【美容に効果的!】美容・健康のために積極的に摂りたい朝食特集

皆さん、朝食は摂っていますか?美容や健康を意識するなら朝食抜きなんてもってのほかです!美容や健康には朝食をしっかり摂ることがとても大切なんです。朝食では、美容や健康に効果的で積極的に摂りたい食べ物がいくつもあります。朝食抜きや、朝食を菓子パンですませることをやめて明日から美容に効果的な朝食に変えてみませんか?

公開日:    最終更新日:


https://www.pakutaso.com/20170420096post-10958.html

美容のための朝食におすすめの食材をご紹介しました。どれもスーパーやコンビニなどで手軽に手に入るものばかりですので、ぜひ明日から取り入れてみてくださいね。

ここからはそんな美容におすすめの食材を使った朝食の献立をご紹介します。自炊派の方はもちろん、朝ご飯も外食派という方にも取り入れやすい献立もありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。もちろん全く同じ献立にする必要はありませんが、普段の自分の朝食に美容のためのおすすめの栄養素や食材が含まれているか、足りなければ何を足せば美容朝食として合格ラインに達するかチェックしてみてください。

美容朝食その1:スムージーとチーズオムレツ


https://www.instagram.com/p/Bn0NbB_FB2G/media/?size=l

最近女性に大人気のスムージーは、美容を気にする人の定番朝食になっていますね。野菜や果物から作るスムージは、フレッシュなビタミン類をたっぷり手軽に取れるので朝食にはぴったりです。

ただスムージーだけの朝食にすると、美容にも大切な炭水化物やたんぱく質が不足しています。そこでスムージーにチーズオムレツとパンを足して美容に良い献立にしましょう。チーズオムレツには卵とチーズという良質なタンパク質が含まれていますので、きれいな肌や髪の元をたっぷり取ることができます。炭水化物であるパンを加えればよく噛む事で満足感も得られ、充実した朝食になりますね。可能ならライ麦パンや玄米パンにすると、ミネラルも取れるのでより美容に良い献立になりますよ。

もちろんたんぱく質としてささみのサラダを加えたり、炭水化物としておにぎりに変えても構いません。スムージーだけでは不足しがちな栄養素をしっかり補えるよう献立を考えましょう。

美容朝食その2:外食派にも!鮭定食


https://www.instagram.com/p/BnzpOeWn9ys/media/?size=l

朝食も忙しくて外食になってしまう…という女性の方も多いかもしれません。しかし外食するとどうしてもパンとコーヒーだけになってしまったり、コンビニで手軽な栄養補助食品だけになってしまったりと、美容に効果的な朝食を取るのが難しいのではないでしょうか?

そんな外食派の方におすすめなのが、朝食の定番である鮭定食です。鮭定食なら値段も手頃でどこでも比較的食べられます。さらに鮭にはアスタキサンチンという肌の老化を食い止める成分が入っており、美容にもぴったりです。定食ならご飯と味噌汁、副菜でバランスも良く食べられ、カロリーも洋食に比べると低いのに満足感もあるのでおすすめです。

鮭定食の他にも焼き魚や煮魚の定食は、栄養バランスが良く女性におすすめです。洋食派という方には魚がサンドされたサンドイッチとフルーツジュースやヨーグルト、野菜がたっぷり入ったスープの組み合わせが良いですね。お肉はランチやディナーでつい食べ過ぎてしまうことも多いですから、朝食ではなるべく魚をチョイスするとよいでしょう。

美容朝食その3:ヨーグルトがけグラノーラとバナナ

「朝食が美容にいいのは分かったけど、そこまでガッツリしたものは食べられないかも…」という人には、用意も簡単で食欲のない朝でも食べやすいグラノーラがおすすめです。グラノーラには穀物やフルーツ、ナッツが含まれていますので、これだけでも美容におすすめの栄養素を多く摂取することができます。

グラノーラを朝食にするなら、ヨーグルトとバナナをプラスしましょう。ヨーグルトには豊富なカルシウムが含まれており、女性が悩みがちな便秘にも効果を発揮します。バナナは腹持ちもよくカリウムをはじめ栄養も豊富ですぐエネルギーになるので、1日のはじまりである朝食にぴったりです。日によってヨーグルトを牛乳や豆乳に変えたり、バナナをリンゴやオレンジなど旬のフルーツに変えればバリエーションも豊富で飽きないですね。

現在人気が高いグラノーラはさまざまな種類が販売されていますが、美容を気にするなら糖分や人工甘味料が入っていないタイプを選びましょう。甘みが欲しい場合は後からメープルシロップやハチミツで調整するとよいでしょう。

【NG】美容のためには避けたい食べ物

朝食食べれば何でもいいわけじゃない!


https://www.instagram.com/p/Bn0RCcrFJ3z/media/?size=l

お昼ご飯にドカ食いしたり、エネルギーを吸収しやすくしなければいいんでしょ?と簡単に考えていたら、せっかくの朝食が思惑とは逆の方向に働いてしまうことも。
普通に食べていて身体によくないとされるものは、朝食に食べても良くないです。脂質や糖質、栄養バランスを考えてメニューを決めましょう。

脂も甘いものもほどほどに


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PPP_amasounado-nattu_TP_V.jpg

若い人の朝食で手軽に食べられるということで菓子パンやドーナツを利用する人も多いのですが、糖分やバターなどの脂分が大量に含まれているそれらを朝から毎日口にすることで、血糖値やコレステロールの上昇が早まることも。
積極的に摂りたいはずの卵もメニューによってはNG。卵をたくさん使う大きなオムレツはバターもたっぷり使いますのでエネルギー過多。
目玉焼きに添えるソーセージなどの加工肉は塩分や脂肪分が多いため肥満、糖尿病、心臓疾患、脳卒中などのリスクを高めることもあります。
シリアルは健康的に見えますが甘さが強いものもあるため、かけられている砂糖の量も気にしなければなりません。
美容と健康を踏まえて朝食を考えると、意外と難しいですね。

美容と健康に効果的な朝食を摂りましょう♪


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAWA_saikyouteisyoku_TP_V.jpg

忙しいとどうしても何かの時間を省いていくことしか考えなくなりますが、自分の美容と健康を考えたらゆったりとした朝食タイムが必要ですね。
お手軽な方法で朝食を済ませるのも悪くないですが、問題はその内容。日本の伝統の発酵食品や、その季節の野菜や果物などを上手に取り入れて、一日を気持ちよくスタートしましょう。

関連記事