【赤ちゃん連れの帰省】何を持って行けばいい?で必要な持ち物はこれ!

赤ちゃんと出かけるときは荷物が多くなりがちです。近くに出かけるときでも念のため持って行くものが多いのですが、遠くの実家に帰省するときはさらに荷物が増えると思います。そこで、泊まりがけで帰省するときに絶対に持って行きたい持ち物についてと、荷物を少なくするための工夫などについてお話しします。

公開日:    最終更新日:

赤ちゃん連れの帰省で絶対に必要な持ち物

https://pixabay.com/

赤ちゃんを連れて帰省するときに絶対持って行きたいものは以下です。

★抱っこひも、スリング

着替えの服と下着(帰省の日数プラス2~3枚)

移動中の車内でも脱ぎ着がしやすいような服、動きやすい服を持って行きましょう。

★オムツ関係のもの

・オムツ

たくさん持って行くときは圧縮袋に入れていくといいですよ。

・オムツ替えシート

・おしりふき

トイレに流せるものがより便利です。手や口にも使えますのでウエットティッシュ代わりにも使えます。

・オムツ用ビニール袋

移動中や帰省先でにおいが漏れないようにしましょう。

★保険証類

・家族全員の健康保険証

・母子手帳

・乳幼児医療証

・おくすり手帳

★授乳に必要なもの

・哺乳瓶

・哺乳瓶の消毒グッズ

・粉ミルクや液体ミルク

★離乳食に必要なもの

・離乳食用のスプーンやお皿

かさばるようだったら100円ショップの紙の食器を持って行ってもいいですよ。

・食事用のスタイ

・レトルトや瓶詰の離乳食

★洗面用具

・タオル、沐浴用のガーゼ

・ベビーソープ

・ベビーローション、ベビーオイル

小分け容器に入れて持って行くと荷物が軽く小さくなります。

これらの持ち物は赤ちゃんのお世話に絶対必要なものです。

そのほか、アレルギー対応のものや赤ちゃんの心を落ち着けるものなど、赤ちゃんに合わせて必要なものをプラスしてくださいね。

ほかにあると便利な持ち物

必需品のほかに、「持ってくればよかった」「持ってきてよかった」と実際に感じたものは以下のものです。

体温の調節ができるもの

https://pixabay.com/

公共交通機関の車内が寒いときのために薄手のブランケットや羽織れるものがあると便利です。

暑い季節は窓からの日差しを遮るための折りたためるサンシェードやUVカット効果のある羽織りものも便利です。

また、身体が熱くなったときに使える保冷剤や、ベビーカーに取り付けられるひんやりシートのようなものもあるといいですよ。

関連記事