟さを感じて落ち込みます」(23歳・受付)

相手が大人でも子供でも、迷惑をかけられれば誰だって嫌だなと思うことは当たり前の反応ですから、友達の子供を嫌う自分に、負い目を感じる必要はありません。

それでも自己嫌悪に陥るのは、子供のしつけをしない友達に対しての憤りがあったり、それを相手に言い出せない自分のふがいなさが原因であることが多いのではないでしょうか。最近では、電車内のマナーや感染症対策についてなどで、過剰に正義感を振りかざしてトラブルになったりするニュースを見聞きします。「私がここで『ちゃんとしつけしなよ。』と伝えることは、余計なお世話かもしれない」と躊躇する人もいるでしょう。

友達の子供が嫌いになったら、一度頭の中を整理してみよう

あなたの心を悩ませている「友達の子供」という存在。これからも付き合い続けたいとしたら、うまく対策を立てる必要があります。そのためにも、そもそもなぜその子のことが嫌いになったのか、原因をじっくり考える時間をとりましょう。客観的に出来事や友達との関係性を見つめ直すと、意外な解決策が見つかるかもしれません。

「友達の子供が嫌い」と思ったら考えること①その友達は自分にとって本当に大切?

https://pixabay.com/

長いおつきあいでも、子供ができると友達との関係性が変わってきます。大人同士で交際する分には全く問題ない人柄なのに、子供のこととなると全然違ったというケースはよくあります。子供をひたすら甘やかし、常に何かを買い与え、しつけができない親も少なくないのです。

子育ては、その家ごとにオリジナルのルールがあるものです。しかも、子供は親の性格をコピーして生まれてくるわけではありません。自分の子供の性格をきちんと把握し、人前に出てもきちんと大人しくいられるよう厳しめにしつけをする親もいれば、子供が可愛くてノーを言えない親もいます。願い通りの女の子が生まれたので、念願かなって可愛い服を着せたから誰かに見せたい!などと、ただ自慢したい「親バカ」状態になると、周囲が迷惑していることには気がつかないものです。

また、単純にもっと月齢の小さな下の子も連れている場合、上の子のコントロールがままならない場合や、やっていいこと悪いことの判断が大雑把なものに変わってしまう人もいます。

友達にやんわり注意しても聞く耳を持たない、あるいは逆ギレするようなら、その友達があなたにとって本当に大切な人なのか今一度考えてみるのもいいでしょう。

また、最近では「自分の家より友達の家の方がおしゃれで映えるから」という理由で人の家に行きたがる困った親もいます。SNSであたかも自分の家かのように綺麗な他の人の家での出来事をアップし、たくさんのイイねをもらおうとしているのです。

少し意地悪な目線になるかもしれませんが、友達はなぜあなたの家にくるのか考えてみましょう。自分の家を散らかされるのが面倒だからとか、とにかく喋ってストレス発散したいだけだからとか、驚くほど自己中心的な発想の持ち主も中にはいるのです。

「暇さえあれば、自分の子供の写真やその子が描いた絵の写真をガンガン送りつけてくる友達にうんざり。私の話にはほとんど無関心で、とにかく自分の子供を見せたい、自慢したいということばかりなので距離を置きました。最初は多少罪悪感もありましたが、今では縁が切れてスッキリした気分」(32歳・WEB)

「友達の子供が嫌い」と思ったら考えること②その友達からフォローはある?

https://www.photo-ac.com/

イヤイヤ期の子供は親のいうことを聞きませんし、手こずるのもわかります。子供がいると、一日中家事に追われるし家の中はめちゃくちゃにされてしまうものです。頼れるじいじばあばがそばに住んでいないなど、密室育児状態の人にとって、家に来てもいいよと言ってくれる気のおけない友達の存在はありがたいものです。相手が独身の場合はもちろん気を遣うでしょう。しかし、似たような月齢の子供がいる場合、いつかこんな風な事ができるようになるのだと、勉強する事ができる貴重な機会になります。育児ノイローゼを防ぐためにも、行政の育児指導の中で、なるべく外に出ることを提案されていたりもします。

しかし、家の中であれ外であれ、子供がやってしまった失敗には、その場で叱り後始末をして、迷惑をかけた人にきちんと謝るのが最低限の親の責任です。特によその家にいる場合は、子供が悪さをしでかす前に、現在進行形でどこの部屋へ行って何を手に取っているか、気に留めているべきです。もし結果的に自分の子供が迷惑をかけたと自覚しているなら、その友達から必ずフォローがあるはずです。子供がやんちゃ盛りだから…と言うのは言い訳になりません。親しき仲にも礼儀ありとは言いますが、人付き合いやよそのお家に遊びに行くマナーは親子共々守るべきなのです。

フォローもない、毎回やりっぱなしで当然という態度が透けて見えるなら、その友達はあなたの家を単にストレス解消の場所に利用しているだけです。あなたの家は場内を管理するのが仕事である係員のいる児童館とは違います。友達といっても常識のない人とは我慢をしてまでおつきあいする必要はありません。

また、共通して登録しているSNS経由で「今日もお邪魔しちゃいました⭐︎いつも色々ありがとう!」位のコメントでお礼を言ったつもりだったり、謝っているつもりになっている人も最近はよく見られます。これは迷惑に対する十分なフォローとは言えません。

「友達の子供が嫌い」と思ったら考えること③八方美人になってない?

https://pixabay.com/ja/

子供に毎回嫌なことをされても、あなたがその友達をまた家に呼んだり、一緒に出かけたりするのはなぜなのか考えてみましょう。

・家に呼ぶほうが気楽だからでしょうか?

