友達の子供が嫌いなとき、我慢をせずに友達と賢くつきあうヒント

仲の良い友達同士でも、結婚して子供ができると今までとは関係性が微妙に変わって来ることがあるものですよね。特に子供がわがまま放題だと、家に招くとあちこち汚したり暴れたり、ついつい友達にもカチンと来るのではないでしょうか。友達やママ友の子供が嫌いで悩んでいるときに役立つ、角の立たない方法、つきあい方のヒントをご紹介します。

公開日:    最終更新日:

友達の子供が嫌いなのは、環境や意識の違いにも原因が

https://pixabay.com/

女性同士の交友関係は独身時代、結婚、出産を通じて微妙に変化していくもの。お互いに子供がいないときは頻繁に一緒に遊んでいても、どちらかが結婚し、出産するに従って、以前のように遊んだり、会ったりする機会も減って行くものです。

また、最近は結婚しても子供はいらないという人や、独身主義を謳歌したい人も少なくありません。子供がいない人、子供に慣れていない人にとって、友達が子供を連れて遊びに来たり、せっかくの機会が子供のいたずらなどで阻害されてしまうと、ストレスが溜まってしまいます。

子供ができたら、お互いに環境や意識の違いがあることを理解していないと、友情にヒビを入れてしまうことも。

「子供がよっぽど好きでもなければ、友達同士の会食に小さな子供を連れてくるのは非常識だと思う。テーブルの上をいじって飲み物をこぼしたり泣いたりしても制止せず、放置。しつけをする様子もない無神経さに唖然とします。もうおつきあいは無理かも」(30歳・教育)

友達の子供を嫌いになる理由

友達と集まっておしゃべりを楽しもうと思っても、カフェやレストランに子供を連れてくる友達や、子供連れで家にしょっちゅう遊びにくる友達。しつけができていない子供がいると、せっかくの楽しい気分も台無しになってしまうものです。

特に友達を自宅に招くと、子供がやりがちな嫌なことはいろいろありますよね。

「子供がカーテンで遊んで、レールが歪んだり、カーペットの上におもらしされたり散々。とにかくわがままに育てているのか、思い通りにならないと泣き叫んで、そこら中で暴れるのに呆れてしまった。涙と鼻水でソファーもぐしゃぐしゃに」(28歳・会社員)

「子供たちがブーブーと唾をわざと吐き散らして遊ぶ。物を舐め回してよだれだらけにする。汚いからやめてよと言っても友達は笑って見てるだけ。挙げ句の果てに『子供って可愛いよね、あんたも早く産めば?』。こいつは二度と家に呼ばないと決めた瞬間」(24歳・医療)

他にも、

「冷蔵庫を勝手に開けられた」

「ソファーやベッドの上で飛び跳ねられた」

「飾りや食器を壊された」

「ペットや自分の子供に対して乱暴」など、友達の子供が嫌いな理由は天井知らずです。

好き勝手に振る舞う子供をたしなめず、周囲にフォローをしない友達だと、不信感も芽生えるはず。

友達の子供が嫌いな自分に自己嫌悪も

https://pixabay.com/

例えば家で散々友達の子供に悪さをされて、「友達の子供がどうしても受け入れられない」「友達の子供は嫌いだし顔も見たくない」と思うのは当たり前の感情です。しかし、なぜか「子供が嫌い」と思ってしまう自分に対して自己嫌悪に陥るという人も少なくありません。

「友達の子供が受け入れられず、子供は来ないで欲しい、子供にあちこち触られたくないと思ってしまう自分の許容量のなさに愕然とします。本来守ってやるべき存在の子供を「嫌う」自分に、未熟さを感じて落ち込みます」(23歳・受付)

相手が大人でも子供でも、迷惑をかけられれば誰だって嫌だなと思うことは当たり前の反応ですから、友達の子供を嫌う自分に、負い目を感じる必要はありません。それでも自己嫌悪に陥るのは、子供のしつけをしない友達に対しての憤りがあったり、それを相手に言い出せない自分のふがいなさが原因であることが多いのではないでしょうか。

友達の子供が嫌いになったら、一度頭の中を整理してみよう

あなたの心を悩ませている「友達の子供」という存在。うまく対策を立てるためにも、そもそもなぜその子のことが嫌いになったのか、原因をじっくり考える時間をとりましょう。客観的に自分自身を振り返ると、意外な解決策が見つかるかもしれません。

関連記事