なんで産後に夫婦仲が悪化するの!?夫婦仲の悪化を防ぐにはどうすればいい?

夫婦で我が子の誕生を心待ちにしていたはずなのに、産後は夫婦仲が悪くなってしまうことも珍しくありません。なぜ産後は夫婦仲が悪くなるケースが多いのか、産後の夫婦仲悪化を阻止するためにはどうすれば良いのかをまとめました。

公開日:    最終更新日:

産後は夫婦仲に亀裂が入りやすい

https://www.photo-ac.com/

ここ数年で耳にすることが多くなった「産後クライシス」という言葉を知っていますか?

産後クライシスとは、出産をきっかけに夫婦仲が一気に冷え切ってしまう状態を指します。

出産前は何の不満もない仲良し夫婦だったはずなのに、産後は会話が一切なくなったという緊急事態に陥ることも珍しくありません。

産後クライシスは出産前に仲が良かったかどうかは一切関係なく、どの夫婦にでも起こりうる危機なのです。

うちは大丈夫だと思っていたはずなのに産後の夫婦仲の悪化が原因で離婚…なんてことも十分にあり得ます。

産後の夫婦仲の悪化は他人事と考えてはいけません。

このように産後は夫婦仲に亀裂が入りやすい時期と言われているため、早い段階から夫婦仲が悪くならないための対策を考える必要があります。

産後はほんの些細なヒビから大きな亀裂に広がりやすいことを頭に入れておきましょう。

産後はなぜ夫婦仲が悪化するの?

続いては、産後に夫婦仲が悪化する原因を4つに分けてご紹介します。

以下で紹介する夫婦仲悪化の原因をしっかりと把握し、パートナーと共有しましょう。

ここで重要なのは、夫婦で産後の夫婦仲についての情報を共有することです。

産後の夫婦仲についての捉え方にズレがあると亀裂の原因になりかねないため、夫婦が同じスピードで産後の夫婦仲について知っていくことをおすすめします。

産後は女性ホルモンが乱れる

https://www.photo-ac.com/

妊娠、出産によって女性の体には大きな変化が起こります。

中でも体に大きな影響を与えるのが女性ホルモンです。

女性の体は妊娠すると女性ホルモンを多く分泌し、出産を機に女性ホルモンの分泌が大幅に減少します。

このように女性ホルモンが乱れることで、気持ちの不安定、不眠、イライラなどの症状が表れます。

女性ホルモンが正常に戻るまでにははやくても産後3ヶ月は掛かります。

授乳をしている場合は卒乳後1ヶ月から3ヶ月程度で女性ホルモンの分泌が正常になります。

つまり、産後しばらくの間は、女性はイライラすることが増えるということです。

産後のイライラは、自分自身でもコントロールすることができません。

そのうえ睡眠不足や育児疲れで心身ともに疲れが溜まってしまい、結果的に旦那さんへの当たりが強くなってしまうことが多いのでしょう。

ノンストップの育児で疲れが溜まる

https://www.photo-ac.com/

育児は365日24時間ノンストップです。

特に出産後しばらくの間はオムツ交換、授乳、寝かしつけ、オムツ交換、授乳、寝かしつけと繰り返しやることが山ほどあります。

子供が眠っている間に急いで家事をこなし、ほっと一息つく間もないまま泣きながら起きる我が子…。

夜はなかなか寝てくれず、やっとの思いで寝たかと思えば2~3時間起きの頻回授乳、頻繁な夜泣き…。

これでは体も心も休まるわけがありません。

同じことを繰り返すだけの毎日に嫌気がさしてしまうことさえあります。

自分が望んで我が子を産んだはずなのに…と自分を責めてしまうこともあるでしょう。

女性が産後の辛い時期に頼りたいのは、旦那さんです。

一番近くにいるはずなのに、SOSを見て見ぬふりされてしまったら夫婦仲に亀裂が入ってしまうことは確実です。

関連記事