・もてなして気前のいいところを見せたいから?

・子供が嫌でも友達には怖くてNOと言えないから?

はっきり嫌だと言えず、いつもいい顔をしているのは得策ではありません。おもてなしを欠かさず、家を心地よい場所にしていると、まるで児童館かのように思い込んだ友達が、これからもしょっちゅう子供を連れて遊びに来ることになるでしょう。悩んでいるなら八方美人にならず「嫌なものは嫌」とはっきり断りましょう。

実際ママたちは、出かけるまでの支度や、時間に間に合うこと、次の予定に間に合わせること、食事やオムツ交換の時間など、様々なことを考えるだけでも頭がいっぱいになっていて、人に迷惑をかけていないかまで気が回らないほど、キャパシティーいっぱいいっぱいの中で生活しています。そして子連れで出かけてやっていいことやダメなことについて、失敗から学ぶことも非常に多くあります。全くの他人から痛烈に叱られる前に、身近な友達からダメだよと教わる方が、メンタル的に助かるものです。

友達の子供が嫌いで我慢できないとき、賢く立ち回る5つの方法

子供を連れて家に遊びに来てしまうのが癖になっている友達に、NOと言いたいけれど、角が立ちそうでなかなかきっぱりと断れないとき。ストレスを溜めずに賢く立ち回る方法をご紹介します。

①子連れの友達とは外で会うと決める

https://pixabay.com/

あなたが無駄なストレスを溜めないためにも、会いたいときには「外で会う」ことを前提と決めておくと良いでしょう。

子供がぐずったり暴れたりするとき、レストランやカフェだと親も周囲に気を遣います。それに比べて、子供を放置してのびのびできるあなたの家は最高の場所と友達からは勝手に認識されているのですから。

例えば、絶対に聞かせたい話があるというならば、公園や子連れ歓迎と明記してあるカフェなど外に連れ出すことにしましょう。気候の都合で家じゃないと困ると言われるなら、友達の家に行くという二択しかないと言うのです。

ことあるごとに「だいぶ活発になったから、もううちなんかより外がいいかもね」と言っておいたり、無料や有料の子供の遊び場や、広い公園やアスレチックの情報を添付して、良さそうだね!とポジティブな情報として知らせておくのもいい作戦です。

併設のカフェでコーヒーを飲む大人の時間と、屋外で思い切り遊ぶ子供におつきあいする時間の、両方をちゃんと持てるよ!などと提案しましょう。せっかく会うのなら、大人も子供も楽しい時間を過ごしたいですから!

②家に招かない理由をいくつか考えておく

https://pixabay.com/ja/

嫌な思いを我慢してストレスを溜めるぐらいなら、迷惑な友達、嫌な子供はとにかく家に招かないことが一番の得策です。

「今まで遊びに行ってたのに」と不審がられないためには、嘘も方便。「ちょっと体調が悪くて」「大事な用事があるから」など、いくつか家に招くことができない理由を考えておくとよいでしょう。最近では「夫が在宅勤務になって、家に大切な書類とかが増えちゃったから」「ステイホーム期間にワークスペースを作ったら、前ほど遊ぶスペースが取れなくなって」など、仕方がないと思える理由が思いつくはずです。

「友達の子供に大事なフォトフレームを割られてしまったことがありました。友達は「ごめんね」と謝ってくれましたが、こっちは笑えないほどショック。次に「遊びに行ってい?」と言われたとき、そのショックから立ち直れていないことを理由に断ると、「心が狭い」と言われてしまい、つきあう価値はないとやっとわかりました」(30歳・会社員)

③家に人を招く際のルールを決めておく

https://pixabay.com/ja/

どうしても家に友達を招きたいときには、子供連れで来る友達に対する「家のマイルール」を決めておくと良いでしょう。あらかじめルールを決めておくと、ストレスも最低限に抑えられます。また、子供がもう少し成長した後に、子供だけが家に遊びに来るときのルールや、もちろん我が子の他の家での振る舞い方のしつけにもなりますよ。

例えば

・開けていいドア、入っていいフロアは最初に知らせて徹底する

・遊びに来るなら週1回、月1回など。曜日を決めて遊びに来てもらう

・夏時間と冬時間を決めておく。夏は5時まで、冬は4時までなど

・特別なおもてなしをしない。飲み物は麦茶だけと決めておく

・大人と子供の人数比を把握し、大人の目が届かなくなりそうな人数の子供は受け入れない

・夫の仕事に関するものがおいてあるので、写真を撮ってSNSにアップしないと伝える

「あの家に行っても面白くない」「なんか面倒臭いことを言われる」と思われれば、さすがに訪れる頻度も減っていくでしょう。

④子供が大きくなるまではオンラインで

https://www.pexels.com/ja-jp/

いたずらざかりの子供も、あっという間に大きくなるものです。手がかかったりイヤイヤ期の子供がいる友達とは、いっそ子供が大きくなるまでSNSやLINE、オンラインでゆっくり話をするのも対策のひとつです。感染症防止の意味もあるので、断り方としては今一番良い方法かもしれません。

