ヘアケアはやり方が大切。そのやり方ではもったいない!健康的な髪を保つためには?

髪には意外と年齢が出ていることにお気づきでしょうか。「髪は女の命」と言われますが、髪が綺麗だとその人の印象もパッと明るく、清潔感があるように見えますよね。いつまでも健康的な髪を保つため、大人の女性に必見なシャンプーのやり方や食生活から取り入れられるへアケアのやり方をご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

髪は年齢と共に衰える

https://pixabay.com/ja/

年齢を重ねるごとに髪からだんだんとコシやハリがなくなります。その理由として、加齢により毛母細胞の機能が低下し、髪の毛のサイクルが鈍ってくるからです。その結果、髪に艶がなく弱々しい髪が生えてきてしまいます。

要点を抑えよう!シャンプーからドライヤーまでのヘアケアのやり方

しかし、ヘアケア次第で髪の毛を綺麗に元気にさせることができます。その第一歩として、日頃から正しいヘアケアを行うことが大切です。

やりがちなヘアケアのやり方

https://pixabay.com/ja/

髪を洗う時、シャンプー、トリートメントまたはコンディショナー、ドライヤーとの順序で行っている方がほとんどかと思います。その時、髪をガシガシと洗ったり、実は使い方が異なっていたり、知らずしらずのうちに洗い方が自己流になっていることが多いのではないでしょうか。

そこでここでは、髪を綺麗に保つことができる正しいヘアケアのやり方をご紹介していきます。実は知らなかったやり方があるかもしれませんので、ぜひ参考にしてみてください!

①正しいシャンプーのやり方

https://pixabay.com/

髪を濡らす前にまず軽く髪をブラッシングしましょう。ブラッシングをすることで頭皮の血行がよくなり、髪に栄養が行き渡りやすくなります。

さらにブラッシングをするとシャンプーの泡立ちもよくなります。泡立ちが悪いとシャンプーの量を増やしがちになります。そうなると頭皮に負担をかけ、髪を痛める原因に繋がってしまうのです。

少し手間になる作業かもしれませんが、時間をかけられる休日や、紫外線で髪が痛みやすい夏の時期に行うなど自分が取り入れやすい方法で試してみてください。

また髪を洗うタイミングとして夜がおすすめです。朝にシャンプーをされている方も多いかと思いますが、朝にシャンプーを行うと、頭皮を健康に保つための必要な皮脂まで落としてしまいます。もし寝癖が酷くて朝シャンしないとセットができない場合は、ぬるま湯で洗いましょう。

②正しいトリートメントのやり方

https://pixabay.com/

トリートメントには、洗い流すタイプと洗い流さないタイプの2種類に分かれます。どちらの方がヘアケアの効果が高いのかと意見が別れるところではありますが、結論から言うとどちらも効果は同じです。

ただし、役割が異なります。

洗い流すタイプは髪のダメージを補修するものです。一方、洗い流さないタイプは髪を摩擦や熱から守るものになります。

ヘアケアとしては2つを併用することをおすすめしますが、どちらかと1つだけにしたい場合は、洗い流さないタイプを使用がおすすめです。

③正しいコンディショナーのやり方

関連記事