これならば家から出るまでの支度に追われることもありませんし、オムツやストローマグなどの忘れ物に困ることもありません。子連れ歓迎で座敷のある食べ物屋さんを探す面倒もなくなり、お互いの負担が軽減します。少し大きい子であれば、大事な幼稚園行事や大会の前に風邪をもらったり移したりする心配もなくなります。

要するにママたちが最近の出来事を話したいだけなら、オンラインでも解消できるはずなのです。だいたいは、そのお付き合いとして連れ出される子供が暇を持て余して悪さをするのですから!

「パパたちのウェブ会議の真似して、ちょっとやって見ない?」など言ってみれば、面白い提案として受け入れてもらえるのではないでしょうか。その際、大人のオンライン飲み会での問題点として挙げられがちな“終わりどきの切り出し方が分からない”という点についてあらかじめクリアするために、夕飯の支度や買い物の都合があるから2時間だけなど決めて、最初に共通の理解を得ておきましょう。

⑤子供が嫌なことをしたらやさしく諭す

https://pixabay.com/

友達の子供であっても、自分に嫌なことをされたら「しないでね」と諭すぐらいはできるのではないでしょうか。開けてはいけない扉の前に立ったら、サッと手をかざして制止しましょう。諭してもしつこく嫌なことをされたら、友達に「これやめさせてもらっていいかな」と言いましょう。「ついて回るのに忙しくて、ママたちはおしゃべりしてるどころじゃないね!」など、疲れを見せながら、呆れ顔で困っている旨をアピールしましょう。はしゃいで歯止めが効かなくなる前に一度は止めます。

それでもやめないようなら、あなたが子供を叱れば良いのです。もちろん、感情的に叱るのではなく、やんわりと「そんなことをやってはいけないよ」「さっきやめてって言ったよね」と教えてあげればいいのです。突然叱るのは子供にものを伝えるのにタブーな方法です。またやってはいけない理由も、やさしく教えてあげるといいでしょう。

子供は視野が狭いものです。「僕(私)に友達がいるように、ママにはママの友達がいるのだ」と気がつくのは、幼稚園生になる頃でしょうか。それまではあなたのことは「いつもいる見たことのある大人の人だ」くらいの認識でいます。初めて接する家族以外の大人の人として、教えられることはないでしょうか。

友達の子供があなたに会うことは「家や家族相手にして大丈夫なことが、全部の大人の人が許してくれるとは限らない」ということを知る、初めての機会と言えます。嫌なことをされたら、目を合わせて真面目な表情で、ゆっくり低い声で「それはいけないよ」と伝えましょう。もしかして子供は泣いてしまうかもしれませんが、きちんと伝える事が大切です。

友達の子供に悩まされず、しっかり対策を

https://pixabay.com/ja/

子持ちであれ独身であれ、友達の子供が嫌いな人、苦手な人は結構いるものです。自分の子供と違う性別の子供は特に、どう接していいか分からないこともあります。そもそも、人にはそれぞれ好き嫌いがあるもの。よその子供が苦手な自分に罪悪感を持つことは全くありません。

また、自宅というプライベートな空間には大切なものがたくさんありますから、どんなに親しくても来客者に触られることに抵抗があって当たり前なのです。

女性は子供を産んでしばらくは、動物のように神経質になる期間があります。そんな中で子供を外に連れ出すとなれば、相当の準備をし神経質にもなります。あなたが出産前からの長い付き合いである友達の場合、すっかり安心して子供を会わせられる人だから大丈夫だと、気を緩めてしまうこともあるでしょう。

また、どんなに社会人としてきちんと過ごしてきた人でも、親になってから初めて知ることもたくさんあります。上の子や下の子の世話に一生懸命で、行き届かないこともたくさんあって、夜になってひとり反省会をするママもたくさんいます。もちろん、自分の子供が何をしているか我関せずで、しつけをする気のないガサツな親もいます。「親なのにそんなことも気がつかないの?」など角が立つ言い方ではなく、なおかつきちんと嫌である事を伝えましょう。

トラブルの元になることは他にもたくさん

友達との付き合いで“言い出しにくいがトラブルの元になること”は、他にもたくさんあります。例えば、仲良く一緒に出かけることが多いけれど、いつも我が家の車に乗りたがって、ガソリン代や駐車場料金に無頓着な友達にモヤモヤする人。習い事や衣服など、なんでも真似しようとする友達にモヤモヤする人。いずれも、自分なりに境界線やルールを決めて、強い気持ちで嫌である旨を伝える必要があります。

子供同士が仲良しの場合や、関係が密な集合住宅の場合など、人によって状況が異なるので、設定する限度も異なるでしょう。お互いにストレスを溜めずに、適度なおつきあいができる方法を探ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました